おまとめローンを貸す側の貸金業者や銀行側としては、複数の借り入れがある債務者のリスクを、1社で背負うわけになるため、そもそも審査が厳しくされるというのが通常です。

「おまとめローンの審査に落ちた」「おまとめローンはどこが通りやすいの」という声を目にする機会が多いですが、おまとめローンの審査について考える方は多いです。

借入金額が大きくなってくると、返済がなかなか終わらないという感覚になってしまいがちです。

複数社にまたがって借り入れされている方は、1社ごとの金利は高い場合が多く、おまとめローンを利用することによって、金利を下げる効果があります。

ですので、「おまとめローンの審査に通るコツがないの?」と思う方もいますので、なぜ審査が厳しいのかということを分かっていることが重要で、対策を考えることが審査に通りやすくするコツになるので、1つずつ考えていきましょう。

最終的には、「おまとめローンは、なんてお得なんでしょう」と1人でも多くなればと思います。

おまとめローンが審査に厳しい理由

初めにも書いたように、複数の借入先を1つにまとめるので、審査は厳しくなるのですが、おまとめローンが特別に審査が厳しいと言うわけではありません。

審査が厳しくなる理由
  • 借入額が必然的に大きくなる
  • 借り入れがある状態の審査で慎重になる

すでに借り入れがある状態の債務者に対して、融資するのがおまとめローンですので、初回の貸付に比べると大きな融資額になるので、通常のカードローンより審査は厳しくなります。

借り入れがある債務者へ追加で融資するのは、通常のカードローンでも慎重な審査をするので、おまとめローンはさらに審査は厳しくなると考えるのが一般的です。

通常のカードローンとおまとめローンを比べても、審査される内容には違いはありませんが、審査の内容だけは厳しくなるということです。

おまとめローンの審査基準で重要視されるもの

審査に通れば、おまとめローンでお金を借りることが出来るので、必ず審査基準が設定されています。審査基準で重要視される項目はいったいどんな項目なのでしょう。

おまとめローンで重要になる審査項目
  • 勤続年数や年収などの「属性スコア」
  • 過去の借入や返済状況の「信用情報」

上の2つがおまとめローンで重要視される項目ですが、通常のカードローンと審査される項目には違いはありません。

しかし、審査される項目が一緒でも、おまとめローンの方が1つ1つの審査基準が高く設定されているので、それぞれの審査項目をクリアしないと、審査に通ることは厳しくなってしまいます。

おまとめローンの審査基準の属性スコア

属性とは、申込者の返済能力を判断する項目で、機械的に点数を付けるスコアリングで、審査基準を超えているか判断されます。

属性で通りやすくなる基準
年齢若すぎない・高齢すぎない
例)30代〜60歳まで
勤務先規模大企業勤務・公務員が高評価
勤続年数長期雇用されている
雇用属性正社員が最も良い
年収高収入が良い
家族構成多すぎないほうが良い
居住形態家賃・ローンなしで持ち家

それぞれの属性で高スコアリングを出すと、おまとめローンで審査に通りやすくなる可能性があります。

返済期間が長くなりやすいおまとめローンですので、返済能力を判断されやすい「属性スコア」はかなり高く設定されているので、注意して見てみると良いでしょう。

過去の信用情報の照合

信用情報は、信用情報機関に申込者の過去の借入金額や借入件数、返済状況が事細かく記録されるようになっています。

借入額が大きくなるおまとめローンでは、返済能力だけでなく信用情報もかなり重要な審査基準になるので、悪い条件や信用にキズが無いのか把握していることが良いです。

おまとめローンの信用情報の審査基準
申込頻度半年内に頻繁な申込は不利
借入金額高額になればなるほど不利
収入が大きくなると許容範囲は大きくなる
借入件数4〜5件以上は厳しくなる
返済の遅れ1件でも長期延滞があると難しい
債務整理代位弁済、任意整理、自己破産などがあると無理

返済の遅れや債務整理などの金融事故になる「異動情報」が確認されると、おまとめローンの審査を通ることは難しくなります。

申込頻度、借入金額や件数の信用情報は少なければ審査基準は低くなり、件数や頻度が高くなってしまうと審査基準は高く設定されます。

おまとめローンの審査に落ちる人の共通点

「審査基準を満たさなかった」というのが、審査に通らない理由になりますが、おまとめローンを利用したいと考えている方で、審査に落ちる方の多い共通点がいくつかあります。

おまとめローンの審査落ちする共通点
  • 借入件数が多すぎる
  • 借入金額が大きい
  • 勤務先・雇用形態があまり良くない
  • 事故情報がある

審査基準でも出てきた特徴がいくつもあり、おまとめローンの審査で重要視される審査項目ですので、審査に落とされやすい内容です。

借入件数が多すぎる

おまとめローンを検討される方は、借入件数が比較的多い方が利用されますが、現在の借入件数がどれぐらいあるかで、審査に通るかの重要な要素にもなります。

借入総額が同じ方が2人いる場合に、Aさんは合計200万円を5社から借り入れている状態、Bさんは200万円を1社から借り入れている状態では、Bさんの方が信用度が高い評価を受けやすいと言えます。

信用度が高いBさんは、1社から200万円を借り入れできる信用度がある証拠になります。

カードローンで200万円を初めから契約できる方はそれほどいませんが、50万円ほどから利用実績を積み重ねることで、限度額200万円の信用を得られてと言えます。

しかし、Aさんの場合は、1社の借入金額は40万円程度で、1社ごとの信用度は低いと言える状態です。

信用度が低いから1社で増額がなかなか出来ず、新たに違うカードローンを契約していると判断されやすくなります。

借り入れを次々としていく理由があると判断されやすく、典型的な多重債務者と言えます。

借入金額が大きすぎるのもダメ

借り入れ件数が多すぎるのはダメですが、借入金額が大きすぎるのも、おまとめローンの審査に通りにくい理由になります。

借入金額が大きいから必ずおまとめローンに通らないという訳ではなく、現在の収入額とバランスが保たれていないと、審査に落ちることになります。

勤務先や雇用形態に審査は左右される

初めてカードローンを申し込みされた時にも、勤務先の名前や住所などを書きますが、雇用形態も項目にあります。

やはり大企業と言われる会社に勤めている方は、信用度は高く安定していると評価されやすく、公務員なども安定性が高いとなります。

おまとめローンとなると、借入金額も多くなりやすいので、貸金業者や銀行側も安定性が高い債務者が良いとされます。

雇用形態も、同程度の収入であれば、アルバイトより正社員の方が良い評価を得やすいと言えます。

もし、アルバイトやパートで勤めている方が、正社員に昇格できるチャンスがあるのなら、正社員になってから申し込みされる方が、審査においても有利に働く可能性があります。

事故情報があるとダメ

カードローンを契約すると、信用情報機関に申し込みや契約の内容が登録されるようになっています。
登録されることは何も悪いことではないので、何も心配する必要はありません。

上の項目などで何度も出てきたのが、「信用度」というものですが、カードローン契約で一番重要視されるのが、契約者や申込者の信用になります。

皆さんも信用できない方には、お金や他の大切なものを貸したりすることは、躊躇されると思います。

信用度が最も低くなるのが、今までに長期の返済の遅れや債務整理などされたことがある「事故情報」が、登録された方々です。

カードローンを利用することは悪くないことですので、借り入れをして毎月返済をしっかりされている方は、逆に、今までカードローンを利用されたことがない方より、利用実績がある分、信用度は十分高くなります。

おまとめローンの審査に通りやすくするコツ

おまとめローンに落ちる理由はありますが、落ちた理由を改善することで審査に通る可能性を高くすることも出来ます。

審査に通りやすくする4つのコツ
  • 勤続年数を長くする
  • 収入を多くする
  • 信用情報のキズが消えてから申し込む
  • 申込内容の間違いを無くす

勤続年数が短いとおまとめローンの審査に落ちやすくなるので、なるべく1年以上や短くて半年以上の勤続年数になってから、おまとめローンを申し込むようにすれば良いです。

転職直後などの短い勤続年数では落ちてします可能性が高くなります。

なかなか収入を増やすことは難しいですが、無理のない範囲で収入を増やすことで、返済能力を上げることが出来るので、審査に通りやすくなります。

信用情報にキズがあると審査に落ますが、5年〜7年の期間が終了すると異動情報が消えるようになるので、おまとめローンも通りやすくなります。

おまとめローンを申し込んだ時の内容に間違いがあると、審査に落ちてしまうようになります。些細な間違いなら申込内容の確認連絡で修正できますが、大きな間違いや意図的なウソの内容では落ちると考えてください。

おまとめローンにオススメな銀行カードローン

おまとめローンを検討される場合は、限度額に余裕があり金利がなるべく低いカードローンを検討されると良いと思います。

消費者金融でも、貸金業法に基づくおまとめローンの利用なら、総量規制の例外になるため、十分に候補に入れても良いですが、金利がそれほど低いとは言い切れません。

そうなると、低金利で限度額に余裕が大きくあるのは「銀行カードローン」と言えます。

銀行名最大限度額金利
じぶん銀行「借り換えコース」800万円年1.7%~12.5%
オリックス銀行800万円年1.7%~17.8%
みずほ銀行カードローン800万円年1.5%※1~14.0%
住信SBIネット銀行1,200万円年1.59%~7.99%
楽天銀行800万円年1.9%~14.5%

紹介している銀行カードローンは、限度額が最低でも800万円からとなっている、大変限度額に余裕があるカードローンです。

おまとめローンと言っても、それだけ大きな限度額の審査に通ることは、返済能力がかなり高くないと無理だと言えます。

それでも、大変金利の低い銀行カードローンですので、おまとめや借り換えローンとして利用する最適なカードローンと言えます。

消費者金融でもおまとめローンが出来る

債務者に一方的に有利になる貸付は「総量規制の例外」として扱われるので、消費者金融でもおまとめローンが利用できるようになっています。

銀行カードローンより金利が高くなりますが、審査に柔軟に対応してくれることもあるので、おまとめローンを検討されている方は消費者金融も候補に入れておくと良いです。