即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

お金を借りる方法

お金を増やす方法は、「仕事先や稼ぎを増やしてお金を増やす」「支出を減らして手元のお金を増やす」など、入ってくるお金を増やすか出ていってしまうお金を減らすかの2択になります。

それとは別に、一時的にお金を借り入れる事で、手元のお金を増やして目的に使う方法もあります。
多分ですが、このページに来られている方は、借りる方法を探されていると思います。
簡単に言うとどこからか借金をすることです。

お金を借りる理由は人によって様々ありますが、「急な出費が出来てしまった」「絶対に欲しいものがある」「最近お金を使いすぎた穴埋め」など、他にもいっぱいあるでしょう。

まずどこでお金を借りるのか?

お金を借りることを考えることは良いですが、どこで借りれるのか知らないと話になりません。
10代や若い頃に、友人などからお金を少し借りた事のある方は多いと思います。
これも実際に言うと借金になります。

友人や親などから借金をして、そのまま返さずにいる方もいませんか?
「借りパク」など言われているかもしれません。
なかなか貸した側も、「返して!!」と言いづらく関係が悪くなる可能性があるので、個人間のお金の貸し借りはあまりオススメしません

  • 国・自治体から借りる
  • 銀行や信金などから借りる
  • 消費者金融から借りる
  • 信販会社などから借りる

上の内容が、企業や個人事業主、さらには個人が借りる先となるところになります。
これ以外で借りる先となるのは、クラウドファンディングというのがありますが、借りると言うよりも事業に対して投資をしてもらい、物やサービスで返還したりする「非投資型」と、お金で返還する「投資型」などがあり、ここでの借りるとは少し意味が変わってくるので、省きます。

國や自治体からお金を借りる

皆さんは国や自治体でお金を借りることは、あまり馴染みがないかもしれません。
私もその一人ですが、知人などが事業されていたりすると、「国金(こっきん)から借りたよ」などの内容を聞かれた経験があるはずです。

国金と聞いても、ピンとこない方も多いかもしれませんが、正式名称としては「日本政策金融公庫」という名称で、日本公庫と略されたりもします。

日本政策金融公庫は、新規事業をされる方や事業拡大など、様々な状況に応じて融資してくれる特徴があり、さらに金利がとても低いと言えます。
日本政策金融公庫について
日本政策金融公庫の公式サイト

國以外では、自治体で相談を受け付けている形で、社会福祉協議会が行っている「生活福祉資金貸付制度」というものを利用して、お金を借りることが出来ます。
一言で「生活福祉資金貸付制度」と言っても、4つの種類があり、「統合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」となっています。
借りる方の状況によって、借りる限度額や内容が変わっています。
「生活福祉資金貸付制度の借りる条件」
生活福祉資金貸付制度|厚生労働省 公式サイト

國や自治体などから借りる場合でも、最終的には返済しなければいけません。
金利が発生しないものなどもありますが、基本的には利息が発生すると考えている方が良いです。

貸金業者や銀行で借りる

一般的にお金を借りるイメージがあるのは、銀行と消費者金融の2つを挙げる方が多いと思います。

銀行で借りるものとして例を挙げると、住宅ローンやカーローンなどを思う浮かべる方が多いのではないでしょうか。
このような利用する内容が決まっているローンは「目的ローン」と言って、銀行が貸し付ける金利も低く有効利用する事をオススメします。

消費者金融は目的ローンが主力というわけでなく、カードローンと言われる個人向け無担保ローンになります。
使用用途は原則自由で、銀行などの高額な限度額で担保や保証人が必要になるのとは違い、担保や保証人は必要としません。
さらに、借り入れ・返済を契約した限度額内だと何度でも繰り返して使えるのが特徴です。
しかし、消費者金融のカードローンは少し金利が高いのが難点かも知れません。

一方、最近の銀行にもカードローンがあり、金利が消費者金融に比べると低いのが一般的です。
ですが、審査においては消費者金融より厳しいと言われています。

それともう1つのクレジットカードなどを発行している信販会社で借りる事も出来ます。
クレジットカードを持っているとキャッシング機能を付けている可能性があります。
さらに、車を購入する際にディーラーローンを利用される方も多いですが、ディーラーローンは信販会社と契約している事になります。

借りるまでの流れ

借りるところが分かっても、どうしたらお金を借りる事が出来るのか分かりますか?

  • 1.カードローンに申込をする
  • 2.審査を受ける
  • 3.在籍確認される
  • 4.審査通過
  • 5.振込・ATMで借入

借入までの基本的な流れは、このような感じになります。
消費者金融でも銀行でも流れは変わりません。

カードローンの申し込みをしなければ始まりませんが、最近の申込方法は、パソコンやスマホのネットからが主流になっています。
ネット申込をするメリットは24時間受け付けている事です。
さらに、郵送とは違いカードローン会社もすぐに審査に入る事が出来て、申込者も早い審査回答を受けるメリットが生まれます。

借りる場所・借りる方法が分かれば、自分にあったカードローンを選ぶだけですので、じっくり考えて申し込みをしましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ