即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

自動車ローンの審査で落ちる理由・原因

車を購入するとなると、購入費を貯めて一括で支払う事も出来ますが、なかなかすべてのお金を用意することは出来ないケースが多いです。

セカンドカーや中古車で価格が低い車なら、一括で大丈夫ですが、メインの車や高級車になると自動車ローンを組んで、分割で支払っていくのが現実的です。

自動車ローンは、販売店などが取り扱っている「ディーラーローン」と銀行などの金融機関のローン商品の1つに「マイカーローン」などがあります。

多くの場合、販売店に出向いて車の購入と同時に、ローン契約も出来る手軽な「ディーラーローン」を利用される事が多いです。

マイカーローンも手軽と言われているディーラーローンでも、当たり前ですが審査を受けて、認めてもらってから契約となります。

ディーラーローンは販売店が審査するわけではありません。
販売店と提携している信販会社が、車の購入者・契約者を審査する事になります。

マイカーローンの申込出来る条件

「マイカーローン」を利用するためには、申込資格を満たしている事が条件になります。

    申込出来る条件の一例

  • 20歳以上65歳未満
  • 年収200万円以上
  • 勤続(営業)年数1年以上

各金融機関のローン商品の内容を見てみると、利用できる条件が載っています。

まずは成人していることが条件になってきます。
さらに完済するまでの年齢が70歳までや、契約時の年齢が65歳までなどがあります。

年収が200万円以上としているところが多いですが、安定していることも条件になります。
さらに、勤続年数が1年以上なのも条件になります。

審査に落ちる理由

上の条件を満たしていても、審査に通るのが100%と言うわけではありません。

  • ローンとなる金額が大きい
  • パート・アルバイト・自営業
  • 離職率が高いとされる職業
  • 他の借り入れが多い
  • 年齢が若い・高齢

申込条件の範囲内の年齢でも、20歳前半や60歳を超えるギリギリになってくると、審査が厳しくなる場合が多いです。

管理人の考えも入り絶対ではありませんが、高級車になるほど格好良く魅力のある車が多くなります。

しかし、年収は低いが200万円は超えていても、ローンに充てる金額がかなりの物になると、審査に落ちる原因になります。

ローンで分割をして高級車でも買える事は出来ますが、1年間の返済額が年収の3割を超えてくると厳しくなります。

年収300万円の方では、1年間の返済額が90万円あたりになります。
これを12ヶ月で割ると、8万円弱ぐらいになります。

返済期間は5年・7年や、長いローンで10年ぐらいになる物もあります。

返済期間を長くすれば、月々の返済額も少なくなるので、購入できる車は増えるかもしれません。
その分、払う利息は増えるので、総支払額は車購入金額よりは増えていきます。

あと、年収の条件は超えていても、収入の安定性が欠けると言うことで、パート・アルバイト・自営業などで、ダメになることもあります。

「自動車ローンも保証人が必要になる事もある」でも解説しましたが、すべての事でも連帯保証人を立てることで、自動車ローンを契約出来る場合があります。
これは、審査する側が求めてきた場合です。

延滞・債務整理などの異動情報ありは難しい

連帯保証人を付けると、どんな場合でも契約出来るわけではありません。

過去に、返済の延滞や多重債務から任意整理・個人再生・自己破産など行った場合、信用情報機関に異動情報が載ることになります。

よく言われるのが「ブラックリストに載る」と言うことでしょうか。

信用や返済能力がボーダーライン上にある方で、万が一に備えて保証人を立てる事があります。

異動情報がある方は、信用度ではかなり低い部類になってしまい、再度返済が滞ってしまう可能性があります。

それでは、保証人に迷惑をかけるだけですし、審査する側もそういった方は、そもそも通さないようになっている場合がほとんどです。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ