ハテナ

消費者金融でお金を借りたいけど、選び方のポイントってあるの?

オペレーター

消費者金融のいくつかの特徴を抑えておけば、失敗しない消費者金融を選ぶことが出来るはずです。

消費者金融は似ていると思っている人も多いですが、各消費者金融で細かい違いがあり選ぶときの基準になります。

初めて消費者金融を選んでも大丈夫なように、特徴と合わせて選び方を解説していきます。

消費者金融とは?まずは特徴を知ろう

カードローンには種類があるので、消費者金融の特徴をあらかじめ知っておけば納得して申し込むことが出来ます。

消費者金融がすべてで良い面ばかりではなく悪い面もあり、イメージではサラ金と呼ばれていた時代の悪い貸金業者を持っている人もまだいます。

サラ金と言ってもサラリーマンを融資対象とした金融なので略して「サラ金」となっただけで、昔の悪質な貸し付けを行ったヤミ金とは別物なので、現在の消費者金融で借りても大丈夫なので安心してください。

消費者金融は金利が高いと思え!!

「いきなり何?」と思うかもしれませんが、金利の低さでカードローンを選ぶ人は多いですが、消費者金融の金利は他のカードローンと比べても高い特徴があります。

金利の高さを比較
金利
プロミス年4.5%~17.8%
アコム年3.0%~18.0%
アイフル年3.0%~18.0%
SMBCモビット年3.0%~18.0%
レイクALSA年4.5%~18.0%
三菱UFJ銀行年1.8%~14.6%
みずほ銀行年2.0%~14.0%
三井住友銀行年4.0%~14.5%

比較されやすい大手消費者金融とメガバンク3社の金利を比較してみると、銀行の上限金利は「年14.0%~14.6%」で消費者金融は「年17.8%~18.0%」です。

お世辞にも銀行カードローンが金利がかなり低いとは言えませんが、銀行よりも金利が高いのが消費者金融になります。

少額で借りるのであれば消費者金融でも利息はそれほど多くならないので、消費者金融では高額融資を受けるには向いていないと言えます。

消費者金融は総量規制の対象になる

なるべく大きな限度額で契約したいと思うかもしれませんが、消費者金融は総量規制の対象なので「年収3分の1まで」しか借りれないので、3分の1以上の限度額は絶対に借りれません。

年収150万円の人が消費者金融で借りれる最大の限度額は「50万円」までで、すでに他に40万円の借入があれば10万円までしか契約が出来ません。

もしかすると「総量規制ギリギリまで貸し付けるのは危険」と考える消費者金融であれば、審査に通さない場合もあります。

総量規制以上を借りたいのであれば銀行カードローンを選択する方が良いかもしれません。

消費者金融だって審査は甘くない

ハテナ

消費者金融って審査に通りやすくて甘いんでしょ?

たまに見かける消費者金融の審査の甘さの意見ですが、審査に甘いカードローンはなく審査に落とされる人は多いです。

消費者金融の審査通過率が高いのは?成約率で審査が甘いのは分からない」のページでも書きましたが、消費者金融の審査に通る比率は約45%前後で高くはありません。

各消費者金融で審査基準は違い、同じ条件でも審査に通る場合と審査に落ちる場合もありますが、十分な返済能力が無いと落とされる審査の厳しさはあります。

銀行カードローンより審査通過率が高いので「審査に甘い」と言われますが、無職でも通ると思うのは間違いなので注意してください。

審査時間は非常に早い

消費者金融のメリットは審査が非常に早いことです。

大手消費者金融であれば「最短30分」と早く、中小消費者金融でも「1時間~翌日中」が大半になっています。

銀行カードローンも以前は早かったのですが、今では「最短翌営業日」が最も早い審査回答時間になってしまい、遅いところでは3営業日以上の期間を必要とする場合もあります。

早く審査結果が分かりたいと思う人は、必ず消費者金融を申し込む方が良いと思います。

消費者金融を選ぶポイント

消費者金融の特徴を知った上で、どこの消費者金融を選べば自分に合っているというポイント解説したいと思います。

選ぶポイント
  • 即日融資が出来るのか?
  • 無利息期間はあるのか?
  • 誰にもバレにくい「WEB完結申込」が出来るのか?
  • 利便性は高いのか?
  • ATMの手数料は無料なのか?

即日融資で今日中に借りれるのか?

消費者金融は審査が早い特徴があると書いたように、「今日中にどうしてもお金が必要」な即日融資に対応しているのが消費者金融です。

消費者金融以外で即日融資が出来るカードローンはあまりないので、早い借り入れが希望であればまずは消費者金融を選ぶ必要があります。

消費者金融の審査時間と即日融資
消費者金融名最短審査時間即日融資
プロミス最短30分〇可能
アコム最短30分〇可能
アイフル最短30分〇可能
SMBCモビット最短即日〇可能
レイクALSA最短即日〇可能

消費者金融の審査時間は「最短30分」とされている場合が多く、もし申込条件や審査状況によって審査時間が延びてしまっても、2時間程度で審査結果が分かる場合がほとんどになっています。

申込時間が午前中や早い時間までに完了していると、振込でも即日融資が可能になることがほとんどです。

中小消費者金融も即日融資が出来るように審査時間が早く設定されていますが、大半は翌日以降の借入になるケースが多く、
あまり即日融資には向いていません。

即日融資が希望なら大手消費者金融を選ぶ方が良いと言えます。

利息が減らせる「無利息期間」があるのか?

金利が高い消費者金融なので利息も必然的に多くなりやすいですが、その利息を軽減できるサービス「無利息期間」があるのも消費者金融の選ぶポイントになります。

無利息期間サービス
無利息期間
プロミス初めての利用日から30日間
アコム契約日翌日から30日間
アイフル契約日翌日から30日間
SMBCモビットなし
レイクALSA契約日翌日から30日間
(借入金額5万円までなら180日間※契約限度額200万円まで)
※両方の無利息期間の併用は不可
ベルーナノーティス借入日より14日間
※完済後、前回無利息適用の借入日より3か月以上経過後の再借入も適用される

大手消費者金融だから無利息期間があるわけではなく「プロミス」「アコム」「アイフル」「レイクALSA」の4社に限られます。

中小消費者金融ではベルーナノーティスの無利息期間が有名です。

それぞれで適用される期間も違い「借入日翌日」「契約日翌日」など細かい部分も違いますが、期間内に完済すれば利息を払わなくて良いのは同じです。

短い期間で完済する返済計画ならば消費者金融を選ぶ方が良いですよ。

バレにくいWEB完結申込とスマホATMが利用できるのか?

今はどこの消費者金融でもネット申込に対応しているので申し込みする時に困ることはありませんが、WEB完結申込が出来る消費者金融であれば家族にバレにくく申込できるメリットがあります。

WEB完結申込とは?

スマホやパソコンのネット申込でカードローンを申し込み、必要書類もメールやアップロードで提出して郵送する必要がありません。

あと、カードローン会社から送られてくる書類も無いので、ローンカードが自宅へ届くこともありません。

消費者金融WEB完結申込
(カードレス)
スマホATM取引
プロミス○可能
アコム×不可×
アイフル○可能
SMBCモビット○可能
レイクALSA○可能

大手消費者金融であれば「WEB完結申込」が出来そうですが、アコムは「ネット申込」「書類のアップロード」は可能ですが自宅へのローンカードと契約書類は郵送されてきます。

中小消費者金融で「WEB完結申込」が出来るところはなく、必要書類を郵送しなければいけないところもあるので注意してください。

家族にバレる可能性は限りなく少なくしたい人であれば「WEB完結申込」が利用できる消費者金融を選ぶと良いです。

オペレーター

スマホATM取引が出来る消費者金融は、カードが無くてもセブン銀行ATMで現金を引き出すことが出来ます。

「カードなしで意味あるの?」と考える方もいると思いますが、カードを持参していない時に急に現金が必要になった時に、お金が借りられるメリットがあります。

常日頃、カードを財布に入れておくことがイヤな方も多いので、スマホATM取引は便利です。

利便性の高い借り方や返済方法はあるのか?

ハテナ

カードが発行されるし借り方や返済で不便に思うことはないっじゃないの?

確かにカード発行される消費者金融は多いですが、カード以外の借入方法があったり、カードがあるにも関わらずATMで返済できない場合もあり、消費者金融によって利便性に差はあります。

各社の借入方法と返済方法
借入方法返済方法
プロミス4つ(振込「ネット・電話」、プロミスATM、提携ATM、店頭窓口)5つ(ネット返済、口座振替、プロミスATM、提携ATM、銀行振込)
アコム4つ(振込「ネット・電話」、アコムATM、提携ATM、店頭窓口)5つ(ネット返済、口座振替、アコムATM、提携ATM、銀行振込)
アイフル4つ(振込「ネット・電話」、アイフルATM、提携ATM、店頭窓口)4つ(口座振替、アイフルATM、提携ATM、銀行振込)
SMBCモビット2つ(振込「ネット・電話」、提携ATM)3つ(口座振替、提携ATM、銀行振込)
レイクALSA2つ(振込「ネット・電話」、提携ATM)4つ(ネット返済、口座振替、提携ATM、銀行振込)
ベルーナノーティス2つ(振込「ネット・電話」、提携ATM)2つ(口座振替、銀行振込)
キャッシングアロー1つ(振込「ネット・電話」)1つ(銀行振込)
フタバ1つ(初回振込)1つ(銀行振込)

大手消費者金融の中でも「プロミス」「アコム」の2つは非常に利便性が高い評価があります。

中小消費者金融になるほど利便性は低くなり、返済方法が銀行振込の1つだけということはよくあります。銀行振込は手数料が高いのであまりおススメできる返済方法ではありません。

毎月の最低返済額は気にしなくていいポイント

カードローンの返済は一括返済ではなく「残高スライドリボルビング方式」がほとんどです。難しい言い方ですが、リボ払いと考えると分かりやすいのではないですか。

毎月の返済額は借入額で変わりますが、消費者金融であれば毎月の最低返済額に違いはそれほどありません。

借入残高10万円であれば「4,000円」「5,000円」ぐらいが消費者金融の最低返済額になります。

毎月4,000円返済できない状況ならば10万円も借りれないので、初めから消費者金融を申し込まない方が良いと思います。

ATMの手数料は無料なのか?

外出時でもすぐに現金を借りることができるATMで大手消費者金融なら利用することが出来ます。

しかしATMを利用する時は手数料に気を付ける必要があり、消費者金融の中には手数料無料のATMもあるので選ぶポイントになります。

ATM手数料の有無
有料無料
プロミス提携ATMプロミスATM、三井住友銀行ATM
アコム提携ATMアコムATM
アイフル提携ATMアイフルATM
SMBCモビット提携ATM三井住友銀行ATM
レイクALSAなし提携先の新生銀行レイクATM、提携ATM

自社ATM以外を利用する場合は手数料が必要と考えた方が良いですが、グループ会社などのATMであれば無料の場合があります。

家や職場の近くのよく利用するATMが手数料無料のATMであれば、その消費者金融を選ぶ価値はあると思います。

消費者金融は銀行グループなのか?

銀行カードローンは審査が厳しいので消費者金融を選ぶ時に、大手消費者金融の中からどれを選ぶのか分からない時は、銀行グループに属している消費者金融を選んでも良いと思います。

消費者金融グループ企業銀行名
プロミスSMBCグループ三井住友銀行
アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ三菱UFJ銀行
アイフルなしなし
SMBCモビットSMBCグループ三井住友銀行
レイクALSA新生銀行グループ新生銀行
オペレーター

銀行カードローンではないけど、銀行と同じグループに属しているという安心感があり、初めて消費者金融を選ばれる方でも利用しやすい面があります。

アイフルは大手消費者金融の中で唯一ですが、銀行グループに属していないので、安心して申込することが出来ないというわけではありません。

再建途中のアイフルですが、グループに属さなくても単独で経営を安定化していることもあり、消費者金融の中でプロミスとアコムの次にアイフルが大きくなっています。

SMBCグループに属しているSMBCモビットよりも大きな消費者金融です。

おすすめな消費者金融はココ!!

オペレーター

私の独断と偏見ですが、消費者金融でオススメなカードローンは「プロミス」です。私が初めて申し込んで審査に通ったのもプロミスになります。

プロミスの内容
項目内容
金利年4.5%〜17.8%
限度額最大500万円
即日融資可能
スマホATM取引可能
無利息期間30日間
雇用形態パート・アルバイトも可

最短30分審査と最短1時間融資が可能な「プロミス」と「アコム」で悩むところですが、スマホATM取引が利用可能な点と契約日翌日ではなく初回利用翌日から無利息が開始されるプロミスの方が、利便性などの面から独断で少しだけ高い評価にしました。

あと、若干だけプロミスの金利が低いこともオススメの理由になりますが、審査の早さに大差はないので好みで選ぶことも良いと言えます。

消費者金融でも返済計画をしっかり立てるのがポイント

借りるだけがカードローンではないので、返済もしっかり計画に入れることが重要になります。

カードローンは目的ローンとは違い、借り入れと返済を限度額内なら繰り返すことが出来ます。手軽に借りる事が出来るので、返済するよりも借りる方が多くなるケースがあります。

計画性がないと、そのまま借金地獄へ突き進んでしまうかもしれません。カードローンは2社ぐらいまでを限度としておいた方が良いでしょう。あとは、自分の収入と照らし合わせて借入するように心がけましょう。