即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

注文住宅で必要になる「つなぎ融資」とは

人生で1度きりの最高額の購入となる事が多いものと言えば、住宅になると思います。

やはり自分が住むのはもちろん、子どもや家族全員が住む家には、こだわった家が良いと思う方も多いので、「注文住宅」の人気が高いです。

建売住宅やマンションには満足できない方が、1から工務店の方と相談しながら、自分の思い描いたマイホーム作りが出来るのが注文住宅の特徴です。

注文住宅の場合は、住宅が出来上がるまでの費用が事前にかかってきます。
その費用が自己資金では用意できない場合に、「つなぎ融資」を利用することになります。

つなぎ融資で支払う費用

注文住宅などで住居が建つまでに必要になるつなぎ融資で支払う費用は、「着工金」「中間金」完成時に支払う「残金」などがあります。

着工金が支払うことが出来なければ、家の建築は始まりません。
中間金も払うことが出来なければ、建築は途中でストップしてしまいます。

支払いの回数と支払い時の割合は工務店によって様々ですが、3回か4回ほどで均等に払う場合や、初回を1割程度であと3回を均等になどあります。

住居完成前に住宅ローン契約は無理

注文住宅でも、住宅ローンだけですべての支払いが出来れば簡単ですが、それは無理です。

分譲マンションや建売住宅などは、住居の所有が本人のものになり、それを担保に住宅ローンを借り入れることが出来ます。
(登記や抵当などは難しいので簡単に説明しました。)

しかし、注文住宅ではまだ担保となる住居は建っていない状況ですので、住宅ローンの契約は出来ません。

ですので、住居が完成し所有者が契約者に代われば、住宅ローンの契約を引き続き行います。

ここで注意したいのが、つなぎ融資はA銀行で住宅ローンをB銀行と分けることは出来ません。
つなぎ融資が必要なら住宅ローンも、同時に申し込み事になります。

さらに、土地がなければ家は建てられません。
土地購入費もローンを組むと思われますが、それも同じ金融機関となる事が基本です。

つなぎ融資と住宅ローンの流れと諸費用

つなぎ融資はすべての金融機関で取り扱っているわけではありません。

注文住宅で事前資金が用意できない場合は、良い住宅ローンだけでなく、つなぎ融資も取り扱っているか確認してください。

土地がないと建物は建てられませんが、土地がある状態からローンの流れを解説します。

  • 工務店を決めて契約・住居設計
  • 金融機関につなぎ融資と住宅ローンを申込
  • 事前審査開始
  • 審査通過からつなぎ融資を受ける
  • 融資されたお金で工務店に「着工金」を払う
  • 住居の工事開始
  • 棟上終了時などに「中間金」を払う
  • 住居完成
  • 住宅引渡し・登記を行う
  • 住宅ローンの本審査開始
  • 住宅ローン融資
  • 工務店へ「残金」を払う
  • つなぎ融資元金を住宅ローンで完済
  • 住宅ローン返済

一般的な流れはこういった感じになります。

つなぎ融資にも金利は発生し、それ以外にも手数料や印紙代など諸費用がかかります。
住宅ローンだけでも色々かかる上に、つなぎ融資は別でかかってくるので、なるべく自己資金を用意しておく必要があるでしょう。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ