管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

オリックス銀行カードローンの借入方法と返済方法

オリックス銀行はまだまだ言ってみても新しい銀行です。
前身は山一信託銀行から始まり、98年にオリックスに譲渡されオリックス信託銀行になったわけです。

それから、オリックス銀行に名称が変わったのは2011年ですし、カードローンを取り扱いだしたのも2012年からになっています。
ネット銀行という新しい銀行の形態が多くなり、オリックス銀行もこのネット銀行の1つになります。

新しい銀行と言っても、オリックス銀行のカードローンは業界最低水準金利1.7%~17.8%で運営されており、融資限度額も最高800万円とかなり大きいものになっています。
さらに、顧客からの信頼も大きく、カードローンの審査も時間はかかる傾向ですが、安心できる銀行で人気のカードローンになっています。

オリックス銀行カードローンの借入方法

  • 振込融資(パソコン・携帯or電話)
  • 提携ATMで直接借り入れ

オリックス銀行はネット銀行という事もあり、実店舗を持っていませんので借り入れと言えば、インターネットか電話での振り込みの依頼か、ローンカードで提携ATMで引き出すことになります。

振込受付・振込時間
金融機関 曜日 受付時間 振込実施時間
ジャパンネット銀行 月~金 0:10~23:50 即時
土・日・祝日
その他の銀行 月~金 0:10~8:40 即日9:00~10:00
8:40~15:00 即日
15:00~23:50 翌営業日9:00~10:00
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日9:00~10:00

振り込みの受付時間は基本的に24時間受け付けています。
しかし実際に振り込まれる時間は、登録する口座によって違いが出てきます。
ジャパンネット銀行口座で登録していると、土日関係なく24時間振込み依頼があれば、即時に口座に反映されます。

その他の銀行の振り込みは、土日祝日と金融機関が休みの時には、翌営業日の振り込みになってしまいます。
平日も15時までに依頼しないと、これも即日融資は出来なくなります。

振り込みが当日の融資には間に合わなくなり、それでも当日に融資が必要ならば、ローンカードで提携ATMを利用するようにしましょう。

提携ATMは終日手数料無料

提携ATMで借り入れする場合に、手数料が発生してしまうカードローンは多いです。
ですが、オリックス銀行のカードローンは提携ATMでの借り入れは手数料無料になっています。(返済時も)

提携ATM一覧
都市・地方銀行 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行
コンビニ・スーパー セブン銀行、イオン銀行、ローソン、イーネット(ファミリーマート・ミニストップ、スリーエフ、ポプラなど)

コンビニなど24時間営業しているところも多く、メンテナンスなどしていなければ、いつでも借り入れは出来ます。

オリックス銀行カードローンの返済方法

  • 口座振替(自動引き落とし)
  • 提携ATM返済
  • 指定返済口座に振り込み

返済するときに楽な方法といえば、口座振替の自動引き落としだと思います。
さらに、通常のカードローンの口座振替の場合は、繰上げ返済・一括返済などに対応していませんが、オリックス銀行の場合は、口座振替でも繰上げ・一括返済に対応しています。
会員専用サイト「メンバーズナビ」から増額での返済を申し込むことが出来るので活用しましょう。

少ない返済額で毎月返済していくのも、生活費などの圧迫は減りますが、長い目で見ると利息は多くなります。
繰り上げ返済をする事で、返済期間が短くなり支払う利息総額も少なくなります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ