管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

カードローンの金利と利息の計算

お金を工面するのに困って、カードローンを利用してお金を借りると、毎月返済する時には、利息を上乗せして、毎月返済していかなければいけません。
その利息から金融機関は、人件費・維持費や利益を上げていくことになります。

利息は1ヶ月単位で計算されるのではなく、一日づつ日々増え続けていきます。
1日借りて返済するのと30日借りて返済するのとでは、日数分の利息が上乗せされることになります。

カードローンの商品詳細などを見ると「4.5%~18.0%」などの記載を目にすることがあると思います。
上限金利と下限金利についてはこちら

上限金利と下限金利のどの金利が採用されるのは、カードローンによって変わってきますし、設定される金利によっても、毎月支払うことになる利息は変わってきます。
もし10万円借りたとして、年18%の金利で契約したからと言っても、利息は18,000円で完済できるわけでもありません。
一般的に、無理をせずに最低返済額だけを返済していけば、25,000円を超える利息を支払うことになります。

利息の計算方法

カードローンのサイトには返済シミュレーションなどが設置されており、手軽に毎月の返済額や利息が計算出来ます。
しかし、自分でも計算できるようにしていた方が、返済計画や自分の借り入れへの意識を持つ事に有効だと思います。

借入金額(残金)×金利×返済日数÷365日=利息

この数式で、手軽に利息の計算が出来ます。
1週間で返済したら返済日数は7日、1ヶ月(30日)で返済したら30日をかけて1年365日で割ると出てきます。
通常、1ヶ月ごとに返済していくことになるので、10万円を30日間借り入れた場合の利息を計算してみます。
例)借入金額10万円・金利18%・30日で返済
100,000×0.18×30÷365=1,479円

30日間で10万円借りれたら、「1,479円と少ない利息で大丈夫なんだ。」と思われる方も多いかもしれません。
ですが、一括で10万円と利息を併せてを返済できれば良いですが、通常では、毎月少しづつ分けて返済していくので、その都度利息を計算して返済していくことになります。

一括返済出来ない場合の利息の発生の流れ

10万円を30日間借りた利息が1,479円となるのは分かりましたが、一括で返済出来なければ、次の期間の利息はどうなると思いますか?

10万円の借入残高がある場合の毎月の最低返済額は「3,000円」や「4,000円」となっていることが、消費者金融では多いです。
「4,000円を返済するのだから、25回の返済回数で終わるね」と考える方もいるかもしれませんが、25回で終わるのは違います。

4,000円の返済額の内訳は、利息の「1,479円」も含まれていることになっているので、利息は借入残高の返済には充てられません。
ですので、4,000円から1,479円を引いた「2,521円」だけが、借入残高から引かれる計算となります。

そうすると、最終的に返済する回数は「32回」程度になり、利息の総額は2万6千円ほどになります。

金利の決まり方

当サイトを見られている方は、ある程度カードローンについて調べられている方だと思うので、各カードローンの金利の表記が「○○%〜○○%」と書かれているのは分かっていると思います。

金利の範囲は、どこのカードローンでも同じではありません。
一般的に、消費者金融が重視している点は、審査や融資出来るまでのスピードや利便性となっているので、金利は高めであると言えます。
銀行カードローンが重視しているのは、そもそも限度額の大きさや金利の低さになっているので、消費者金融より金利は低い場合がほとんどです。

自ら契約する金利は選べない

カードローンの金利の決まり方は、契約する限度額に左右されることが多いです。
限度額が大きくなれば金利は低くなりますし、限度額が小さいと金利は高くなります。
融資を希望する限度額は、初めに自ら希望しますが、契約できる限度額はその通りにいくとは限りません。
ですので、金利は自ら選べるわけではないのです。

特に、消費者金融の金利は100万円以上の限度額でも、年15%から低くなることはなかなか無いので、少し金利が高いと言えます。

一方で、銀行カードローンの金利は、限度額が段階的に区切られており、その中で決められている金利が適用されるので、年10%以下の金利も分かりやすくなっています。
一番分かりやすい金利なのが「みずほ銀行カードローン」ですので、表にまとめてみました。

みずほ銀行カードローンの限度額と金利
利用限度額 金利
10万円〜100万円未満 年14.0%
100万円以上〜200万円未満 年12.0%
200万円以上〜300万円未満 年9.0%
300万円以上〜400万円未満 年7.0%
400万円以上〜500万円未満 年6.0%
500万円以上〜600万円未満 年5.0%
600万円以上〜800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

※住宅ローン利用で、カードローン金利「年0.5%」引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」

もし、100万円の限度額が契約出来ることになると、適用される金利は年12.0%になります。
違う銀行カードローンでは、段階的に金利は下がりますが、「△%〜○%」と表記されていることもあるので、その範囲内で金利が判断されます。

金利は変わっても毎月の返済額は同じ

タイトルを見ると「金利が変われば返済額も変わるでしょ!!」と思う方も多いはず。
ですが、最近の返済方式の「残高スライド方式」では、金利が高い・低いに関わらず、借入残高によって返済額は毎月一定になります。
借入金額で金利は決定するのではなく、契約する限度額が50万円なら18%や、500万円なら4.5%となったりします。

借り入れ残高が10万円以下なら5千円、10万円を超えると1万円などがあります。
ですので、金利4.5%の方と金利18%の方では、返済額が一緒でも残高の減り具合に差が出てきます。

その理由は、毎月の返済額には利息が含まれているからです。
例えば、5万円の借り入れ残高で毎月の返済額が5千円とします。

金利4.5%の方の利息)
50,000×0.045×30÷365=184円(利息)
5,000円ー184円=4,816円
4,816円が残高から引かれることになります。

金利18%の方の利息)
50,000×0.18×30÷365=739円(利息)
5,000円ー739円=4,261円
4,261円が残高から引かれることになります。

この2つの金利が返済完了するまでを表にしてみます。

金利4.5%と18%の返済額の比較
回数 金利18.0% 金利4.5%
元金返済 利息 借入残高 元金返済 利息 借入残高
1 4,261円 739円 45,739円 4,816円 184円 45,184円
2 4,324円 676円 41,415円 4,833円 167円 40,351円
3 4,388円 612円 37,027円 4,851円 149円 35,500円
4 4,453円 547円 32,574円 4,869円 131円 30,631円
5 4,519円 481円 28,055円 4,887円 113円 25,744円
6 4,585円 415円 23,470円 4,905円 95円 20,839円
7 4,653円 347円 18,817円 4,923円 77円 15,916円
8

4,722円 278円 14,095円 4,942円 58円 10,974円
9 4,792円 208円 9,303円 4,960円 40円 6,014円
10 4,863円 137円 4,440円 4,978円 22円 1,036円
11 4,440円 65円 -円 1036円 3円 -円
利息総額:4,605円 利息総額:1,039円

返済回数には差はありませんが、利息が3,500円ほどの差が生まれてしまいました。
金利にかなりの差があるので結果に大きく差が出ましたが、金利の差が少なくても借入額が大きくなったりすると、利息には差が生まれます。

利息の計算の仕方は分かったと思いますが、金利が高い間などにはなるべく返済額を増やしたり、給料やボーナスが入って返済出来る金額になったらすぐに「一括返済」されると良いと思います。
そうされると、余計な利息を増やさなくて済む事になります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ