管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

クレジット現金化の高還元率に騙されるな!!

クレジットカードの本来の使い方は、買い物する際にクレジットカードを利用することで、その場では現金で支払わず、後日決まった日に一括や分割で購入代金を支払うものです。

しかし、クレジットカードのショッピング枠というものは、買い物をする際に、購入代金をクレジット会社に立て替えてもらうためのもので、クレジットカード利用者がショッピング枠から、現金を手にすることは出来ないようになっています。

ですが、お金に困っている方の中では、現金による支払いをする必要があり、クレジットカードのショッピング枠を現金化できる、甘い罠にはまってしまう利用者が多くなっています。
例えば、消費者金融や銀行カードローンの返済のために、現金が必要になっているなどです。

ショッピング枠全額を、クレジットカード利用者が全て現金化出来るわけではなく、業者に手数料などを引かれた金額を、現金として渡される仕組みになっています。
これを業者などは「還元率」「換金率」と表示して、サイトや広告などで見かけることになります。

違法業者の現金化の甘い言葉

  • 還元率90%以上
  • 審査不要
  • 即現金化・即入金
  • 金利ゼロ

違法業者が、クレジット現金化へ導くための売り文句は様々なものがあります。
お金に困っている方が、利用者の大半を占めていますので、消費者金融などのカードローンを申し込みをして、新たに審査を受けることに抵抗がある方が多いです。
年収などが低い方は、返済能力が低いと判断されやすく、審査に通る可能性は低いためです。
ですので、多くの現金化のサイトには「審査不要」や「無審査で即入金」と書かれている事が多いです。

現金化する業者は、利用者がクレジットカードを利用してくれれば良いだけですので、審査はありません。
この審査がないと言うのが、利用者にとってかなり魅力的で、審査がないのですぐに入金されるのも、利用者が増えてしまう要因になっています。

高還元率でなく高金利である

「金利ゼロ」を表記している業者も多く見られますが、それ自体ウソといって過言ではありません。
利用者は知らず知らずのうちに手数料として、10%や20%、さらに40%以上取られてしまう事もあります。

クレジットカード現金化の還元率95%と書かれたりしていると、ショッピング枠のほとんどが現金で手に入ると思うかもしれませんが、それは違います。
消費者金融など実質年率18%と比べ、現金化で取られる手数料は5%と少ない気もします。

しかし、言い換えれば1日にして5%の手数料を失う訳になります。
手数料というと聞こえが良いですが、お金を貸し付ける行為に近いことですので、私から言わせると金利と変わりません。

消費者金融の場合は年率ですが、現金化業者を年率で換算すると1日5%で年率1,800%以上になります。
還元率95%という業者は実際にはあまりなく、85%前後が多いです。
そうなると実質年率に換算すると5,500%近くになります。
普通では考えられない金利になってしまいます。

クレジットカードの支払いが待っている

カード会社に、クレジットカードの現金化がバレていない事で、話は進めていきます。

すぐに現金が欲しくて、10%ぐらいの手数料取られても良いと考える方もいるかもしれません。
業者からお金だけを入金してもらって終わりではありません。
そのあとは、クレジットカードの支払いをしていくことになります。

  1. 現金化サイトに登録
  2. 指定商品を購入(ココが重要)
  3. 現金が入金される

簡単な現金化の流れを上で書きましたが、クレジットカードで実際に商品を購入することになります。
現金化には「キャッシュバック型」「買取型」の2通りありますので、違いはありますが、キャッシュバック型なら「価値のない商品」を高額な金額で買う方式で、買取型なら実際に「高額な商品」を購入して、あとで買い取ってもらい、還元率によって現金を貰えるようになります。

実際に、クレジットカードで10万円やショッピング枠を使い切るような買い物をするので、業者から現金を貰っても、クレジットカードの支払いがあることになります。

お金に困っている方ですので、分割払いやリボ払いされている方が多いはずです。
そうなるとクレジットカードの金利は、15%や18%となっているのが一般的です。

しかし、これは正規のクレジットカードの金利ですので、何も間違っていません。
クレジットカードを利用したら、金利も支払う事は当たり前です。
業者には法外な手数料を取られて、クレジットカードの支払いで利息を支払う流れになります。

目先の現金に目がくらみ、その後の支払いがあることを忘れてしまいがちです。
そのまま借金地獄になる方も多く存在します。

現金化が理由の借金は自己破産出来ない

カードローンや様々なローン・キャッシングで借金を作ってしまうことは、人生の中で誰でも1度はあることです。
夢のマイホームやマイカーで、ローンを組んで購入するのも、同じ借金です。
しかし、何かしらの理由(離職・離婚など)で支払いが出来なくなる事が出てきてしまうのもあります。
私の周りでも、女性3人が離婚後に、自己破産された方がいます。

正当な借金で支払いが出来なくなってしまうことは、自己破産として認められるのが大半です。
人生を1からやり直す事としては、とても有効な手段の1つです。

しかし、クレジットカードの現金化は違法性がかなり高く、正当な借金理由にならないとされ、免責不許可事由となり自己破産が認められない可能性もあります。

破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。

引用:「破産法第252条1項 免責許可の決定の要件等

破産法第252条には、免責が許可されない要件が書かれており、該当しない場合は免責許可と判断されます。
しかし、破産法第252条1項2号に、上記の内容が書かれており、後半に書かれている信用取引と言うものが、クレジットカードでの買い物に該当します。
著しく不利益な条件で処分というのが「換金目的」に当たるため、免責不許可事由になってしまうわけです。

クレジット現金化以外でも、財産を隠していたり、ギャンブルなどの不当な浪費、相手を騙して借金をしていた行為などは、免責不許可事由になるとされています。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ