即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

教育ローンの種類と選び方

高校や大学の進学資金や授業費など、勉強に関してお金がたくさんかかる事があります。
今の家庭の経済状況では、なかなか資金を工面出来ないとなると、お金を調達する必要性が出てきます。

多くの方は、「奨学金制度」を利用されることが多いですが、その他にも教育ローンと言うものがあります。
奨学金制度は「」と「」で解説しています。

奨学金では間に合わなかったり、審査自体に落ちた方などが教育ローンを利用される場合が多いです。

教育ローンは大きく分けると2つに分類されます。
1つ目が国が取り扱っている教育ローンで、日本政策金融公庫「教育一般貸付」というもので、「国の教育ローン」と一般的には言われているものです。

2つ目が、銀行・信用金庫・労働金庫・JAバンクなど、いわゆる民間金融機関が独自のローン商品として取り扱っている教育ローンがあります。

奨学金制度や国の教育ローンには、家庭における所得制限があり、申し込みが出来な可能性がある場合も出てきます。

その場合は、民間の教育ローン1本に絞って探された方が良いです。

民間金融機関の教育ローン

民間の教育ローンの特徴は何と言っても、各金融機関で様々なバラエティーに富んだ教育ローンが用意されている事です。

国の教育ローンに比べると、多少金利が高い場合もありますが、所得制限もなく利用しやすいです。

さらに最近では、ネット専業の銀行などでも教育ローンを取り扱っており、国の教育ローンと変わらない金利が設定されている場合もあります。

民間と国の教育ローンの比較
金融名 金利 限度額 期間
三菱UFJ銀行 4.475% 500万円 10年
みずほ銀行 3.475% 300万円 10年
住信SBIネット銀行 1.775%~3.975% 1,000万円 15年
京都中信 2.500% 500万円 10年
国の教育ローン 2.25% 350万円 15年

(2015年4月現在)

民間の教育ローンの多くは変動金利を採用しているケースが多いですが、一緒に固定金利も選べる場合もあります。
この表の中では、みずほ銀行が変動金利と固定金利と両方から選ぶことが出来ます。

国の教育ローンは固定金利で低金利

多くの金融機関が変動金利を採用していますが、国の教育ローンは固定金利となっています。

変動金利と固定金利では、同じ金融機関では変動金利の方が金利が低くなるのが普通です。

国の教育ローンは固定金利ながら、民間の変動金利の教育ローンより低い金利になっているのが魅力的です。

変動金利は景気の良し悪しで、金利も上下しますので、国の教育ローンに迫る場合も出てくる可能性はあります。

さらに、民間ではキャンペーンやネット申し込みをすると、金利優遇などがあります。

所得制限はあるが金利の低い国の教育ローンを選ぶか、金利は高いがキャンペーンなどを利用して金利を抑え、所得制限のない民間教育ローンを選ぶかは、家庭の状況によって変わってくるでしょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ