おまとめローンは審査が甘い?審査に通りやすい銀行はどこ?

ハテナ

複数ある借入先を一本化したいけど、審査の甘いおまとめローンってないの?


借入先が3件以上になると生活費への圧迫が大きくなり、利息を少なく抑えたい気持ちから「おまとめローン」を検討される人が増えてきます。

審査の甘いおまとめローンを探す気持ちは分かりますが、おまとめローンで審査が甘いところはありません。

ですが、おまとめローンを諦めるのはまだ早いです。審査が厳しい中にも審査に通りやすいおまとめローンを探したり、審査の通りやすくする方法はありますので、1つずつ解説していきます。

審査の甘いおまとめローンが無い理由

おまとめローンで審査が甘いところが無いのは、次の理由があるからです。

審査が甘いおまとめローンがない理由
  • おまとめ先1社の借入額が必然的に大きくなる
  • すでに借り入れがある状態の審査で慎重になる

すでに借り入れがある債務者に対して融資するのがおまとめローンですので、借入額ゼロの新規貸付に比べると大きな融資額になるので、通常のカードローンより審査は厳しくなります。

融資額が大きくなるおまとめローンの審査が厳しくなるのは、債務者の返済不能になるリスクが高く、おまとめ先の貸し倒れリスクが非常に高くなるからです。

おまとめローンではない通常のカードローンでも限度額を増額審査するのと一緒で、現在の返済能力を十分審査するために審査基準が高くなります。

おまとめローンの審査基準で重要視される項目

おまとめローンを契約するには審査基準を満たしておく必要があり、次に挙げる項目が審査で重要になります。

おまとめローンで重要になる審査項目
  • 勤続年数や年収などの「属性スコア」
  • 過去の借入や返済状況の「信用情報」

上の2つがおまとめローンで重要視される審査項目ですが、通常のカードローンと審査される項目には違いはありません。

しかし、審査される項目が一緒でも、おまとめローンの方が1つ1つの審査基準が高く設定されているので、それぞれの審査項目をクリアしないと、審査に通ることは厳しくなってしまいます。

審査基準の属性スコアとは?

属性とは、申込者の返済能力を判断する項目で、機械的に点数を付けるスコアリングで審査基準を超えているか判断されます。

属性で通りやすくなる基準
年齢若すぎない・高齢すぎない
例)30代〜60歳まで
勤務先規模大企業勤務・公務員が高評価
勤続年数長期雇用されている
雇用属性正社員が最も良い
年収高収入が良い
家族構成多すぎないほうが良い
居住形態家賃・ローンなしで持ち家

それぞれの属性で高スコアリングを出すと、おまとめローンで審査に通りやすくなる可能性があります。

返済期間が長くなりやすいおまとめローンですので、返済能力を判断されやすい「属性スコア」はかなり高く設定されているので、注意して見てみると良いでしょう。

過去の信用情報の照合

信用情報は、信用情報機関に申込者の過去の借入金額や借入件数、返済状況が事細かく記録されるようになっています。

借入額が大きくなるおまとめローンでは、返済能力だけでなく信用情報もかなり重要な審査基準になるので、悪い条件や信用にキズが無いのか把握していることが良いです。

おまとめローンの信用情報の審査基準
申込頻度半年内に頻繁な申込は不利
借入金額高額になればなるほど不利
収入が大きくなると許容範囲は大きくなる
借入件数4〜5件以上は厳しくなる
返済の遅れ1件でも長期延滞があると難しい
債務整理代位弁済、任意整理、自己破産などがあると無理

返済の遅れや債務整理などの金融事故になる「異動情報」が確認されると、おまとめローンの審査を通ることは難しくなります。

申込頻度、借入金額や件数の信用情報は少なければ審査基準は低くなり、件数や頻度が高くなってしまうと審査基準は高く設定されます。

おまとめローンの審査に落ちる人の特徴

「審査基準を満たさなかった」のが審査に通らない理由になりますが、その審査に落ちる理由は次のような特徴があります。

おまとめローンの審査落ちする特徴
  • 借入件数が多すぎる
  • 借入金額が大きい
  • 勤務先・雇用形態があまり良くない
  • 事故情報がある

審査基準でも出てきた特徴がいくつもあり、おまとめローンの審査で重要視される審査項目ですので、審査に落とされやすい内容です。

借入件数が多すぎる

借入件数が多いからおまとめローンを利用したいと考えますが、あまりにも借入件数が多すぎるとおまとめローンでも審査に落とされます。

例えば借入総額が同じAさんとBさんがいますが、Aさんは借入先5社から合計200万円を借り入れている状態、Bさんは200万円を1社から借り入れている状態では、1社から高額融資されているBさんの方が信用度が高い評価を受けやすいです。

カードローンの初回で限度額200万円を契約できる人はなかなかいませんが、少ない限度額から利用実績を積み重ね、限度額200万円を契約出来る信用度があると審査担当者は考えます。

Aさんの場合は1社の借入金額は40万円程度で、1社ごとの信用度は低く増額がなかなか出来ず、新たに違うカードローンを契約したと審査担当者は考えます。

借入金額が多すぎる

借り入れ件数が多すぎるのはダメですが、借入金額が多いのもおまとめローンの審査に通りにくい理由になります。

借入金額が大きいから必ずおまとめローンに通らないという訳ではなく、現在の収入額とバランスが保たれていないと、審査に落ちることになります。

勤務先や雇用形態に審査は左右される

初めてカードローンを申し込みされた時にも、勤務先の名前や住所などを書きますが、雇用形態も項目にあります。

やはり大企業と言われる会社に勤めている方は、信用度は高く安定していると評価されやすく、公務員なども安定性が高いとなります。

おまとめローンとなると、借入金額も多くなりやすいので、貸金業者や銀行側も安定性が高い債務者が良いとされます。

雇用形態も、同程度の収入であれば、アルバイトより正社員の方が良い評価を得やすいと言えます。

もし、アルバイトやパートで勤めている方が、正社員に昇格できるチャンスがあるのなら、正社員になってから申し込みされる方が、審査においても有利に働く可能性があります。

事故情報があるとダメ

カードローンを契約すると、信用情報機関に申し込みや契約の内容が登録されるようになっています。
登録されることは何も悪いことではないので、何も心配する必要はありません。

上の項目などで何度も出てきたのが、「信用度」というものですが、カードローン契約で一番重要視されるのが、契約者や申込者の信用になります。

皆さんも信用できない方には、お金や他の大切なものを貸したりすることは、躊躇されると思います。

信用度が最も低くなるのが、今までに長期の返済の遅れや債務整理などされたことがある「事故情報」が、登録された方々です。

カードローンを利用することは悪くないことですので、借り入れをして毎月返済をしっかりされている方は、逆に、今までカードローンを利用されたことがない方より、利用実績がある分、信用度は十分高くなります。

審査に通りやすいおまとめローンはどこ?

審査が厳しいおまとめローンばかり解説しましたが、おまとめローンの中でも審査に通りやすいローンを探す方法はあります。

審査に通りやすいおまとめローンを探す方法
  • 消費者金融と銀行のおまとめローンはどっちが通りやすい?
  • 銀行のおまとめローンでもどこの銀行が通りやすい?
  • すでに借り入れがある銀行のおまとめローンを利用する
  • 非営利の金融機関のおまとめローンを利用する
  • 中小消費者金融のおまとめローンは良いの?

消費者金融と銀行のおまとめローンで迷ったら金利の高い方を選べ!!

消費者金融と銀行のどちらのおまとめローンが審査に通りやすいか考えている人は、金利を目安におまとめローンを選ぶと良いです。

ハテナ

金利の低いおまとめローンを選べば良いの?


と思う人が多いと思いますが、審査に通りやすいおまとめローンを探しているなら「金利が高い」おまとめローンを検討してください。

金利の高いおまとめローンの方が利息も多く取れるので、もし貸し倒れされたとしても損失を最小限に留められる可能性が高くなります。

ですので、金利が低いよりも金利が高い方が審査基準が低くされている可能性があります。

消費者金融と銀行「おまとめローン」の比較
金融機関金利最大限度額
プロミス「おまとめローン」年6.3%~17.8%300万円
アコム「借換え専用ローン」年7.7%~18.0%300万円
アイフル「おまとめMAX」年3.0%~17.5%800万円
じぶん銀行「借り換えコース」年1.7%~12.5%800万円
みずほ銀行年2.0%~14.0%800万円
住信SBIネット銀行年1.59%~14.79%1,200万円

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンの金利を比較すると、消費者金融の方が金利が高いので審査基準は低い可能性があります。

審査に通りやすい可能性が高い消費者金融でも、今契約しているカードローンよりも金利が高いおまとめローンだと利息が軽減できない可能性が高いので、金利のバランスを考えて選びましょう。

プロミス

プロミスは最短30分審査で最短1時間融資が可能なカードローン。急いで借りたいときには最もおすすめな消費者金融です。おまとめローンの限度額は300万円でも十分魅力的なプロミス!!

金利最大限度額年齢制限
年4.5%~18.0%500万円満20歳以上69歳以下
審査時間即日融資担保・保証人
最短30分可能不要

※公式サイトへのリンクは通常のカードローンの商品ページです。

アイフル

アイフル
最短即日融資が可能なアイフル!!フリーダイヤルに連絡すれば優先的に審査開始。おまとめMAXは上限金利「年17.5%」で消費者金融の中で低い金利。

金利最大限度額年齢制限
年3.0%~18.0%800万円満20歳以上69歳以下
審査時間即日融資担保・保証人
最短30分可能不要

ネット専業銀行や地方銀行のおまとめローンは狙い目

どうしても金利の低い銀行のおまとめローンを選びたい人は、メガバンクや都市銀行のおまとめローンよりも地方銀行やネット専業銀行のおまとめローンを選ぶ方が良いかもしれません。

ネット銀行や地方銀行は都市銀行と比べると規模は小さく収益を上げにくいので、返済能力がある程度ある人へなるべく積極的に融資をしたいという気持ちが強いです。

さらに、都市銀行と地方銀行のおまとめローンの金利は違いは無く、住んでいる地域の地方銀行のおまとめローンの金利が低ければ狙い目と言えます。

都市銀行と地方銀行のおまとめローンの比較
銀行金利限度額
三菱UFJ銀行おまとめローンなし
三井住友銀行おまとめローンなし
みずほ銀行おまとめローンなし
りそな銀行おまとめローンなし
東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」年12.5%1,000万円
横浜銀行「フリーローン」年1.9%~14.6%1,000万円
千葉銀行「ちばぎんフリーローン」年1.7%~14.8%800万円
常陽銀行「常陽フリーローン」年3.975%~11.95%500万円
じぶん銀行「借り換えコース」年1.7%~12.5%800万円

メガバンクや都市銀行はおまとめローンを目的として商品がなく、フリーローンでもおまとめ目的に利用可能などの記載もありません。

地方銀行はおまとめローンがあり、フリーローンでもおまとめ目的や借り換えで利用できると記載されているのが多いです。金利もやはり低いのでおまとめローンには最適と言えます。

すでに借り入れがる銀行のおまとめローンを利用する

銀行としておまとめローンは利益拡大に最適なローンですが、貸し倒れリスクの高いローンでもあるので審査は慎重です。特に、今まで取引のない人からのおまとめローンの申し込みは慎重になります。

他の金融機関の返済実績は銀行といえど分かりませんので、返済能力の有無を判断しにくい面があります。

ですので、複数社借り入れている中から1つの金融機関のおまとめローンを申し込めば、審査担当者は今までの返済実績が分かるので審査がしやすいです。

特に、過去に少しの返済の遅れもなく指定日に必ず返済している優良顧客とされている人からの申し込みは、おまとめローンを申し込まれた銀行は審査に通しやすくなります。

非営利の信用金庫や労働金庫のおまとめローンを探す

銀行は利益最優先で営業しているので「損失を小さく利益を大きく」という考えで審査するので、おまとめローンの審査基準は厳しいです。

しかし、地方にある金融機関でも信用金庫や労働金庫などは非営利で、地域の住民や労働者の発展を考え営業しているので、利益は出しますが利益最優先ではありません。

なので、銀行と比べると審査基準の設定が異なり金利もさらに低くしているおまとめローンが多いです。

全国にある13すべての労働金庫のおまとめローンを見ると、すべてが年10.0%未満の非常に金利の低いローンになっています。

労働金庫会員限定のおまとめローンもありますが、その地域に住んでいる人であれば使えるおまとめローンもありおすすめです。

さらに、おまとめローンとしては珍しい繰り返し使えるカードローン型もあり、必要な時に現金を引き出せるものもあるので、金利の低い審査に通りやすいおまとめローンを探している人には最適だと思います。

中小消費者金融のおまとめローンはあまりおすすめではない

銀行や労働金庫のおまとめローンの審査に通らない人は、審査が甘いと思う中小消費者金融のおまとめローンを検討するはずです。

しかし、中小消費者金融のおまとめローンは意外と審査が厳しいです。なぜなら、債務に困っている人からの申し込みが多く、リスクを避けるためにも審査基準は高めに設定されています。

当サイトでもキャッシングアローの申し込みがありますが審査成約率は10%を下回ります。

中小消費者金融のおまとめローンでおすすめなのが、おまとめローン専用「中央リテール」です。

おまとめローン専用なので一般の貸付は行っていませんが、おまとめローンには最適で「年13.0%」の上限金利は銀行並みの金利です。

中央リテール

おまとめローン専用の消費者金融!!最短で翌日借入も可能なスピードに定評。金利も低くおすすめなおまとめローン!!

金利最大限度額年齢制限
年10.95%~13.0%500万円
審査時間即日融資担保・保証人
約2時間不可不要

おまとめローンの審査をまず受けるべき

おまとめローンの審査の厳しさや通りやすいところを解説してきましたが、おまとめローンで悩んでいても進まないので、まずは金利の低いお得に利用できるおまとめローンを申し込んでみましょう。

金利が低いのは審査が厳しいからムリと考えるなら、近くの地方銀行などに相談するのも良いと思います。おまとめローンの相談をするだけなら信用情報にキズが付くことはありません。

悩んでいたよりもあっさりおまとめローンの審査に通る可能性もあるので、前向きに考えて申込をしましょう。