管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

オリックス銀行カードローンの審査の口コミや評判チェック

オリックス銀行1オリックス銀行はオリックス株式会社傘下の信託銀行で、その中の商品としてカードローン業務を、2012年から展開しています。
そのオリックス銀行のカードローンは、その名の通り銀行カードローンとなっています。
銀行カードローンという事で、安心と信頼できるカードローンと言えます。

銀行カードローンを選ぶ場合に、よく聞かれる理由が低金利だということです。
その中でも、オリックス銀行は年利1.7%~17.8%と業界最低水準の金利になっています。
借り入れの限度額のコースが高額になるにつれて、金利が低くなります。

使用用途は自由※なので、生活費やショッピング・旅行費など様々な使い方も出来て、さらには限度額が大きいのでは複数の借り入れがある時は、その借り入れを一本化する『おまとめローン』などにも利用者しやすいと思います。

※ただし、事業性資金にはご利用いただけません。

オリックス銀行カードローンの詳細
実質年率 限度額 約定返済額(残高10万円)
1.7%~17.8% 最大800万円 7,000円
審査 返済方法 返済方式
最短即日 口座引落
振込返済
ATM返済
残高スライドリボルビング方式
総量規制 担保・保証人 貸付条件
対象外 不要 申込時、満20歳以上69歳未満で安定した収入がある方
主要提携コンビニATM
セブン銀行ATM、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行

公式サイトボタン

即日融資は可能なの?

オリックス銀行カードローンの公式サイトに「最短即日審査可能」と書いていますが、最短即日融資が出来る可能性は低いと言えます。

カードローン申し込み後に「在籍確認」「必要書類の提出」などあり時間がかかります。
公式サイトにも審査結果には2~3日ほどかかると書かれていますし、土日などが入ると5日以上かかってしまう事もあります。
即日融資はあまり得意なカードローンと言えないかもしれません。
ですが、申し込みから書類の提出・契約すべてがネット上で完了するので、来店する必要も無く簡単に利用出来ます。

カード発行後では、最短即日融資が可能となっているので、安心しても大丈夫です。

申込や審査時に必ず必要になる書類

オリックス銀行カードローンで必ず提出しなければいけないのが、申込者本人を証明するするための「本人確認書類」になります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード
  • 日本政府発行のパスポート
  • 在留カードor特別永住者証明書

上記のいずれかの写し1通を提出する事で、オリックス銀行カードローンでは本人確認書類となっています。
ほとんどの方は、運転免許証の提出をされることになると思いますが、「氏名」「生年月日」「現住所」が確認出来るところを提出しなければ、本人確認書類として認められません。

私もそうでしたが、運転免許証の更新までに引っ越しをしたので、免許証に記載される住所変更を警察署で行いました。
その際、裏面に引っ越し先となる現住所の印字がされます。
カードローンの申し込みは、現住所で行うことになるので、この場合は裏面の写しも提出することになるので、注意してください。

運転免許証以外の提出でも気を付ける点はあり、健康保険証では家族分全て含めた通院歴などの記載は消してから提出や、個人番号カードの裏面には番号が記載されているので「表面」のみ提出するようになっています。

オリックス銀行カードローンで、本人確認書類の提出するタイミングとなるのが、ローンカードが発行されてからになります。
申込や審査の時に提出する場合のカードローンもありますが、オリックス銀行カードローンではローンカードが届いて提出をすることで、届いたローンカードが初めて使えるようになっています。

提出が必要になるかもしれない書類

本人確認書類は必ず提出する必要がある書類でしたが、契約内容によって提出する書類が増えてくることになります。
オリックス銀行カードローンでは、利用限度額300万円を超える場合になると、本人の収入がどれだけあるか証明する「所得証明書類(収入証明書)」が必要になります。

所得証明書類一覧
勤務されている方
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)※
個人事業主・会社経営の方
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)※

※ 税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要

300万円を超える場合も必ず必要になりますが、300万円以下の限度額であっても、契約者の審査結果によっては、提出が必要になる場合もあるので、用意を事前にされているか確認を取っておいた方が良いと思います。

オリックス銀行カードローンの在籍確認

申込者がカードローンを申し込みする時に記入した勤務先へ、実際に勤めているのかの確認作業となる「在籍確認」が行われます。
オリックス銀行カードローンでも、審査の最終段階として「在籍確認」が勤務先に必ず行われることになっています。
在籍確認は、審査の中でも重要な項目となっていますので、在籍確認を逃れることは出来ません。

しかし、申込者が緊張する必要もなく、オリックス銀行カードローンの在籍確認は勤務先へ「電話れんらく」で行われ、担当者の個人名でかかってくることになります。
もし、勤務先の同僚などが電話に出ても、カードローンを申し込んだことはバレません。
聞かれる内容も「○○(個人名)と申しますが、○○(申込者名)様はいらっしゃいますか?」というような内容になります。
同僚や会社関係者の方が、「在籍しております」「ただいま席を外しております」など、会社に在籍している・勤務している確認が出来ればOKです。

口座開設もせずに、さらに使い勝手が良い

銀行カードローンの多くは銀行口座を開設しないと、そもそも利用できないカードローンが多い中、オリックス銀行は他金融機関の口座でも利用出来ます。
さらに、ジャパンネット銀行の口座なら原則24時間365日で振込が可能になります。

おまとめローンにおススメ

オリックス銀行カードローンは限度額にかなり余裕がある最高800万円となっています。
限度額に余裕があると、他社からの借入が複数ある場合に借り換えがしやすいと言えます。

限度額による金利の変化
コース 限度額 金利
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

さらに、おまとめローンとなると借入額は高額になり、それに伴い金利も低くなっていきます。
オリックス銀行カードローンでは下限金利が1.7%となっており、目的ローン並みに低金利に設定されています。

オリックス銀行おまとめローン
金利1.7%~17.8%の下限金利1.7%は、最高800万円の限度額まで増額出来れば設定される可能性はあります。
収入証明書が原則不要な限度額300万円以下でも、金利5.0%~12.8%に設定されており低金利に違いありません。

消費者金融や少額の借入をしている場合には金利が15%~18%になっている場合が多いので、金利が5%前後低くなる可能性があり、返済日も1つにまとまるので返済日に追われることも少なくなります。

公式サイトボタン

オリックス銀行カードローンの口コミ・体験談・評判

女性30代・女性
金利が低いオリックス銀行カードローンを利用


お金が必要になり、お金を借りようと考えた時にどこから借りたらいいのか?と悩みました。
キャッシングとカードローンの違いも分からないぐらいお金を借りる事には素人だったからです。
そしてお金は消費者金融からも銀行からも借りれることを知りました。

お金を借りる時に一番気になるのが、金利なので金利が安い所から借りようと探していたら、オリックス銀行カードローンにたどり着きました。
オリックス銀行カードローンは金利が安かったので、ここから借りようと思いました。
申込みは簡単でした。オリックス銀行に新しく口座を作る必要もなく、自分が持っていた口座にお金を振り込んでもらうことができました。
ただ少し時間がかかったように思えます。
消費者金融のカードローンだったらもう少し迅速に対応してもらえたのかなとは思います。
この時の私はお金は必要でしたが、急いではいなかったのでよかったのですが。

男性40代・男性
金利が低くてお得だったオリックス銀行のカードローン


ブランド品を購入したら貯金が無くなり、お給料日が来るまでの生活費を工面するのが難しくなってしまったので、オリックス銀行のカードローンからいったん借入することにしました。

オリックス銀行のカードローンを選んだ理由は、消費者金融のカードローンより金利が低かったからです。
100万円未満コースなら12.0%から17.8%の範囲で金利が設定されます。
消費者金融のカードローンのほとんどで18%から20%ほどに設定されることが多いです。

オリックス銀行のカードローンへのお申し込みもインターネットで簡単でした。
審査はスピーディーでは無かったですが、ご利用はインターネットから24時間いつでも手続き出来て便利だったです。
ただジャパンネット銀行に口座を持っていなかったので、即日銀行口座に振り込んでもらいたいときは、平日15:00までに手続きすることが必要なのが難点です。

男性30代・男性
低金利が魅力のオリックス銀行のカードローン


オリックス銀行のカードローンを利用しています。
万が一の為のカードローンを持っていなかったので作っておこうと思い、オリックス銀行でローンカードを作りました。

オリックス銀行のホームページから申し込みをしました。審査はスピーディーに行われました。
必要書類は運転免許証と源泉徴収票だけでした。
その二つをアップロードするだけの簡単な作業で終わりました。
オリックス銀行からローンカードが送ってもらえました。

オリックス銀行のカードローンは、ご利用限度額の範囲内なら何度でも使えるので、キャッシングが必要な場合はATMを使用すればすぐにキャッシングできるので大変便利で使いやすく満足しています。
金利がすごく安く年利で10%を切っています。
キャッシングする時には金利の高さが気になりますので、オリックス銀行のカードローンを使用していて良かったと思います。
返済額も少額からの返済が出来るのでありがたいです

男性30代・男性
初めての銀行カードローン


私は普段銀行のカードも持たないのですが、ネットを見るといつもオリックス銀行カードローンが出てくるので、万が一の為、試しに作ってみました。

まず、ネットで申し込みして連絡を待ってると来ました。
電話がかかってきて、もう緊張しましたが対応して頂いた方が、すごい良い方で本当安心しました。

一通りの確認と案内を済ませて終わりでした!
感想としては随分簡単だなと思い電話を切りました。
後はカードを受け取るまで待ちます。

後日カードを受け取りいざ使ってみました!
これが便利なんです!
オリックスさんのカードローンは銀行系なので安心して使えるので、今ではお世話になってます。
金利も他のカードローンよりも低く設定されているので安心して使えると思います。
限度額も実績を作ればあげられると言われていたので、これからは実績を作ってもっと使えるようにしていきたいと思います

男性20代・男性
コンビニATMで簡単に利用できました。


オリックス銀行のカードローンが初めてのカードローンの申し込み・利用だったのですが、申し込みから実際に利用するまでの流れが、スムーズかつ簡単だったので初心者の私でも簡単に利用が出来ました。
利用限度額を100万円として申し込みをしたのですが、申し込み額が300万円までであれば収入証明書の提出が不要となっていたので、面倒な手続きの必要がなく申し込みが出来ました。

実際にお金を借りる際にはコンビニATMを利用したのですが、オリックス銀行はゆうちょ銀行やセブン銀行、全国のコンビニATMが提携ATMとして利用できるので、非常に便利だと思います。
いざ借りる際も自分の預金口座からお金を引き出すのと同じような感覚で借りることができたので、何も悩むことはありませんでした。
大変利用しやすいので、これからも困ったときには利用しようと考えています。

オリックス銀行カードローンの口コミなどの総評

当サイトに寄せられるオリックス銀行カードローンの口コミの多くは、「低金利」なカードローンとして人気があるようです。
あと、公式サイトにも書かれているように、おまとめローンや借り換えローンとして利用される方が覆いようです。

公式サイトボタン

オリックス銀行カードローンをオススメする方

  • 口座開設をしたくない方
  • 借り換えを検討されている方

口座開設をしたくない方

銀行カードローンを検討されている方で、悩まれる項目となりやすいのが「銀行口座を開設」することがあります。
多くの銀行では、そこのカードローンを申し込む場合に、返済用口座として口座を開設しなければならない事が多くあります。
しかし、オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行の口座を開設されなくても利用できるカードローンになっています。

カードローンを検討している銀行が、いつも利用している銀行で口座開設が必要な場合は、そのまま口座を登録するだけで大丈夫です。
しかし、新たに口座を開設しなければいけない銀行の場合は、口座開設までの時間が必要になります。

急いでいない方ならそれほど気にされることはないと思いますが、少しでも借り入れを早く検討されている方にとっては、数日間延びてしまうことは重要なことになります。

借り換えを検討されている方

口コミの多くにあるように、複数社で借り入れされている方で、「なるべく1社に借り換えたい口座」「おまとめローンを利用したい」を検討されている方には、オリックス銀行カードローンはオススメです。

上の方でもおまとめローンについて書いていますが、少額の借り入れを複数社にまたがって借り入れしている方では、例えば1社50万円ずつを3社で借り入れしていると、合計で150万円借り入れしている状態になります。
1社が少額であっても、借入先が多くなると知らないうちに多額の借り入れをしている方が多いです。

そういった場合は、1社の金利がかなり高い傾向があり、オリックス銀行カードローン1つで多くの借り換えにすると、金利がかなり下がる方も多いです。

さらに、返済日もオリックス銀行カードローン1つになるので、いつ返済しているのか気にする必要も少なくなり、返済計画も立てやすくなるので無駄な出費を減らしやすくなります。

オリックス銀行カードローンをオススメしにくい方

  • 審査や利用出来るまでの時間を重視される方
  • 初めて低金利カードローンを考えている方

審査や利用出来るまでの時間を重視される方

カードローンの利用を検討される理由として、「急な出費が出来た」「支払日にお金が足りない」など、急にお金の工面が必要になるケースが多いです。
そのような方は、審査時間が最短で短くすぐに利用できるカードローンを探されると思いますが、オリックス銀行カードローンは、そのようなすぐに利用できるカードローンには分類されないと言えます。

初めの項目でも書いたように「最短即日審査」と公式サイトにも書いているように、最短で当日に審査を回答してくれる場合もありますが、そのまますぐには利用できません。

借り入れ出来るまでの流れと時間

オリックス銀行カードローンの審査通過の回答が終わると、ローンカードが発行されて自宅に郵送されます。
郵送される日数が必要になるので、申込日や審査回答日によりますが、2日~1週間程度は計算にいれておく必要があると思います。
そこから、登録したEメールから「必要書類アップロード用URL」から本人確認書類などの必要書類を提出します。
そこから最終審査を終えて、到着しているローンカードが初めて使えるように設定されます。

確実に利用開始出来る日数は断言できませんが、2、3日~1週間ほどは必要になると思っておくようにしましょう。

初めて低金利カードローンを考えている方

口コミでオリックス銀行カードローンは低金利と書かれていることが多いですが、それは少し限定的なことと言えます。
初めてカードローンを契約される場合、適用される金利は上限金利となることが一般的です。
オリックス銀行カードローンの金利は「年1.7%~17.8%」となっており、上限金利は17.8%です。

この上限金利の年17.8%は、消費者金融が上限金利としている年18%~20%に、比較的近い金利と言えます。
銀行カードローンでは、上限金利が14%~15%ほどとなっている事が多く、それと比較するとオリックス銀行カードローンは高い上限金利と言えます。
ですので、初めてカードローンを検討される方は、少し金利が高いカードローンとなる可能性があります。

しかし、借り換えやおまとめローンとなると、借入限度額が大きくなり、金利も低くなります。
そうなると、金利が低いオリックス銀行カードローンと言えるので、おまとめローンなどは良いと言えます。

オリックス銀行カードローンの借入方法を見てみよう

無事にオリックス銀行カードローンを契約することが出来ると、借り入れを行うことが出来るようになります。

  • 振込融資
  • <提携ATM/li>

手軽で簡単な指定口座への振込融資

オリックス銀行カードローンでは、振込融資に対応しているカードローンです。
振込を申し込む方法は、「インターネット」と「電話」の2種類の方法がありますが、簡単な方法としてパソコンやスマホなどの携帯電話から「インターネット」を利用した方法が良いと言えます。

オリックス銀行カードローンでは、申し込みされる時に口座を登録することになりますが、その口座に振込を実行されることになります。
さらに、登録口座以外に、任意ですが「振込専用口座」を登録することが出来ます。
登録口座の方は、公共料金などの引き落としなどを利用されている口座を登録して、振込専用口座はプライベートな資金などお小遣いを振り込むなど、使い分けることが出来るので便利で分かりやすくなります。

振込融資の借り入れのやり方
  • 1.お客さま専用サイト「メンバーズナビ」にログイン
  • 2.「振込融資」を選択
  • 3.「借入希望額」入力、「振込口座」選択
  • 4.入力内容確認
  • 5.「振込融資を申し込む」を選択
  • 6.振込が実行

オリックス銀行カードローンの振込融資の流れは、上記の方法になります。
それほど難しい操作などはありませんので、指示に従って進むだけで、振込の申込が行うことができます。
「振込口座の選択」では、登録口座と振込専用口座の両方を登録されている方は、そのときに振り込んで欲しい口座を選択すれば良いだけです。

振込先となる口座が「ジャパンネット銀行口座」か「その他の口座」かによって、振込を受け付けている時間や振込が実行される時間に違いがあります。

ジャパンネット銀行口座の場合
曜日 受付時間 振込時間
平日 0:10~23:50 即時
土・日・祝日
その他の口座の場合
曜日 受付時間 振込時間
平日 0:10~8:40 即日 9:00~10:00
8:40~15:00 即日
15:00~23:50 翌営業日 9:00~10:00
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日 9:00~10:00

上記の表のように、ジャパンネット銀行口座を振込先として登録した場合は、基本的に土日や祝日関係なく24時間365日、即時に振り込みが行われるようになっています。
困ったときに即時に振り込まれるのは、大変ありがたいサービスです。
その他の口座では、平日の15時までに振り込みの申し込みをすると、即時ではありませんが即日に振り込みが行われるので、十分な振込時間と言えますが、平日15時以降や休みとなる土日・祝日では、金融機関の翌営業日までは振込は行われないので、ご注意ください。

振込手数料は、どこの金融機関の口座を登録しても発生しないので、頻繁に借り入れる方などでは、手数料を気にせずに利用できる点は良いと思えます。

外出先で便利に借り入れ「提携ATM」

外出先でお金が急に必要になったときに、いつも利用している銀行ATMがなかったり、口座には引き出すお金が入っていなかったりする場合には、オリックス銀行カードローンで提携しているATMを利用することで、外出先でも現金を引き出して借り入れすることが出来ます。

提携ATM
都市銀行・その他の銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行
コンビニ・スーパー
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イオン銀行
  • E-net(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップ、サークルKサンクスなど)

都市銀行や街中で見かけない日がないコンビニなど、多くの提携ATMがあるので、外出先で借り入れ出来ない心配はあまりしなくても大丈夫と言えます。

消費者金融やほかの銀行カードローンの多くは、提携ATMで借り入れする場合には、取引手数料が発生する場合が多く、提携ATMで借り入れる際は気をつけた方が良いですが、オリックス銀行カードローンで提携ATMの借り入れをする場合は、取引手数料が終日無料になっています。
一部の銀行のATMや平日15時までなら、手数料無料もたまにありますが、終日無料は大変お得なカードローンと言えます。

オリックス銀行カードローンの返済方法も見てみよう

オリックス銀行カードローンで借り入れを行うと、借入残高を完済するまで、毎月の返済をしていかなければいけません。
「いつ」「どのように」オリックス銀行カードローンは、返済していけば良いのかを見ていきましょう。

オリックス銀行カードローンの返済は「いつ」?

オリックス銀行カードローンの返済日は、契約者自身で選択できるようになっています。
1ヶ月の中で好きな日を選べるわけではありませんが、「10日」「月末日」のどちらかを選択することが出来ます。

給料日など、返済資金を用意しやすい日を選択していることで、返済の遅れなどが生じにくくなっており、返済者の都合にあわせて選択すれば良いです。

「どのように」オリックス銀行カードローンは返済すれば良いの?

毎月の返済日が分かっていても、返済の方法が分かっていなければ、返済金を用意できても返済することが出来ない可能性が出てきてしまいます。

  • 自動引き落とし
  • ATM返済

簡単で返済することを忘れにくい返済方法は、「自動引き落とし」である指定口座からの口座振替と言えます。
オリックス銀行カードローン契約時に登録する、登録口座が引き落としの指定口座になり、そこから毎月決められた日に決められた金額が引き落とされます。
登録口座に返済金額に足りるように入金だけ忘れないようにしておかないと、返済の遅れとなりますので、それだけは注意しておく必要があります。

手数料無料のATM返済はカード返済と振込返済の2種類

ATM返済と聞くと、ATM利用時の手数料を気にされる方が多くいます。
カードローンの多くは、提携ATMを利用する時には手数料の発生がある場合が多く、敬遠される方も多い返済方法です。
しかし、オリックス銀行カードローンでは、借入時同様に返済時の提携ATM利用の場合でも、終日手数料無料となっており、手数料を気にすることなく返済することが出来ます。

ATM返済の方法は2種類あり、ローンカードを提携ATMで挿入する事で、そこから決まった返済金額を返す方法と、ローンカードは利用せずに、契約者ごとに決められている「返済用口座」に振込する形の返済方法があります。

約定返済と随時返済に注意して

毎月、自ら決めた返済日である「約定返済」をしている方などは、あまり気にされたことは無いかもしれませんが、返済日には気をつけておかないと、返済したにも関わらず、返済されていないと判断されてしまう場合もあります。

毎月月末返済日とされている場合、例えば月末が31日では、14日前の17日午前3時以降が「約定返済期間」として扱われます。
31日が約定返済日ですが、その日が都合が合わないときなど、「約定返済期間内」にATM返済すれば、約定返済として扱われます。

しかし、14日3時以前にATMで振込返済をしてしまうと、「随時返済期間」で返済されたことにあり、随時返済として扱われる為、毎月の月末返済も行わなければいけません。
資金に余裕があるのなら、随時返済することは大変有効ですが、たまたま資金が少ないときなどに、このような返済をしてしまうと、資金調達に焦ってしまう可能性もあります。

随時返済期間に増額引き落としの申し込み

ATM返済だけが随時返済出来る方法ではなく、毎月指定日に引き落とされる「口座振替」も、増額したり全額一括返済出来る方法になっています。

約定返済期間内は、自動引き落とし金額の増額は出来ませんが、随時返済期間では増額の申し込みが可能になっています。
増額の申し込みは「メンバーズナビ」にログインする事で、そこから申し込むことが出来ます。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ