管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

カードローンは借金という認識〜多重債務にならない対策

お金を必要とする用事が急に決まってしまい、カードローンを利用しようと申し込んでみて、実際に自宅にローンカードが届いてみると、銀行のキャッシュカードと違いが無く、実際利用しても借りているというより引き出している感覚でいる方も多くいます。

最初は、「洋服代の1万円だけ借りてみようかな」「今ほしい装飾品の5万だけ」など、まだ返すにはそれほど生活費を圧迫しない借入で済みますが、返済が進まないうちに、次の借り入れに手を付けてしまう方もいます。
それがどんどん進んでいくと、いわゆる借金地獄に陥ってしまうのです。

多重債務者になりやすい方の心構え

やはり、浪費癖や元々ギャンブル好きなど、お金の管理がしにくい方は借金地獄になってしまう方は多いです。
それ以外でも、自分は自己管理が十分出来ていると思っていても、知らないうちに借入額が膨らんでしまう方もいます。

私は浪費癖と分かっている方などは、注意して多重債務になる前に、対策を考えている方が良いです。
多重債務にはならないだろうと思っている方も、今から説明する内容を頭に入れておくと良いと思います。

  • 返済能力以上の高額借り入れをしない
  • お金のあるときに繰り上げ返済する
  • 返済を長引かせない
  • カードローン会社はなるべく少なくする
  • 借金返済のための借り入れをしない

「当たり前の事じゃないですか」と言われそうですが、意外と簡単な事が出来なくなるのが、借金というものなんです。
給料など今までの貯蓄の範囲内で、なるべく生活費・ショッピング・娯楽はしていけば良いわけです。
しかし、やっぱり急な出費や少額でも出費が重なる事はあります。

そこで、借り入れる事は別に悪い事ではありません
有効利用すれば、カードローン・キャッシングはとても良いものです。

カードローンは、皆さんも聞いたことがあるはずの「リボ払い」が基本的な形になっており、返済しているつもりでも、自分が思うよりなかなか借り入れ残高が減っていない場合が多いです。
最初の返済が出来ていない状態で、次の借り入れをしてしまい、どんどん借入額が増えてしまいます。

それをなくす為にも、給料日・ボーナスなどで繰り上げ返済一括返済を活用して、借り入れ残高を格段に減らすことをすれば、借金地獄ならなくてすみます。

借入元金が減らないメカニズム

カードローンは、リボ払いということを書きましたが、リボ払いと聞くとクレジットカードを思い浮かべる方が多いはずですが、なぜりぼ払いだと借入額が減りにくいと思いますか?
一括返済であれば、借入残高とそれまでの利息を併せて、カードローン会社に返済すればいいので分かりやすいです。

それはさておき、リボ払いば多少の借入額が増えても、毎月の返済額が変動しない特徴があります。
クレジットカードでお買い物をして、リボ払い設定をしている方なら「毎月5,000円」や「毎月10,000円」と決められたはずです。

毎月の返済額の中には利息も含まれているので、返済額から利息分を引いた金額が、借入額から差し引かれることになります。

リボ払い以外の返済方式もあり、目的ローンなどで使われる「元利均等返済」や「元金均等返済」であれば、借入をするたびに、その分毎月の返済する金額が増えることになります。

カードローンは限度額内であれば、借入と返済を自由に使うことが出来るメリットがあるため、目的ローンのような返済方式を採用してしまうと、逆に返済金額が分かりにくいものになってしまうわけです。

ですので、カードローンは借入金額が徐々に増えていってしまっても、返済金額は増えにくく、そのために借入の元金は減りにくくなり、さらに、借入を繰り返してしまいやすいので、元金がなかなか減りにくいメカニズムなっているのです。

多重債務・借金地獄になった時の対処法

  1. 現状の残高・月々の返済額の確認
  2. 借り換え・おまとめローンを活用を考える
  3. 債務整理・自己破産を視野に入れてプロに相談

まずは、現状の借り入れている状況を、自ら分かっていないと話になりません。
しかし、多くの多重債務者や借金地獄になってしまった方は、意外と気づかないうちに第1段階を通り過ぎてしまって、最終段階まで進んでいる時が多々あります。

自分の借り入れ残高の総額を把握しなければなりませんが、借金地獄に陥る方の大半は、複数のカードローンから借り入れして、現在の借入額が把握出来ていない方が多いです。
それが、自分の返済能力を超えているかも分かっていない事も…。

複数のカードローンに渡って借りている場合、意外とすべてのカードローンの金利が高い状態で返済していることが多いです。
そこで、おまとめローンなどのカードローン1社にまとめると、金利が低く出来ます。

4社で50万円ずつ借り入れているのであれば、合計で200万円となりますが、50万円の限度額で契約する場合、消費者金融であれば年18%の金利で契約することになります。
その200万円の借入額を、銀行カードローン1社にまとめると、年10%ほどの金利になることが多いです。

年1%や2%の金利が下がれば、かなり利息を抑えることが出来るので、約8%の金利が下がるとなると、総支払額の軽減につながることも可能です。
それにより、月々の返済計画も出来ますし、自分の置かれている状況が見えてきます。

これは最終段階になりますが、やはりどうにもこうにも返済が出来ない状態になっているなら、弁護士や司法書士に相談して、解決策を見出すようにしてもらいましょう。
おまとめローンは、すべての方が通るわけでもありませんし、大きな限度額を契約することは、貸す側の金融機関も審査は厳しくなるわけです。

すべての多重債務者が自己破産に向かうわけではありませんので、任意整理・特定調停・個人再生と流れは変わってきます。
最終的に、返済不能となれば自己破産への手続きになってきます。

しかし、少しでも返済出来る状態なら、任意整理や特定調停で話を進めていくようにしましょう。
自己破産は相当な人生設計のダメージが大きいです。

「簡単に困ったお金を解決します」など悪徳業者も存在しますので、しっかりとした弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ