管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

クレジットカードでネットキャッシングする方法と流れ

カードローンでお金を借り入れる場合に、契約したローンカードを利用して、金融機関やコンビニの提携ATMで借り入れたり、会員サービスからネットキャッシングを利用して借り入れる方も多いですが、クレジットカードのキャッシング機能を利用する際も、同じようなネットキャッシングで借り入れることも可能です。

クレジットカードのメインの使い方となるのが、お買い物の際に利用するクレジット機能しか使えないと思われている方も多く、キャッシング機能自体が付いている事を知らない方もいます。

キャッシング機能は、クレジットカードを申し込む時の同時に申請する事で大丈夫ですが、途中で付けたい場合でも各クレジットカードのホームページから申し込む事も可能です。
しかし、キャッシング機能を付けるという事は、お金を借りれることになるため、クレジット会社からの審査を受けることになり、審査に通ることが出来ないと、キャッシング機能を使うことは出来ません。

クレジットカードのネットキャッシングの利用方法と流れ

クレジットカードのキャッシング機能を付ける事が出来れば、多くのクレジットカードでネットキャッシングも利用出来ます。
ネット環境が揃っているところであれば、どこからでもキャッシング出来て登録してある銀行口座に振り込まれることになります。

オリコキャッシング詳細

実際に、私が利用させていただいているオリコ・クレジットカードのキャッシングする場合の画像です。
キャッシング枠内で希望する金額を入力して、実際に振り込まれて利用出来ます。
登録している口座が公共料金や様々な支払をされている口座なら、口座にお金が足りない場合にすぐに振り込まれる事は大変便利です。

  1. クレジットカード申込と同時に付ける
  2. 必要性が出た時に後から付ける

私はクレジットカード6枚持っていますが、キャッシング機能を付けたのは最初の2枚程度で、それ以外の4枚はキャッシング機能は付けていません。
最初の2枚は、家電量販店のその場で申し込みと同時に、キャッシング機能にチェックをした覚えがあります。
使った経験はありませんが、キャッシング機能を付けると特典があったような無かったような。

それはさておき、残りの4枚はキャッシング機能は付けていませんが、利用者が大変多いとされる楽天カードで、キャッシング機能を付ける流れを紹介したいと思います。
楽天カードのキャッシング申込開始画面

今回の楽天カードのキャッシング申込のやり方は、スマホからさせていただきましたが、とても簡単な流れになっています。
楽天カードのキャッシング機能は付けていませんので、楽天カードにログイン後、「キャッシング」のボタンをクリックすると、上のような画面が表示されます。
申し込みはこちらを押すと、次の画面が表示されます。
楽天カードのキャッシング申し込みの入力画面

キャッシング機能を付けるための必要事項を入力します。
キャッシングの項目は、キャッシング枠の限度額の申込で「5万円〜50万円」まで選べるようになっており、キャッシングの理由も入力することになっています。
選択できる理由は「趣味・娯楽」や「生活費」などいくつか種類があり、該当する項目を選べば良くなっています。

他社の借入状況も重要で、クレジットカードのキャッシングも貸金業法が適用されますので、年収の3分の1を超える貸付は出来ないようになっています。
さらに、希望する枠によっては審査に通ることが出来ない可能性もあります。

楽天カードの申込入力完了

項目に記入が完了すると、確認画面が表示されるので、あとは申し込みをクリックすると、キャッシング枠の審査が開始されることになります。

ネットキャッシングの振り込まれる時間帯

いつでも、スマホやパソコンからネットキャッシングをすると、即時で登録口座に振り込まれるわけではありません。

オリコ振込時間

これも私が利用しているオリコカードの質問欄で答えられている内容です。
平日13時30分までに振込依頼されると当日内に振り込まれますが、それ以降になると翌営業日に回されてしまいます。
他のカードでも、昼ごろまで時間が一般的です。
さらに手数料無料としているカードが多く、利用しやすいのも特徴です。

しかし、即日振込とされていても、すぐに反映されることはあまりありません。
オリコの場合でも最短30分以内としていますし、金融機関で前後してしまうことも多いようです。

一方で、カードローンのネットキャッシングを時間内に利用された場合の多くは、10秒から1分程度で反映されるのが一般的です。

クレカのネットキャッシングの返済方法

最初の画像でも支払方法を選択する欄がありましたが、ネットキャッシングの返済方法は「一括」「リボ払い」の2つから選ぶ事が出来ます。
給料日の後などで、お金がある時にすぐに一括で返済出来る場合には、一括返済される方がお得になります。
リボ払いは、基本的に毎月の返済額は決められた金額や、自ら返済できる金額で返済するので、少なくて済みますが、金利が高く総支払額が多くなります。
一般的なクレジットカードのキャッシング機能の金利は、「年15〜18%」になっていることが多く、意外にも多くの利息を支払ってしまいます。

例えば、10万円を年18%の金利で、毎月4,000円のリボ払いで返済していくと、26,000円以上の利息を支払うことになります。
10万円の一括返済はなかなか難しいかもしれませんが、返済しやすい数万円程度であれば、その月は我慢して返済しましょう。

クレジット機能とキャッシング機能の一括返済の違い

通常のショッピングで利用される一括払いと、キャッシングの一括支払は違う事は知っていますか?

買い物される時にクレジットカードの一括返済を行うことは多いですが、支払いをする翌月などに引き落とされる金額は、購入金額そのままを支払うだけで大丈夫です。
手数料をプラスして支払うことは、一括払いの時はありません。

しかし、キャッシング機能の場合は、借り入れた日から返済される日までの日数を、日割りの利息がプラスして支払うことになります。
例えば、5万円を30日間18%で借りた場合は、30日間の利息を足した「50,740円」を返済します。
返済期間を15日間に短縮すると、「50,370円」の利息が半分になった返済額ですみます。

クレジットカードのショッピング枠が利用できて、一括支払いが出来るのであれば、利息も発生しないので一番良いですが、キャッシング枠しか利用できない状況であれば、一括返済と短い返済期間で返済することをオススメします。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ