管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

家族に内緒でバレないようにカードローンでお金を借りる方法

お金を借りる事は借金になりますので、家族や誰にもバレたくないと思う方が多いのは当然のことですが、同じ借金でも、家族のために使う「住宅ローン」や「マイカーローン」などでは、家族全体で相談しながらするローン(借金)ですので、それほど気にされない方がほとんどです。

しかし、カードローンでお金を借りるとなると、使い道が家族ための生活費であっても、何か夫婦同士や子どもに対して、後ろめたい気持ちになってしまいがちです。さらに、ギャンブルや浪費癖の穴埋めなどの借入理由になると、尚更家族や夫・妻に内緒でカードローンを利用したいと思うでしょう。

カードローンは、個人向け無担保融資ですので、誰かの同意書が必要になることはありませんし、担保を必要としないので、本人が申し込むだけでよく、家族にバレる危険性は低いと思います。しかし、バレる可能性がゼロとは言い切れないのも事実です。

家族にバレないようにお金を借りるポイントは「申込時」「カードや契約書類の受取」「明細書」「返済の遅れ」など、気をつけることは多くあります。

家族にバレない申込方法は「ネット申込」

カードローンの申込方法には「ネット申込」「自動契約機」「窓口」「電話」「郵送」があります。ここでバレやすくなる可能性が高い申込方法は、電話や郵送になってきます。

電話でカードローンを申し込みする場合に、自宅から電話していると、家族が帰ってきてしまう恐れもあり、迂闊に申し込みすると危険ですので、外出されているときなどに携帯電話から申し込みするようにすれば、可能性を低く出来るはずです。

郵送で申し込みする場合でも、申込書類などの資料を置いておくのは危険ですし、郵送で申し込んだ場合は、返送される時も郵送になる場合がほとんどですので、家族にバレる可能性が高いことになります。

ですので、カードローンを家族にバレなく申し込むには「ネット申込」「自動契約機」が良いと言えます。

ネット申込であれば、好きな時間に何処からでも、カードローンを申し込みすることが出来るので、家族にバレる可能性は低くなりますが、自宅のパソコンで申し込みすると、万が一、パソコンの履歴や申込操作中を見られてしまうと危ないので、スマホで外出中に申し込みされるのが1番良いです。

自動契約機も、本人しか入ることが出来ないので、申し込みから契約まで、誰一人にバレることはないですが、機内に入るときや出るときにだけ気をつけるようにしましょう。

本人確認の連絡

カードローンを申し込みをする際に、記入欄に様々な項目があると思います。「氏名」「年齢」「生年月日」「現住所」「連絡先」など本人を確認できる項目があり、申し込みを済ませた後に、その登録した電話番号に本人確認の連絡があります。

登録した電話番号が自宅固定電話なら、自宅にいる誰かが電話に出てしまう可能性があり、バレないとは言い切れません。しかし、かかってきた電話口で「こちら消費者金融の○○です。」などの社名を名乗る事は一切ありません。ですから、バレる可能性はゼロに近いと思います。

妻などに「さっきの電話何?」と聞かれる可能性はあるかもしれませんが、それは上手く切り抜けてください。

もしそれでも心配なら、登録する電話番号を携帯番号にされる方法が良いと思います。携帯番号の登録は任意になっている場合が多いですが、自宅の固定番号と両方登録しておくと、必然的に携帯番号の方に連絡されるようになっています。

以前では、固定電話の方が審査において有利とされていましたが、現在ではすぐに連絡がとれる携帯電話の番号が良いとされており、不利にされる心配はありません。

カードや契約書類の受取は自動契約機にする

ネット申込から審査が終わるとネット契約される方が多いですが、ネット契約の場合は自宅へカードと契約内容が書かれた書類が郵送されてくることになります。

カードはATMでお金を借りる場合に必要になるので、手元にある方が便利ですが、自宅へ郵送物があると家族にカードローンでお金を借りようとしていることがバレる可能性があります。

ネット申込をされる方でも、カードの受取方法や契約方法を自動契約機が選択できるカードローンがあります。プロミスやアコムなどの大手消費者金融では自動契約機があり、銀行カードローンでも三菱UFJ銀行はテレビ窓口があり、三井住友銀行はローン契約機があります。

契約機でカードと契約書類を受け取れば、郵送物はなくなります。

明細書をWEB明細を利用すればバレない

カードローンでお金を借りる場合に、振込キャッシングや提携ATMなどの借入方法がありますが、提携ATMや自社のATMで借り入れする場合には、その場で利用明細書が出てくるようになっているので、自宅へ利用明細書が送られることはないので、家族にお金を借りたことはバレません。

しかし、振込キャッシングで手持ちの銀行口座に振り込んで借りると、後日に利用明細書が自宅へ送られてくるようになっています。

提携ATMで借りる場合には手数料が発生することが多いので、なるべく振込キャッシングを利用したい場合は、利用明細書のweb確認へ切り替えることで、自宅への利用明細書の郵送を止めることが出来ます

振込融資や口座振替は家族に口座確認されるとバレる

振込キャッシングや口座振替を利用したくて、家族にバレないようにするためにWEB明細を利用している方でも、家族に口座を確認されてしまうと、カードローンでお金を借りていることがバレてしまう可能性があります。


プロミスから振込キャッシングで三井住友銀行に振り込まれた時の画像ですが、口座に振込や引き落としがあれば記録が残ることになります。

プロミスの場合は、名義をパルセンターかプロミスで選択することが出来るので、パルセンターの方がバレる可能性は低いでしょう。

家族と共有している口座を利用している場合は、振込融資や口座振替を利用しないほうが、お金を借りたことがバレないようにすることに繋がります。

返済の遅延があれば家族にバレる

カードローンに限らず、約定返済日に決まった金額を返済されていないと、2,3日の間に登録されている電話番号に連絡があります。これも、携帯電話を登録してあると良いですが、返済自体遅れることは良いことではありません。

私も実験のために返済を遅らせたことがあり、自宅の固定電話番号と携帯番号の両方を登録していますが、携帯電話にかかってくるようになっていました。電話に出ることが出来ない場合でも、すぐに自宅への電話連絡ということにはならず、翌日などに再度携帯番号に連絡が入るのが一般的です。

しかし、さらに長い期間で返済が遅れると、自宅に督促状が届いたり、取り立て行為が稀に来てしまうケースもあります。最終的には、裁判となり給与の差し押さえとなってしまいます。ここまでくるとバレる以前の問題ですが、家族に大変な迷惑がかかってしまいます。

督促状が届くまでの期間は決められていませんが、長期延滞と言われるのが、61日以上か3ヶ月以上になっていますので、その2ヶ月程度で一度は返済の催促をする書面が届くはずです。

カードレスローンを利用する

カードローンと言えば「カード」を利用して、提携ATMで直接お金を借りる方法を思い浮かべると思います。しかし、ローンカードが財布に入っていたり、自宅の何処かに保管していると、ふとした時に財布を見られた場合や掃除の時に、ローンカードを発見される可能性もあります。

「ローンカードがないと利用できないよ」と思うのが通常ですが、プロミスSMBCモビットでは「カードレス」のキャッシングが可能になっています。

プロミスでは「web契約」、SMBCモビットでは「web完結申込」などと言われており、申し込みから契約まですべてネットで完結するようになっています。

プロミスの場合は「カードレス」を希望することで、カードが送られてくることがなくなります。モビットでは条件を満たすことで「web完結申込」を利用することが可能になり、自動的にカードの郵送がなくなり、さらに勤務先への電話連絡もありません。

カードがないと「借りる時はどうすればいいの?」と思う方も多いかもしれませんが、借りる方法はネットキャッシングの振込融資となっています。

スマホやパソコンで公式サイトの会員ページから振込依頼を出すことが可能になっていますが、最近はスマホのプロミスアプリやモビットアプリからでも、振込依頼を出すことも可能になっているので、困ることはありません。

振込融資だけでなく「スマホATM取引」も可能で、カードなしでセブン銀行ATMから借りることも出来るよ。


口座振込は記録が口座に残るから嫌だという方でも、スマホATM取引を利用すれば「セブン銀行ATM」から現金をカードなしで引き出せるので、口座への記録が残ることはありません。

通常通りのATMで引き出すことと一緒ですので、利用明細書はその場で発行されますし、明細書が自宅へ郵送されることもありません。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ