即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

ブラックリストはある!?信用情報機関に異動情報が登録される

色々な事柄で、ブラックリストという言葉を聞かれた経験が、一度くらいは皆さんあると思います。
よくブラックリストという言葉が使われるのが、金融関係が多いと思います。
例えば、「ブラックリストに載ってしまったら、お金が借りられない」などなど、ブラックリストという響きから悪いことは分かっている方も多いですが、実際ブラックリストとは何なのでしょうか?
ブラックリストとは、本当に存在するのでしょうか。

そもそもブラックリストという名簿や書類などは、どこにも存在していません。
各金融機関で作っているわけでもなく、色々な信用情報が登録される中で、異動情報が機関に登録されることを「ブラックリストに載った」などと、言われているだけにすぎません。

ブラックリスト自体は無いことは分かりましたが、信用情報や異動情報など、様々な項目について解説していきます。

信用情報とは

信用情報と一般の方が聞かれても、何のことなのか分かりにくい言葉ですが、平たく言えば「個人のお金に関する様々な情報」と言えますが、登録される信用情報はかなりの情報量になります。

内容
本人特定情報
  • 氏名
  • 生年月日、性別
  • 住所、電話番号
  • 勤務先、勤務先電話番号
  • 公的資料番号(運転免許証等の記号番号)
  • など

契約内容情報
  • 契約日、契約の種類
  • 契約限度額
  • 保証額
  • など

返済状況の情報
  • 入金予定日、入金日、入金額
  • 残高金額
  • 異動情報(延滞、代位弁済、債権回収、債務整理、破産など)
  • 異動発生日、解消日
  • 完済日
  • など

これ以外にも、申込情報というものがありますが、本人特定情報に加えまして、どういった商品を申し込んだのか、いつ申し込みされたのかという情報も登録されます。

信用情報機関が信用情報を管理している

日本には、個人の信用情報を記録する信用情報機関があります。

これは国からの指定を受けた情報機関で、『全国銀行個人信用情報センター』『日本信用情報機構』『CIC』の三つがあり、それぞれで信用情報の共有が行われています。

この3つの信用情報機関では、クレジットカードやカードローンの申込、携帯代金の分割払いなどの情報を記録しています。
金融関連の記録するのが、この信用情報機関の役割だと言うことです。

カードローンに限らず、住宅ローンやマイカーローンなどの申し込みを行った際は、各金融機関や消費者金融は、この信用情報機関に問い合わせを行い、各個人の信用情報を照会します。
その信用情報を照会した際に、もし異動情報の事故歴などがあれば、審査などが通りにくくなります。
金融機関でお金を貸す場合には、信用がある方へ貸し付けるのが常識ですので、信用度が低い方へは、なかなか貸し付けてくれないのが一般的です。

ゆえに、この異動情報のある方の事を、皆さんがよく言われているブラックリストと呼んでいるのです。
ですので、ブラックリストは俗称であり、信用情報機関がブラックリストと呼んで、名簿という形で管理しているわけではありません。

事故情報として記録されるもの

俗に言うブラックリスト入り、つまり信用情報機関に事故情報として記録されるものには次のものがあります。

  • 延滞(3ヶ月以上の長期の遅れ)
  • 代位弁済
  • 債務整理(個人再生、任意整理、自己破産など)
  • 強制解約

延滞や債務整理などは聞いたことがある言葉かもしれませんが、そもそも聞いたことがないものや、言葉は知っていても内容までは知らない事故情報もあると思います。

事故情報は良いものではありませんので、内容を認識して、「ブラックリスト入り」にならないように心がけましょう。

延滞

延滞というのは、カードローンを利用していて、返済期日を守らずに、返済が滞ってしまった場合に起こることです。
1日から遅れてしまえば延滞という扱いにはなりますが、信用情報機関への記録される延滞というのは、「長期の延滞」となる3カ月以上の遅れがあった時とされています。
いわゆるブラックリスト入りで最も多いのが、この延滞です。

数日程度の延滞であれば、消費者金融や金融機関から返済の遅れがある電話連絡がありますので、その際に
返済をすれば大丈夫です。

カードローンなどのローン商品であれば、返済の遅れが生じていると認識しやすいと思いますが、最近では、スマホの本体代金などの分割払いの遅れなどで、知らないうちに、長期延滞の事故情報が記録されてしまうケースも多くあります。

代位弁済

代位弁済というのは、銀行カードローンなどを利用した債務者が、長期延滞している状況で、なかなか返済がされない場合に行う手段になります。
あまり聞きなれない方も多いと思いますが、債務者が銀行に対して返済を行わない代わりに、保証会社が銀行に対して一括で返済をしてくれます。
簡単に書くと「代わりに弁償してくれる」「肩代わりする」ような感じです。

債務者にとってありがたいような感じですが、銀行が債務者から借金を回収する必要はなくなり、保証会社が銀行に代わって、債務者から債権を回収するようになるだけです。

銀行カードローンの商品詳細を見てみると、保証会社などにプロミスやアコムなど、消費者金融の名前を見かけると思います。

債務整理

債務整理は、弁護士事務所などのCMで見かける機会があると思いますが、債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」があり、利息をカットしたり、返済金額を減額やすべて無くしてしまう手段になります。

返済する金額などが少なく出来たり、無くすことも出来る代わりとして、異動情報としては大変重い扱いとなってしまいます。

強制解約

強制解約は、クレジット会社やカードローン会社が、契約者が重大な契約違反などした場合に、契約者の意思に問わずに強制的に解約する方法になります。

クレジットカードなどであれば「ショッピング枠の現金化」や、クレジットカードやカードローンに問わず、申込情報の虚偽などが分かれば、強制解約は行われてしまいます。

事故情報が登録される期間は違う

延滞や債務整理などの金融事故を起こしてしまい、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうと、生涯残ってしまいそうですが、心配しなくても永遠と登録されていることはありません。
しかし、自ら信用情報を消せる手段はなく、登録される一定期間を過ぎるのを待つしかありません。
信用情報や異動情報が登録される期間は、情報機関や信用情報などの種類でも違ってきます。
特に、事故情報の登録期間が気になりますよね。

機関ごとの事故情報の登録期間
機関 情報の種類 登録期間
JICC
「日本信用情報機構」
延滞 延滞継続中、延滞解消から1年
債務整理、強制解約など 発生日から5年
債権譲渡 発生日から1年
CIC 延滞 5年
保証履行、破産 発生日から5年
KSC
「全国銀行個人信用情報センター」
延滞 契約期間中、終了日から5年
破産、民事再生 決定日から10年

異動情報として1番軽いと思われる「延滞」では、JICCの1年からCICとKSCの5年の期間で登録が消えないようになっています。
その他の任意整理などの債務整理では5年間や、KSCの自己破産では最長の10年間は異動情報が消えないようになっています。

信用情報や異動情報は、それぞれの機関で「FINE」「CRIN」で共有されており、加盟していない機関の情報も照会することが行われています。
しかし、すべての情報が共有されているわけではないので、5年を超えると自己破産されている方でも、カードローンの審査に通る事はあります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ