即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンと年収の関係性とは

カードローンに限らず、ローン商品と年収の関係は切っても切れない関係ではありますが、このあたりについて誤解されている方が多いのも事実です。特に、2010年6月18日に完全施行された貸金業界を揺るがせる一大判決が下ったあと、総量規制の導入など業界ルールが大きく変わりましたからね。

カードローンを申し込みする上でよく言われるのが、「年収が低いと借りられない」「収入が○○万円はないといけない」など、収入に関することがありますが、実際に年収が低い方でもカードローンを契約されている方は多くいます。

では、カードローンを借りる上で、年収との関係性はどうなっているのでしょうか?

年収はカードローン審査の目安にすぎない

上でも「収入の少なさ」でカードローン審査に通らないという話もしましたが、年収などの収入が低いことで審査に必ず落ちるというわけではありません。

カードローン審査で1番重要になるのが、申込者本人の「返済能力」があるかどうかになります。カードローンは住宅ローンなどに比べると、比較的少額の借入額が多く、年収が低いからと言っても、さほど関係性は低いと言えます。住宅ローンやカーローンなど、借入額が高額になりやすいローンでは、年収の少なさも関係してきます。

返済能力というのは、申込者が借り入れをして、しっかり返済日と返済金額を守り、返済を実行してくれるのかということです。申込者に「信用」があると判断されれば、カードローン審査に通ることが出来ます。

年収と総量規制と限度額の関係性

年収が少ないことは、カードローン審査では1つの基準でしかないですが、カードローンの限度額を決めることに関しては、大きな要因になります。

年収が少ないのにも関わらず、カードローンを申し込みをする時に、希望する限度額が大きすぎると、審査に落ちる可能性は非常に高くなっていましまう。限度額をなるべく低くするほうが、審査には通りやすいと言えます。

限度額を決める1つの基準が「総量規制」という決まりがあります。

総量規制とは

カードローンを検討されている方なら、総量規制という言葉を聞いたことがあると思います。総量規制というのは、年収の3分の1を超える貸付は「過剰貸付」にあたり、それ以上の貸付を行ってはならないという法律になります。

例えば、年収300万円の方の場合、総量規制によって限度額100万円までの貸付までしか認められないということになります。パートやアルバイトの方で、年収が100万円程度であれば、限度額30万円ほどになります。

総量規制は、1社のカードローンの借入金額に適用されるのではなく、借入金額の合計に適用されますので、1社ですでに60万円の貸付額をされているのであれば、2社目では40万円までの借り入れしか出来なくなるわけです。ですので、年収は審査でなく限度額に関して大きな関係性があります

総量規制は貸金業法によって定められていますが、総量規制が対象となるのは、プロミスアイフルなどの「消費者金融」や三井住友カードの「信販会社」などになります。ですので、「銀行」や「信用金庫」などの金融機関には、総量規制が適用されません。

総量規制対象外「銀行カードローン」と年収の関係

銀行も個人に対して、カードローンなどでお金を貸しているから、貸金業法が適用されそうですが、お金を貸すことに関しては銀行業務のごく一部に過ぎません。銀行がカードローンなどのローン商品の利息のみを生業(なりわい)としているわけではありません。(表面上ですが。)
ですので、貸金業法は銀行には適用されず、別の法律である「銀行法」が適用されます。

しかし、銀行カードローンであれば総量規制がないからと言って、青天井でお金を貸してくれるというわけではありません。銀行カードローンの限度額の目安として、年収の2分の1までが上限と考えられます。

しっかり返済能力があり、信用が高いと判断される場合に限りますので、収入以外の審査項目で信用度の低さが見られると、限度額は下がる傾向になります。元から銀行カードローンの審査は、消費者金融などよりも厳しくされています。

専業主婦は年収ゼロで銀行カードローン一択

専業主婦がカードローンでお金を借りようと思っても、総量規制の壁によって弾かれてしまいます。

専業主婦はそもそも年収ゼロであるため、総量規制の「年収3分の1」という項目自体に当てはまりません。年収がない方には貸付できないというわけです。ですので、消費者金融や信販会社のカードローンは契約出来ないことになります。

ですが、総量規制の対象外である銀行カードローンであれば、年収のない専業主婦であっても、審査に通ることが出来てお金を借り入れることが出来ます。
その場合、配偶者である夫に収入がなければいけませんので、その点では、夫の年収が関係してくることになります。

年収の虚偽の申告は絶対にダメ

年収は、カードローン審査の項目の1つに過ぎないですが、審査に無関係であるとはなりません。年収が少ないより多いことの方が、審査においてメリットに働くことはあります。特に、限度額が大きくなる場合は仕方ありません。

ですが、ここで一つだけ注意してほしい事があります。絶対に年収の虚偽の申告だけはやめましょう
年収を低く申告してしまうと、カードローン審査にに落ちてしまうと心配される方も多いですが、年収に見合った限度額であれば、そう落ちることはありません。

今、低い収入であっても、「この人ならば返済はしてくれる」と言う信用があれば審査は通りますし、アルバイトなどの属性の悪い方でも、勤続年数が長いことや、その他の属性において高いスコアと認められれば、心配する必要はありません。

「年収ぐらいウソを書いてもバレないでしょ」と思うかもしれませんが、貸金業者や金融機関には膨大なデータが蓄積されており、勤務先や勤続年数や年齢によって、どれぐらいの年収であるか分かっています。

少しでも怪しい申告をされてしまうと、限度額に関わらず「収入証明書」の提出が求められる場合があり、すぐに年収がどれぐらいあるかバレてしまいます。

消費者金融と銀行カードローンはどっちが良いの?

消費者金融と銀行カードローンは、常に比較されるため、どっちが良いのか悩まれる方も多いです。年収の関係性だけを考えて、どちらのカードローンが良いかと答えるというのは難しくなります。

年収が低い方は、なるべく利息も少なくしたいと思うはずですが、金利の低い銀行カードローンは審査が少し厳しめになってしまいまうす。一方で、消費者金融であれば審査は比較的厳しくはないのですが、銀行カードローンよりは金利が高くなります。

ですので、大きな限度額が必要ないのであれば、まずは銀行カードローンを申し込まれると、意外にも審査に通る可能性もあり、利息を少なく出来る可能性も出てきます。それでも審査に通ることが出来ないのであれば、消費者金融を申し込まれても良いかもしれません。

カードローンと年収の関係性のまとめ

年収とカードローンの関係は深いものではありますが、年収が低いからと言って、カードローンが利用できないわけではないのですね。

大きく影響するのは、限度額と金利になっています。より自分にとって有利な金利で借りるには、年収が高い方が良いいですし、大きな限度額も年収がないと難しくなります。

貸金業界の規制は、今は緩和の動きと強化の動きが政界ではあります。特に銀行カードローンは規制強化の対象になっています。総量規制にとらわれすぎて「年収の1/3以上は借りられない」などと間違った情報に振り回されないようにしましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ