管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

カードローンの基礎知識・豆知識

基礎知識

カードローンやキャッシングという言葉を聞くことがあると思いますが、それぞれに違いがないようになっています。「カードローンでキャッシングする」というように、カードローンをお金を借りる商品自体のことを指し、キャシングは借りる行為のことを指しような認識が多くなっています。

あと、クレジットカードにもキャッシング枠を付けることが出来ますが、カードローンと利用の仕方に違いがあるわけではありません。クレジット会社のATMだけしか利用できないことはなく、コンビニATMも利用できます。

カードローンは同じでも消費者金融と銀行では大きな違いがあり、消費者金融は口座を必要としませんが、銀行は口座を開設しないとカードローンを申し込めないところが多いです。

口座を持っていることから銀行カードローンを利用する方も多いですが、開設するのが面倒な方は消費者金融を申し込むという流れも多くあります。

金利・利息

カードローンに限らず、お金を借りる場合に無利息で貸してくれるような銀行や消費者金融はありません。カードローンを契約する時には、申込者の信用度や返済能力によって金利などを決めることになります。

カードローンの金利は「年3.0〜18.0%」の範囲内が一般的ですが、消費者金融で初めて契約する場合の金利は「年18.0%」になりやすいです。もし100万円を超える限度額を契約すれば、消費者金融でも「年15.0%」以下の金利が適用されます。

銀行カードローンは、初めから「年15.0%」以下の金利が多く、少ない限度額を契約しても消費者金融より低い金利で契約出来るケースが多いです。金利でカードローンを選ぶ場合は銀行カードローンが良いかもしれませんね。

総量規制

2010年6月18日に貸金業法が完全施行されて改正された際に、「総量規制」によって年収3分の1を超える貸付が貸金業者から受けられなくなりました。

総量規制によって過剰貸付を抑える効果に期待されました。実際に総量規制で消費者金融などの貸金業者からの貸付は少なくなっていますが、総量規制対象外の銀行カードローンへ貸付が流れているということもあります。

早く借りるコツ

カードローンを選ぶ場合に、金利だけでなく審査の早さで選ぶことが多いです。カードローンは申し込んだ当日に契約できることもあり、消費者金融では即日融資が出来るカードローンとして人気です。

口座振込でも即日融資が出来るようになっていますが、ネット振込や契約した時間が遅くなってしまうと、当日中に振り込まれないこともあるので、注意してください。

豆知識

クレジットカードの基礎知識

財布に1枚クレジットカードが入っている大人は多いでしょう、私は5枚のクレジットカードを持っています。しかし、全てのクレジットカードにキャッシング枠を付けてはいません。

クレジットカードの金利は、銀行カードローンを契約している私にとっては金利が高めに感じてしまいます。しかし、クレジットカードにもメリットがあり海外でもキャッシング出来るので、海外旅行先でお金に困った時でも、現地の通貨で借りることも出来ます。

お金を借りることを考えると「消費者金融」を思い浮かべる方が多いはずですが、最近では銀行カードローンもかなりの認知度があり、消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの境が無くなっています。

クレジットカードのキャッシング枠で少額のお金を借りる経験をされる方は多いようですが、金利のことを考えると銀行カードローンの方が利息を抑えることが出来ます。しかし、クレジットカードや銀行カードローンでお金を借りるためには、申し込んでから数日〜1週間以上の時間が必要になるので、早くお金を借りたい方には消費者金融がオススメでしょう。

消費者金融やクレジット会社のカードローンは「総量規制の対象」ですので、年収3分の1までの貸付限度額までしか契約できません。大きなお金が必要なければ気にする必要は無いかもしれませんが、まとまったお金を用意する必要があれば、対象外の銀行カードローンが検討するカードローンになります。

初めてカードローンでお金を借りることは、私も緊張しましたが、慣れてくると現金を通帳から引き出している感覚になるので、カードローンやキャッシングは借金だという考えが必要です。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ