管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

おまとめローンの審査で押さえるポイント

カードローンでお金を借りる事は、意外と手軽で簡単な方法の1つです。
審査自体は甘いものではありませんが、一度カードローン審査に通ることが出来ると、少しの生活費や急な出費の時にも大変便利で、少額から借り入れる事が出来ます。

しかし、最初は少額であっても、後に限度額が現在のカードローンでは足りず、新たにカードローンを契約したり、限度額が大きくあると借入金額が自ずと増えてしまっている場合があります。

複数社にまたがった借り入れは、金利も高いので利息が意外にも多くかかってしまうことになります。
消費者金融などカードローンでは、限度額50万円などでは金利は年利18%ほどになります。

その複数の借り入れを一本化する事で、1社で大きな借り入れとなるので金利が低くなります
そうすると毎月の返済額は少なくなり、支払総額も少なく出来ます。

「おまとめローンのメリット・デメリット」

おまとめローンの審査は厳しい

通常のカードローンでも審査に落ちる事は多分にありますが、おまとめローンはより一層審査が厳しいものになります。

複数社のまたがって借り入れている借金を、新たにおまとめローンとして貸し出す会社は、全て1社で背負うことになります。

消費者金融で初回の契約時でも、限度額は50万円以下になるケースが多いなかで、100万円以上の貸し付けをする場合もありますので、審査は厳しくなります。

おまとめローンの審査に通るポイント

闇雲の借金をまとめたいからと言っても、簡単におまとめローンに借り換える事は難しいです。

  • 職業・年収・雇用形態・勤続年数
  • 住居形態・居住年数
  • 金融事故がない
  • 現在の借り入れ状況(件数など)

通常のカードローンの審査の項目はそれほど変わってくることはありませんが、審査の基準自体は高くなっています。

職業や勤続年数など仕事関連

借金を返済していくことに変わりませんので、収入がなければ返済能力もありません。

安定している収入があることがローンでは求められているので、公務員や大企業勤務などが有利になります。
そこで働いている雇用形態も重要になります。

正社員から契約社員・派遣社員・アルバイトの順で審査は厳しくなっていきます。
特におまとめローンに限ると、正社員以外はかなり難しいものになります。

年収もある程度の安定した収入があれば、パートやアルバイトでもカードローンは利用できますが、借入額が大きくなるおまとめローンでは、年収の基準が高くなるので300万円以上は欲しいところです。

業種でも審査に不利になる

毎月収入はあるけれど、月々の収入額にかなりの変動がある方は、審査において不利になることが多くあります。

例えば、タクシー運転手の方などは、歩合制になる部分が大きく、集客が悪い月などになると、給与自体が少なくなってしまうわけです。
あと、アルバイトはアルバイトでも「日雇いアルバイト」の方になると、安定した収入とは言えません。
月単位の収入とは言えず、日毎の収入になるため、次の日は仕事がなくお金が入らない日もあるわけです。

住居形態や居住年数など

今住んでいる家が持ち家なのか賃貸なのか、あるいは住宅ローンを払っているのか完済しているのかで、おまとめローンも大きく変わってきます。
この中でもやはり「持ち家」が一番有利になります。
出費が他にもあるというのは、不利に働いてしまう要因になってしまいます。

居住年数も長ければ長いほど良いものです。
引っ越しを繰り返し転居してばかりいる方は、借り入れた後に連絡が取れなくなる可能性があるので、信用度が低くなってしまいます。

全ての転居歴を書くわけではありませんが、引っ越し直後では居住年数が短くなり、不利になります。

過去に金融事故がない

借金のことになると、よく聞く機会があるのが「自己破産」などの言葉ですが、自己破産は債務整理という中で1番重いとされる行為ですが、それ以外に「任意整理」「個人再生」などがあります。

過去にローンなどで債務整理をされた経験がある方は、信用情報機関に金融事故として、情報の詳細が登録されることになります。
登録される期間は5年から、自己破産になると最長10年となってしまいます。
情報が記載されている期間中は、おまとめローンに限らず、新たなローン商品を契約することは出来ません。

「債務整理はしたことがないから安心。」と思っている方もいるはずですが、債務整理だけが金融事故ではありません。
カードローンやクレジットカードの返済を長期で遅れてしまう「長期延滞」や、保証会社に債務を肩代わりしてもらう「代位弁済」、何かしらの理由によって解約されてしまう「強制解約」なども、金融事故として扱われます。

多重債務になると、返済が遅れ気味になる方も多く、知らないうちに長期延滞として記載されている可能性もあります。

借り入れ件数

おまとめローンですので借り入れ件数は複数あることに間違いはありません。
しかし、借り入れている件数が多くなると、審査が不利になってしまいます。

5社以上になってくると厳しくなってきますので、3社ほどになってくる段階で、早めにおまとめローンを検討された方が良いです。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ