即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」は即日融資出来ない〜それでも素早く借りる方法

住信SBIネット銀行は、名前の通りネット専業銀行の1つで、カードローン審査のスピードに定評があり、人気があるカードローンの1つになっています。

ネット専業銀行ですので、MR.カードローンの申込方法は「ネット申込」することに限られていますが、店舗に出向いたりする必要もないので、スマホやパソコンのweb完結だけで申込から契約まで完了することが出来ます。

金利は、ネット銀行の安心できる低金利で「年0.99%〜14.79%」となっています。他の銀行カードローンでも、これほど金利が低いカードローンあまり見かけないので、検討する価値は非常に高くなっています。

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」を利用するには、口座開設が必要になり、以前では口座開設されている方であれば、即日融資も可能でしたが、今では口座をすでに開設されている方でも、即日融資はできなくなっています。

住信SBIネット銀行カードローンで素早く借りる方法「口座開設済みの方」

すでに、住信SBIネット銀行の普通預金口座を開設されている方は、住信SBIネット銀行にログインしてから、カードローンを申し込むようにしなければ、口座開設している意味がありません。

  1. 会員ページにログイン
  2. 申込情報を入力
  3. 仮審査開始
  4. メールとメールボックスに仮審査結果
  5. 本人確認書類などを提出
  6. 本審査開始、在籍確認
  7. メールにて審査結果の連絡
  8. 借入開始

SBIネット銀行口座開設済みの申込の流れ

ネット申込だけに限られているので、下記の画像の「口座をお持ちの方」の方をタップすれば、ログイン画面に移行します。
住信SBIネット銀行カードローン 申込選択

MR.カードローンの申込が完了すると、まずは仮審査が行われることになります。申込者が入力した情報だけで、まずは貸しても大丈夫なのか機械的な審査が行われ、審査結果もメールで行われます。

ですので、他の銀行カードローンのように電話連絡で行われないので、誰かにバレるような心配は少ないと言えます。

あとは、必要書類の提出と勤務先への在籍確認が行われる本審査になり、本審査の結果連絡もメールで行われることになっています。まさにネット銀行と言える手軽さになっています。

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」は、契約が完了してもローン専用カードが郵送されることはありません。手持ちのキャッシュカードにあとからローン機能を付けることになっています。

口座開設されている方で、すでにキャッシュカードが手元にある場合は、契約が完了するとネットの振込キャッシングや提携ATMで借りることが出来ます。

口座開設済みでも即日融資は出来ない

口座開設されている方は、仮審査回答の時間も早くなっていますので、平日の早い時間に申し込めば即日融資も出来そうに思うかもしれません。

しかし、本審査では職場への在籍確認に加えて、2018年から警察庁「反社データベース」の照合作業が必要になっており、照合の結果が分かるのが翌営業日以降になっています。ですので、住信SBIネット銀行の本審査の結果は1日〜数日の時間が必要になります

他の銀行カードローンも同様に、反社データベースの照合が必要ですので、即日融資は出来ません。銀行カードローンの中で審査が早いことで定評があるのが、三井住友銀行と三菱UFJ銀行です。

即日融資が希望であれば、消費者金融を選択される方が良いと言えます。

口座がない方はまずはキャッシュカードの郵送を待つ

住信SBIネット銀行の口座を持たずに、カードローン口座だけを開設することはできませんので、MR.カードローンと普通預金口座の開設を同時に申し込みすることになっています。

まずは、MR.カードローンの申込情報を入力して仮審査を待つことになります。この仮審査の時間も多少の時間が必要になり、仮審査結果後に口座開設手続きへとなります。

住信SBIネット銀行の口座開設は、口座開設申込書と本人確認書類を郵送ではなく、ネット上でアップロード出来るようになっているので、アップロード作業にはそれほど時間はかかりません。

申込書と本人確認書類が受理されると、それからキャッシュカードが「本人限定受取郵便」で送られてくることになります。郵送には1週間程度必要ですので、時間に余裕がある方にオススメな申込だと言えます。

本人限定受取郵便は、自宅に直接郵送されるわけではありません。近くの郵便局から「本人限定受取郵便が届いていますよ。」という内容の通知書が届きます。

その通知書と本人確認書類とハンコを持参して、郵便局に受け取りに行く形になっています。私は住信SBIネット銀行口座を使っていますので、出向いて受取にいきました。口座以外にも本人限定受取郵便で3度ほど出向いたことがあります。

住信SBIネット銀行の借り方

  • 振込キャッシング
  • 提携ATM

住信SBIネット銀行カードローンで借りる方法は、スマホやパソコンのネット上で、普通預金口座に振込を依頼することが出来ます。口座にお金が不足しているときなどは、すぐに入金されるので簡単に借りることが出来ます。

皆さんが利用されることが多い借入方法が、提携ATMで借りる方法になります。

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネット(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、スリーエフ、サークルKサンクスなど)
  • イオン銀行ATM

住信SBIネット銀行カードローンが提携しているATMは、ほとんどのコンビニATMとイオン銀行ATMになっています。メガバンクや都市銀行などのATMは提携していませんが、コンビニATMが提携していれば借入に困ることはまずないと言えます。

キャッシュカードで現金を通常通り引き出す場合は、ランクに応じて手数料の有無になっていますが、カードローンでATMからお金を引き出す場合は、手数料は無料になっています。

振込キャッシングからキャッシュカードで口座からお金を引き出すと、手数料がかかってしまう可能性があるので、現金が必要な場合は、カードローン機能で直接ATMから現金を引き出したほうが安心できます。

土日の審査は行われているの?

住信SBIネット銀行では、土日の審査を行っていません。

口座開設されていない方であれば、もとから借入までに時間が必要ですので、それほど気にされないかもしれませんが、口座開設をすでにされており、なるべく早く借りたい場合は、土日に本審査が重なってしまうと、余計に時間がかかってしまうことになります。

キャッシュカードが手元にあるにも関わらず、土日や祝日のために審査結果が分からずに、時間を待たなければいけないのは気持ちとしてしんどくなります。

なるべく平日の前半のうちに、カードローンの申込を済ませておく必要があります。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ