入学費・授業料などの費用を工面することが難しい場合に、教育ローンを検討されることが多いと思います。

その教育ローンは大きく分けると2つに分類され、1つが日本政策金融公庫が取り扱っている「教育一般貸付(国の教育ローン)」と、銀行や信金・労金などの民間の金融機関の教育ローンになります。

教育ローンとは別に、奨学金で教育費などのお金を用意することも可能です。
奨学金の中には、給付型もあり返済しなくても良いです。

国の教育ローンや奨学金制度には、世帯の年収制限があり、利用できないケースも出てきます。

「教育一般貸付(国の教育ローン)の利用する条件」はこちら

そういった場合に利用されるのが、民間の教育ローンです。

国の教育ローンは、限度額350万円(留学の場合450万円)・金利2.25%(2015年4月現在)と1つに限定されます。

ですが、民間の教育ローンは各金融機関で内容は様々になっています。
自分に合った教育ローンを探すと良いでしょう。

民間教育ローンの比較

金融名限度額金利タイプ期間
三菱UFJ銀行500万円4.475%変動10年
三井住友銀行
(無担保型)
300万円3.475%変動10年
みずほ銀行300万円3.475%変動・固定10年
住信SBIネット銀行1,000万円1.775%~3.975%変動15年
京都中信500万円2.500%変動10年
中央労金1,000万円2.700%変動・固定15年
アイフル100万円9.8%~12.0%固定4年10ヶ月

(2015年4月現在)

大手や主要な金融機関を例に見てみました。

最大限度額全て借り入れることはあまりないと思いますが、300万円~1,000万円の間で設定されているのが一般的です。

金利も変動金利が民間では多く、2%半ば~4%台となります。
国の教育ローンは固定金利ながら、民間の教育ローンより低い金利で借り入れるので、返済完了まで同じ金利で大丈夫です。

民間の教育ローンは、期間限定キャンペーンやその金融機関の住宅ローンを利用していると、金利が優遇されて国の教育ローン並の金利におさえる事も可能です。

表の最後に消費者金融のアイフルで、目的限定するローンがあり、通常のカードローンより金利が低くなるものもあります。

とは言っても、金利は銀行などよりは高く限度額も狭くなります。
審査が緩いかもしれませんが、意外とまとまったお金が必要になる教育費では、やはり銀行などの方が良いでしょう。

支払い済みでも教育ローンで借り入れ

大学のどの入学金は20万円~40万円とまとまったお金が必要になります。
医歯系などの大学では100万円を超えるのが多いです。

何と資金を用意できたとしても、今後の生活資金に余裕が無くてはいけません。
入学後も授業料や教材費など、様々な費用が必要になる事が出てきます。

そういった場合に、支払い済みの入学金も含めて教育ローンで借り入れることは可能です。

半年など長期に過ぎたものはダメですが、金融機関で異なりますが1~2ヶ月の猶予がある事があります。

納付書や領収書を提出する必要があるので、無くさないようにしましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン