即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

自動車ローンも保証人が必要になる事もある

車の購入資金があれば、現金一括で支払うことが1番無難な支払方法になります。

しかし、100万円ほどの低価格な部類に入る車から、300万円以上などの高額な車など、価格はかなり幅広くなります。
高額な車は、一括で支払うことが難しいケースも多く、ローンを組んで支払いすることが多くなります。

この自動車ローンを契約する際に、申込者の条件や状況次第では、保証人を求められる場合はあります

ディーラーローンや銀行などのマイカーローンなどでも、原則保証人が不要とされている事が多いです。
しかし自動車ローンとなると高額な借り入れになる事がほとんどです。

カードローンでは、無担保・保証人なしで利用しやすいローン商品になっていますが、高額な借り入れには向いていません。

保証人が必要になるケース

借入額が大きくなると、保証人が必要になる事が必要になる場合が出てきますが、それだけが保証人が必要になるケースではありません。

  • ローン契約者が未成年
  • 勤続年数がかなり短い
  • 収入が不安定
  • 他の借り入れが大きい(住宅ローン以外)
  • 年収に対して年間の返済額が一定以上

ローンを契約する場合は、未成年自体では契約することは出来ません。
親の同意書・保証人が必要になります。
基本保証人は親族以外でも良いですが、未成年となると親族などを求められるケースも多いようです。

勤続年数は1年未満になっていると、保証人をつける必要性が出てくる可能性が高いです。
最低1年以上でも大丈夫ですが、確実性を求めるなら2年以上の勤続年数が良いですね。

収入が安定していないとされるのが、パート・アルバイトの方々があげられます。
絶対に保証人を付ける必要はないですが、正社員よりは保証人を求められる可能性は高いです。

年収に対しての返済額の割合は、約30%ほどがボーダーラインかもしれません。
金融機関によって基準は違います。

連帯保証人になれる人

誰でも保証人として出来るわけではありません。

上で紹介した保証人が必要になるような方では、契約者と変わらない信用度なるので、なかなか保証人として認めてもらえないです。

成人なのは当たり前ですが、契約者よりも返済能力が高いと判断される方で、目上の方や年齢的に高い方になります。

一般的に、両親や親族がなる場合が多いですが、親族以外でも職場の上司でも問題はありません。

保証人を不要にする場合

どうしても保証人を頼んだりするのが嫌な場合もあると思います。

そういった場合は、車のグレードを下げたり、最初に払う頭金の額を増やしたりして、ローンに充てる金額を少なくする事で、保証人が不要になる事もあります。

しかし年収が十分にあり、他の借り入れもそれほど無いのにも関わらず、保証人が必要となるには、勤続年数が短いかもしれません。
車の購入を待てるのなら、勤続年数を増やすのも考えましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ