即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

土日祝日や夜間に即日融資が出来る方法

仕事終わりがもう夜で、しかも次の日は土日・祝日の場合で、いきなりの急な出費やお金を用意しておくのを忘れたことはないですか?平日の午前中や会社の昼休憩の時などの時間帯でしたら、大手消費者金融や銀行カードローンのどこでも、色々な方法で借り入れる事は可能です。

夜間に限らず、土日祝日でも消費者金融なら22時まで即日融資が出来るようになっています。

銀行カードローンでは、平日でも即日融資が出来ないようになっているので、土日でも即日融資が出来る消費者金融を選ぶ必要があります。

土日や夜間に即日融資が可能な消費者金融

土日や夜間に借り入れが出来る条件として、土日でも審査を行っているカードローンになりますが、土日に審査回答が受けられるのは「大手消費者金融」になります。

さらに、土日の振込キャッシングが出来る消費者金融もありますが、振込キャシングは条件が揃わないと土日に実行が出来ないことがほとんどで、あまりオススメできない場合が多いです。

土日や夜間に即日融資が受けたい時には、自動契約機でカード発行が出来る消費者金融を選ぶことになります。

消費者金融の自動契約機と借入先
消費者金融 自動契約機 借入先
プロミス 自動契約機:22時まで
(一部21時まで)
プロミスATM、提携ATM。スマホATM取引
アコム むじんくん:22時まで
(一部営業時間が異なる)
アコムATM、提携ATM
アイフル てまいらず:22時まで
(一部営業時間が異なる)
アイフルATM、提携ATM、スマホATM取引
SMBCモビット ローン申込機:21時まで
(一部営業時間異なる)
提携ATM、スマホATM取引
レイクALSA 自動契約機:平日24時まで
(土日:22時まで、第3日曜:19時まで)
提携ATM、スマホATM取引
ノーローン レイク自動契約コーナー:22時まで
(第3日曜は19時まで)
提携ATM

土日や夜間でも22時まで営業している契約機がほとんどですので、即日融資が受けやすくなっています。

消費者金融の審査回答時間は22時や21時まで行われているので、営業時間内に審査に通ったのか分かるようになっています。

営業時間内に契約を終わらせることが出来れば、その場でカードを受け取ることが可能で、カードを利用して併設のATMや、コンビニや銀行などの提携ATMで借りることになります。

カードがあれば利用する方は少ないかもしれませんが、一部の大手消費者金融ではセブン銀行ATMを利用した「スマホATM取引」で現金をカードなしで引き出すことも出来ます。

自動契約機のある銀行でも即日融資は出来ない

三井住友銀行や三菱UFJ銀行はローン契約機が銀行内に設置されています。土日祝日や夜間21時までの申し込みを受け付けていて、その場でカード発行が仮審査後に受け取ることが出来ます。

しかし、土日の審査が行われていないのと、最短翌営業日が審査回答になるので、土日や夜間に申し込んでも即日融資は出来ないわけです。

土日に即日融資が受けたい時には、大手消費者金融を選ばなければいけません。

土日や夜間の在籍確認を受ける場合

土日や夜間にカードローンを申し込んだ場合でも、平日と同様に消費者金融の営業時間内であれば、申込者の勤務先への在籍確認は必ず行われます。

しかし、土日や夜間であれば勤務先の営業が終了していたり休みになっていることが多く、誰もいないので在籍確認が出来ないことになってしまい、最悪、審査に通ることが出来ないこともあります。

土日などの職場が休みの時に申し込んだ時は、消費者金融のコールセンターに相談すれば、各消費者金融で対応がされます。

  • 保険証や社員証の書類で在籍確認の代用
  • 限度額を減額して借り入れ可能にする
  • 在籍確認が取れるまで審査保留

勤務先が営業して在籍確認が取れるまで借り入れが出来ない厳しい対応をされることもありますが、審査に落ちることはなくなるので、新たなカードローンを申し込む必要は少なくなります。

本来の契約できるはずの限度額から減額して、10万円などの少ない限度額で借り入れを可能になる消費者金融もあり、急な借り入れにも対応しやすいです。

在籍確認が勤務先で取れると、本来の限度額まで増額できるので、新たに借り入れすることも出来るので安心です。

最も柔軟な対応のケースが、勤務先の電話連絡が出来ない場合に、社員証や勤務先を確認出来る保険証の提出で在籍確認の代用が認められるケースです。

どの対応をされるのかは申込者や消費者金融によって違うので、もし書類で代用が認められることに申込者がすぐに対応できるように、自動契約機に土日に出向く時は、本人確認書類とは別に社員証や保険証の持参も忘れないようにしましょう。

契約機で申し込みが完了すれば、すぐにコールセンターに相談してください。

契約者の夜間・土日に即日融資は簡単

すでに消費者金融や銀行カードローンを契約者の方は、キャッシングする為のローンカードを、自宅に届いて持っている方が多いと思います。

カードがあれば自動契約機が営業終了していても、提携ATMで借りることが出来るので、お金が必要になった時に借り入れが出来ます。

ATMで即日融資

ローンカードをお持ちの契約者の方なら、各カードローン会社の提携する銀行ATMやコンビニATMなど、無人機などに設置されているATMなどで借り入れが直接出来ます。

大手消費者金融や銀行カードローンであれば、コンビニATMと提携していますので、24時間土日・祝日関係なく利用できます。

1つ気をつけたいのが、銀行カードローンであれば、提携コンビニATMでキャッシングする時に、発生する手数料は無料の場合が多いですが、消費者金融のコンビニATMでキャッシングする時は、多くが手数料が発生します。

口座振込で即日融資を利用する

手持ちの口座にお金を振り込んでもらう「口座振込」は、銀行の平日の営業時間内しか出来ないと、思いの方も多いと思います。基本的に平日15時までしか振込は出来ませんので、カードローン会社によって平日14時50分から13時までの振込依頼の受付になっています。

上の説明では、土日や夜間の振込は出来なさそうですが、カードローン会社によって時間・曜日に関係なくネットからの振込依頼が出来るようになっています。

名前 24時間対応口座
プロミス 三井住友銀行、ジャパンネット銀行
アコム 楽天銀行

プロミスなら、三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座に振り込む場合に24時間365日可能で、アコムとノーローンは、楽天銀行の口座に振り込む場合に24時間365日可能になります。

今のところ、消費者金融で24時間365日でネットの振込依頼で振り込んでもらえるのは、この3社になっています。3社でも別の口座の場合は、振込は平日14時頃までになり、過ぎてしまうと翌営業日の9時以降になるので注意しましょう。

プロミスで土日に即日融資をする

私の勝手な偏った考えかもしれませんが、自動契約機と言えばプロミスと考えており、プロミスで自動契約機を利用する流れを紹介します。

  1. プロミスのネット申込を開始
  2. 申込記入欄で「契約方法:来店」を選択
  3. 審査開始
  4. 在籍確認
  5. 審査結果
  6. 自動契約機に必要書類を持参
  7. 契約完了後、カード発行
  8. 併設ATMや提携ATMで借り入れ

プロミスで土日や夜間に借り入れされる場合、なるべく早めにネット申込されていると良いと言えます。自動契約機に出向いてから申し込みされると、夜間であれば、審査時間を過ぎてしまう可能性もあり、即日融資自体が出来ない可能性も出てきます。

ネット申込する時には「契約方法」という項目がありますので、「来店」を選択すると自動契約機や店頭窓口で契約する方法になります。もし、プロミスで三井住友銀行口座やジャパンネット銀行口座を持っているのなら、web契約を選択されても良いかもしれません。

プロミスはスマホATM取引も出来る消費者金融ですので、カードが無くても土日に即日融資が受けやすい消費者金融です。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ