管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

住宅ローン金利の固定と変動のメリット・デメリット

「固定金利」「変動金利」は住宅を購入される・検討している方やローン契約を経験された方なら、一度くらいは目にされたりした事があると思います。

住宅など高額な一生に一度の買い物とされるものでしたら、慎重にローンを考えている事でしょうが、少しの金利の差で利息が変わってきます。

現在では、固定金利と変動金利をセットにしたような「固定金利特約(期間選択)型」と言われる住宅ローンの商品も出てきています。

金利それぞれのメリット・デメリット

各金融機関で金利は違うのは当たり前ですが、金利の種類を選ぶことも重要になります。

固定金利・変動金利・固定金利特約型それぞれで、特徴も違えばメリット・デメリットも出てくることになります。

固定金利の特徴とメリット・デメリット

固定金利の特徴と言えば、何と言っても「返済終了まで契約した金利が変わらない」というものです。

ですので、返済する総額も契約した時点で把握することが出来て、返済計画などが立てやすいものになります。

メリットとしては、景気が上昇し市場金利が上昇しても、固定金利は契約していれば、住宅ローン金利は上昇することがありません。

反面、住宅ローンを契約した時点で、景気は下がらないと判断していても、景気は生き物ですので下がる場合もあります。

その時に固定金利はそのままですので、他に比べて高金利で返済していることもありえます。

さらに固定金利自体が、変動金利に比べては金利は高いものです

変動金利の特徴とメリット・デメリット

変動金利の特徴は、同じ金融機関の住宅ローンなら固定金利に比べて金利は低く設定されています。

金利の見直しは半年毎にされ、短プラ(短期プライムレート)が下がれば、変動金利も下がりますので、契約中でも金利が下がることもあります。

反対にデメリットとして、短プラが上昇すれば変動金利も上昇しますので、下がると思っていた金利が上がってしまい、予想とは違い支払い総額は増えてしまうことも多々あります。

ですので、返済計画は固定金利よりは立てづらいものになります。

しかし、金利が変われば返済額が、その都度変わるわけではありません。
5年毎に返済額が見直しされます。

その間の変動は、返済額に占める利息の割合が上下していきます。
金利が上がれば利息の割合が増え、元金の減りが遅くなり、支払い総額が増えると言う事になります。

固定金利特約型の特徴

住宅ローンを契約する際に、初めの固定金利にする期間を選ぶことの出来る住宅ローンになります。

2・3・5年や10年と複数の期間から選べることが出来て、15年・20年と長い固定金利を選ぶことも出来る金融機関もあります。

この固定する期間を長くすれば、金利も高くなる事になります。

その期間が過ぎれば、新たに固定金利か変動金利を選ぶことになり、契約当初より金利が下がっていればメリットになりますし、上がってしまっていればデメリットにもなります。

金利が上がってしまったので変動金利に変えると、金利を低く契約出来ますが、そのまま金利上昇が続く場合も出てきます。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ