管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

住宅ローンの種類と使い道

家を購入する際には、ローンを組んで購入されるケースがほとんどになります。
しかし中古物件・比較的安い物件や逆に高額な物件になってくると、一括で購入されるケースが増えます。

住宅ローンと一口に言っても、大きく2つの種類に分けることが出来ます。
各自治体や企業の福利厚生で融資される「公的ローン」と銀行・信用金庫や信販会社からJAなど民間企業が独自の商品として展開している「民間ローン」と言われているものがあります。

皆さんも一度はCMなどで、目にしたり耳にしたりしたことがあると思います「フラット35」と言う長期固定金利の住宅ローンもあります。

民間の金融機関が窓口となり取り扱っているので、民間ローンとなりますが、金融機関独自の住宅ローンとは別になります。

金融機関等の種類 融資条件など
公的ローン 自治体融資
  • 一定期間以上その自治体に在住・勤務されている方など
  • 自治体融資を設けていない場合もある
財形融資
  • 財形貯蓄を1年以上継続で残高が50万円以上の方
  • 年齢70歳未満
  • 財形貯蓄残高の10倍の額(最高4,000万円)まで融資
民間ローン バンク系(銀行系、信用金庫、信用組合、労働金庫など) 基本的に申し込み条件を満たしていれば、誰でも申し込める
ノンバンク(信販会社、クレジット会社など)
JA(農協) JAの組合会員向けになるローンで、組合会員でないと使えない
生命保険会社など 利用する生命保険会社の生命保険に加入しているのが条件などがある
フラット35
(住宅金融支援機構)
日本国籍や永住権を得ている方で年齢など満たしていれば良い

住宅ローンの使用目的

住宅ローンは新築を購入するためだけのローンではありません。
住宅ローンを利用する目的が違う商品が、数多く取り揃えられているのが現在では当たり前です。

住宅ローンの種類 使用目的内容
新築購入・建設 一番イメージされやすい住宅ローンで、家を建てる費用や購入費用になるローン
中古物件 新築とは違い、中古住宅を購入するためのローン。違いがない場合もある
借り換え すでに住宅ローンを利用している方が、金利などで条件が良くなる新たな住宅ローンに変えるローン
住み替え 今住んでいる住居を売却して、不足金額と新たな購入費を合わせた総額をローンする方法
つなぎ融資 物件引渡しまでに発生した費用を払うローン
リフォーム 建て替えまでではないが、住宅内部の内装や水周りなどを新しくする為のローン
セカンドハウス すでに住んでいる住宅以外に別荘や住宅を購入するためのローン
諸費用 通常の住宅ローンは住宅購入費だけに使うもので、中古物件の仲介手数料・保証料・登記費用などの諸費用を支払うためのローン
アパート アパート・マンションなどの賃貸住宅を建設や購入・取得するためのローン

多くのローンの種類を書きましたが、新築ローンや中古住宅ローンなどの区別がない事が多いです。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ