管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

奨学金の基礎知識

教育にはお金がかかります。

高校・大学入るためのまずは受験費や、合格後は入学費・授業料・施設設備費など、他にも数え切れないほど費用が必要になります。

事前にある程度貯めていても、足りなくなったりすることは出てくるものです。

その場合にお金を借り入れる事になると思いますが、そうなった時には「奨学金」を検討される事になるでしょう。

他にも民間の教育ローンなどもありますが、奨学金には様々なメリットがありますので、そちらを検討される方が良いと思います。

「銀行・教育ローンの特徴と比較」はこちら

奨学金とはいったい何?

奨学金は聞いたことのあるフレーズだと思いますが、どの様なものなのか分からないことも多いと思います。

審査基準とされるものが、通常のローン商品とは違ってきます。

通常の場合は、借り主に返済能力が有るか無いかの判断で、契約するかどうか決められるものです。

しかし、奨学金は「学生本人」がある一定の学力以上あり、勉学や進学に意欲があるにも関わらず、経済的理由でそれが妨げられているかどうかが判断材料になります。

奨学金のメリット

  • 学生本人と契約
  • 返還(返済)は卒業後
  • 借金でもイメージは悪くない
  • 低金利

上で言いました「学生本人」の勉学・進学に対しての貸付ですので、契約するのも学生本人になります。

ですので、家庭的にお金に困っていて、最悪の場合の親が異動情報(通称:ブラックリスト)に載っていても、あまり影響を受けずに審査されます。

学生本人が返済することになりますが、それは学業が終わった卒業後、就職されてから返済が開始されます。

奨学金は勉学・進学などに関しての貸付ですので、ローンと聞く場合と奨学金と聞く場合とでは、イメージはかなり違います。

あと金利が低いのもメリットになります。
上限で3%となっており、民間の教育ローンでは4%~5%と比べると低い傾向です。

さらに奨学金の種類によっては無利子のものもあり、貸し付けてもらった金額だけ後々返還するするだけでよいものあります。

奨学金のデメリット

  • 利用できない事もある
  • 借金である。返済も長期

審査項目や内容が違いますが、通常の教育ローンなどと同じで、申請したからと言って全ての学生が利用できるとは限りません。

学力もある一定以上ないと利用できないや、申し込みの時期が決められている場合も多いので、気をつけておきましょう。

学生が初めて背負う借金なのではないでしょうか。
給付型の奨学金もありますが、様々な条件をクリアーしなければいけません。

高校生活・大学生活の間全て、奨学金を利用していると、かなりの金額を貸し付けてもらうことなります。

返済期間は10年・20年続くことは当たり前ですので、月々の返済金額が少なくても安心しないようにしてください。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ