即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

債務整理・闇金業者について

債務整理

債務整理をすることを考え出すということは、お金の返済に遅れが生じている方がほとんどで、債務整理をする前に返済の長期遅延が発生しています。誰もがカードローンでお金を借りて返済が遅れるとは考えないはずです。

債務整理をすれば、信用情報機関に異動情報として記録されてしまうデメリットはありますが、利息をカットしたり借り入れ元金を減額や免責されることも可能になります。

借金を踏み倒すことを考える方もいますが、カードローン会社なども時効が成立するまでに、裁判にて給料の差し押さえなどの法的手段を利用することが一般的です。それまでに債務整理を行わなければ、家族や会社への影響も出てきてしまう恐れがあります。

闇金・違法業者

貸金業法の改正に伴って違法業者への法規制が強化されましたが、現在でも法外な金利を契約したり無理な取り立てを行う業者もいます。目に見える違法行為をせずに、ジワリジワリと利息やお金を請求するソフト闇金などもあり、気づかないうちに大きなお金を支払ってしまう債務者も後を絶ちません。

当たり前ですが、大手消費者金融や銀行カードローンで違法業者であることはないので、安心して契約をしても大丈夫ですが、大々的な広告、店舗を構えないような貸金業者などは一先ず怪しむことから初めなければいけません。

借金に関して他人に相談することは難しく、悪徳業者も弱みにつけこむような手段でお金を貸そうとしてきます。十分に気をつけて見分けるようにしなければいけません。

カードローンやキャッシングを利用していく中で、お金を借りるという事は、自然な流れです。しかしながら、お金を借りるという事は、いわゆる借金をしている事になります。

カードローンに限らず、車を購入する際に借り入れるローンとして『マイカーローン』や、人生で一番大きな借り入れとして『住宅ローン』なども借金になります。

高額な借り入れやカードローンなどは、借金として認識しやすいですが、皆さんが大人になると使うことがあるでしょうクレジットカードの利用も借金の1つに数えられるでしょう。

借金は、必ず返済していかなくてはいけません。返済する時には、決められた金利を上乗せして、返済していくのが決まりになっています。金利は、各金融機関でサービスや商品によって、様々なものになっています。限度額が上がるにつれて、金利が低くなっていくのが一般的です。

さらに、金融機関の別の商品を利用していたら、金利の優遇が受けられるというものもあります。

しかし、最初は少額の借り入れでも、すべての借入を返済出来ていない状態で、都合によりさらに借り入れと、借金が膨れあがるケースが多々あります。それでも返済出来ているなら、まだ良い方です。

その借金を返済するために、新たなカードローンを利用していくと、多重債務へと進んでいってしまいます。

多重債務者になってくると、だいたいの方が返済に遅れが生じてくると思います。返済が遅れると通常のカードローンの借り入れや新規のカードローンが利用できなくなり、ヤミ金(闇金)業者と言われる悪徳な金融業者に借り入れをする方も出てくるでしょう。

闇金といわれる業者は、法律で決められた金利以上の貸し付けを行ったり、借り入れ主にとても不利な条件になります。

そうならない為にも、しっかりとした大手消費者金融や、中小消費者金融でも登録がされているものなどにしましょう。安心感では銀行カードローンを検討するのも良いでしょう。もし、多重債務者になってしまった時や、闇金業者に借り入れてしまった場合は、早めに対処した方が良いです。

限度額にもよりますが「年20%以上」の金利でお金を借りると、利息制限法や出資法によって過払い金請求を行うことが出来ます。債務者自ら悪徳業者に請求することは難しく、その場から居なくなる前に弁護士などに相談する必要があります。

自己破産をすれば借金全額を消すことも可能になり、1からのスタートが始められることになります。しかし、借金を繰り返す方は悪い言い方をすれば、借金することを軽く考え自己破産でチャラにすれば良いと考えています。

自己破産は借金の理由が何でも認められることはなく「免責不可」になることもあり、ずっと借金を返済しなければいけないこともあります。

債務整理をすることは悪いことではありませんが、健全な方と同じような職に就けなかったり、生活を制限されることにもなり、立ち直ることが難しくなるケースも出てきてしまいます。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ