オリックス銀行カードローンの即日融資は出来ない理由~最短で借り入れする方法とは?

ハテナ

金利の低いオリックス銀行カードローンを即日融資で借りたいけど出来るの?


オリックス銀行カードローンは即日融資が出来ないカードローンなので、どれだけ早い時間に申し込みを完了させても、絶対に申込当日に借りることは出来ません。

即日融資が希望であれば消費者金融を探せばいいですが、なぜオリックス銀行カードローンは即日融資が出来ないのか解説したいと思います。

オリックス銀行カードローンが即日融資が出来なくなった理由

オリックス銀行カードローンは以前であれば即日融資が出来る銀行カードローンの1つでした。

しかし、2018年以降は審査段階で「反社データベース」の照合が義務化されたことで、照合結果の連絡自体が「最短翌営業日」になりました。照合作業は時間が延びることも多くあります。

オリックス銀行カードローンが急いでいたとしても、照合結果が分からなければ審査結果を出せないので、即日融資が出来ない理由になっています。

オリックス銀行はそもそも即日融資に向いていないカードローンだった

データベース照合が義務化される前はオリックス銀行カードローンでも即日融資は出来ましたが、義務化前からオリックス銀行カードローンの審査の時間が遅く、融資まで時間がかかる傾向でした。

以前のオリックス銀行公式サイトの質問に審査時間について「申込み受付後、2~3日程度を目処」と書かれています。

土日を挟んでしまうと審査時間が3日以上かかる場合もありました。

即日融資で借りるなら消費者金融

消費者金融は今でも反社データベースの照合は必要ないので、申込当日に審査回答が可能で時間に余裕があれば即日融資で借りられるカードローンです。

プロミスやアコムなど消費者金融は審査の早さを売りにしているので、「最短30分審査」「最短1時間融資」が当たり前になっています。

消費者金融の審査回答時間は土日祝日でも21時まで行われているので、19時や20時に申し込みをしても即日融資出来る可能性があります。急いでいる人は早い時間になるべく申し込むようにしてください。

オリックス銀行カードローンが最短で融資される時間

以前から審査の早さは売りにしていないオリックス銀行カードローンなので、反社データベースの照合と審査時間を考慮すると「最短3営業日」で融資が出来る可能性があります。

三菱UFJ銀行や三井住友銀行は「最短翌営業日」に審査回答されるので、やはりオリックス銀行カードローンは多少時間がかかると思っておきましょう。

最短3営業日なので木曜日に申し込みをすると土日に被ることになるので、週明けの営業日に審査回答されるので1週間近く時間がかかります。

1週間の初めのころに申し込みを迷っているなら、なるべく申込だけはした方が良いです。

最短で借りる手順を解説

オリックス銀行カードローンはネット専業銀行なので、インターネット申込しか受け付けていません。迅速に申込をすれば最短で借りられるので、申込手順を解説していきます。

  1. STEP1
    インターネット申込
    スマホやパソコンから申込を開始する。
  2. STEP2
    審査開始
    申込時に登録したメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が送られてくる。受信確認されると後日審査結果がメールで回答される。
  3. STEP3
    在籍確認と本人確認
    申請した勤務先の電話に在籍確認の連絡がある。
  4. STEP4
    ローンカードの発行
    自宅宛てにローンカードが簡易書留で送られる。
  5. STEP5
    必要書類の提出
    STEP3完了後に、メールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が届く。本人確認書類や収入証明書など必要な書類をメールで提出する。
  6. FINAL STEP
    融資開始
    「ログインID」か「カード番号」と「パスワード」でメンバーズナビから振込融資を依頼する。もしくはローンカードでATMで借り入れる。

オリックス銀行カードローンを最短で借りる手順はそれほど難しくないですが、いくつか押さえておくべきポイントをいくつか解説します。

在籍確認と本人確認の電話対応はスムーズに終わらせる

ネット申込とメールアドレスの確認が完了するとオリックス銀行カードローンは審査が開始されますが、審査時間を延ばさずに最短でかりるためには「在籍確認」と「本人確認・申込内容の確認」の電話対応をスムーズにするのが重要になります。

在籍確認は、勤務先へオリックス銀行カードローンの審査担当者が電話連絡をしてきます。申込者本人が出ればスムーズに進みますが、職場の他の人が電話に出ても申込者本人が勤務していることが分かれば十分です。

職場で電話対応される人が分かっていれば、理由は告げずに電話がかかってくる可能性があると伝えておくのも良いかもしれません。

本人確認と申込内容の確認は、指定の携帯番号などにかかってきます。聞かれる内容は簡単なのでスムーズに進むはずです。

しかし、勤務中や運転中など電話対応できない可能性もあるので、申込完了後は電話に出やすいようにされた方が良いでしょう。

必要書類を準備しておくと良い

在籍確認と本人確認が完了するとローンカードが発行され郵送で送られてきますが、カードが送られてくるまでに必要書類を提出しないとカードが届いても借りることが出来ません。

オリックス銀行カードローンで必要になる書類は、次の2つになります。

必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書

最短で借りるにはスムーズに必要書類は提出しましょう。

本人確認書類

オリックス銀行カードローンで認めている本人確認書類は、次の4つの種類になっています。

認めている本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード

本人確認書類を提出する時は「氏名」「現住所」「生年月日」の3つの項目が必ず確認できる書類に限られます。あと、必ず有効期限内の書類で現在有効として使える書類だと確認してください。

引っ越しをされて申込の現住所と本人確認書類に書かれている旧住所が違うと、オリックス銀行カードローンでは契約出来ません。近くの警察署などで住所変更の手続きを済ませるようにしてください。

収入証明書

オリックス銀行カードローンで収入証明書は必ず必要になる書類ではありませんが「希望限度額が50万円を超える」場合には、必ず提出が求められる書類になっています。

まれに50万円以下の限度額を希望しても、申込者の信用情報等で収入証明書を提出を求められることがあるので、準備しておく方が良いです。認めている収入証明書は4つになります。

認めている収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書か課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)※
※税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知を提出。

個人事業主や会社経営者は源泉徴収票の提出は認められていないので、他の収入証明書を準備してください。

ローンカード到着後に借り入れ可能

オリックス銀行カードローンに必要書類を提出し審査も完了したら借り入れ出来ますが、最短で借り入れ出来るのはローンカードが同封されている「お手続き完了のご案内」の封筒が届いてからになります。

振込融資で借りるためには「メンバーズナビ」にログインする必要があり、ログインするためには封筒の中に書かれている「ログインID」かローンカードに印字されている「16桁のカード番号」が必要です。あとは、ログインパスワードで振込融資が出来ます。

ローンカードも届いているのでATMで現金を引き出して最短で借りることも出来ます。

保証会社が同じオリックス・クレジットのカードローンなら即日融資で借りられる

オリックス銀行カードローンの審査を行っているのは、同じオリックスグループの「オリックス・クレジット株式会社」です。

オリックス銀行と同じグループですが銀行カードローンではないので、最短60分審査が可能で即日融資で借りることも出来ます。

特にオリックス・クレジットのカードローンで特徴的なのが、申込から契約までWEB上で完結できる「即契そっけい」で即日融資が受けられる点です。

平日14時30分までに契約手続き完了をすれば、即日振込で借りることが出来ます。

オリックス銀行カードローンよりもオリックス・クレジットの「オリックスVIPローンカード」の方が金利が低く、即日融資で借りられるので、急いでいる人にはおすすめかもしれません。