管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

審査の甘いカードローンはないの?

カードローン・キャッシングを利用しようと思ったら、自らカードローン会社を探して申し込まなくては始まりません。
しかし、申し込んだ皆さんがすべて審査に通ることが出来て、契約できるとは限りません。
カードローンを契約するための最大の難関は、審査にあるでしょう。
これは皆さん平等に審査され、申込者に返済能力が有るのか無いのか、厳しく判断する上で外せません。
「この方には甘い審査をしよう。」「この人には厳しい審査にしよう」というわけではありません。

そんな中でも申込者の心情として、やはり審査が比較的甘い確実に通りたいと思うのは当然ですよね。
私も、消費者金融のプロミスを申し込んだ時は、審査結果が出るまでは、少し緊張しました。

特に、お金に困っている方やパート・アルバイトなど低収入安定した収入が見込めない方は、その気持ちが大きいはず。

そこで、一般的に銀行カードローンより消費者金融のカードローンの方が、審査が甘いと認識されており、消費者金融を選ぶ方も多いでしょう。
それは100%間違っているとは言いませんが、通常の消費者金融なら審査基準もしっかりしており、特別甘いわけではないです。

審査が甘いカードローンは落とし穴かも

カードローン・キャッシングを現在探す場合は、ネットで検索する方が多いです。
実際このサイトを見て、カードローンなどの情報収集されている方も、ネットで色んなキーワードで検索してたどり着かれたと思います。

さて、審査が甘いカードローン・キャッシングを探す場合は、『審査 甘い カードローン』『通りやすい キャッシング』などと検索すのではないでしょうか?
そうすれば、数え切れない程のカードローンを紹介するサイトが出てきます。
だいたい消費者金融などを紹介していると思います。
最初に言ったように、消費者金融が特別甘いという訳ではないので、確実に通るとは限りません。

さらに注意するキーワードがある

上で言ったキーワードで検索した場合は、ほとんど大手消費者金融や、中小でも名前を聞いたことのある消費者金融のサイトに行くことがあると思います。

そういったサイトでは見かけないキーワードで紹介されていたり、ひどい消費者金融などのサイトでは見かけます。

  • 無審査カードローン(キャッシング)
  • ブラック・多重債務者でもOK
  • 絶対通るカードローン
  • など

こういったキーワードを見つけたら、かなりひどい消費者金融にたどり着く可能性は高いです。
よく言われているヤミ金ですね。

審査は確実に通るかもしれませんが、その後の返済で法外な金利・利息を取られたり、融通の効かないことになりかねません。

確実に甘い審査基準はない

消費者金融Aが審査が甘いとされていても、申し込んでみれば落とされ、まだ審査がAに比べて厳しいとされている消費者金融Bに、審査通過する場合もあるので、審査基準が甘いと言えるカードローンはありません。
申し込む方によって、審査基準にひっかかる・ひっかからないは、カードローン会社との相性になります。

審査の甘いものはないとばかり言っていますが、銀行系でもパート・アルバイト専用のカードローンなどもあり、申し込みやすくなってきています。

審査基準の主な項目

消費者金融や銀行カードローンの審査で、申込者がどれくらい返済能力があるのか判断するのは、単純に「収入がどれだけあるのか」だけで判断しません。

  • 勤務先の名称や住所
  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 未婚・既婚
  • 居住年数・居住形態
  • 現在の借り入れ金額・借り入れ件数

年収は返済能力に直接関わってくるものですが、会社の規模やどれぐらい続けて勤務されているかも重要になります。

審査する項目は、どこのカードローンでも同じですが、審査基準はそれぞれで違います。
申込者を平等に審査するために、スコアリングという点数を振り分けて審査を行います。
正社員や公務員なら5点で、パートやアルバイトなら1点などという感じになります。
しかし、スコアリングの点数の付け方には各社で違うので、審査通過率などが各社で違ってきます。

審査通過率から見る消費者金融

消費者金融の中には、毎月どれぐらいの申込者からどれぐらい審査に通ることが出来たのかという、審査通過率というのが公表されています。
審査基準は各社で公表されませんが、どれぐらいの方が通ることが出来るのかというのが分かれば、1つの目安としてカードローンを選べる基準になります。

  • アイフル・・・約45%
  • プロミス・・・約43%
  • アコム・・・約48%

審査通過率は、各社毎月同じ数値でもなく、毎月変動していることを頭に入れておいてください。
やはり各社で審査通過率に違いがあることが分かります。

どこの消費者金融も40%の審査通過率は超えており、アイフルやアコムでは約半数近くの方が審査に通ることが出来ることが分かります。
審査基準が消費者金融より厳しいと言われている銀行カードローンは、審査通過率は1割〜2割程度になり、それほど甘い審査とは言えないです。

新規貸付に柔軟な消費者金融

消費者金融のカードローンは甘いわけではありませんが、審査通過率を見る限り新規貸付への積極性は、銀行カードローンよりも高いことが分かります。
新規貸付を行うことは、新たな融資先が増えることになるので、消費者金融としても利益を拡大するチャンスになります。

しかし、初めにも書いたように誰でも貸付する契約は、消費者金融として利益ではなく損失になる可能性もあり、十分な返済能力があるのかという審査をするため、甘い審査はしません。

審査通過率の高いアイフルの詳細はこちら

カードローンの審査落ちした時の通過率をアップする方法

カードローンの審査に落ちた時は、気持ちが落ち込んでしまいますが、ほんとにお金を借りなければいけない場合は、そうも言っていられません。
もし、銀行カードローンを初めに申し込んで審査落ちされた方なら、銀行カードローンよりも審査通過率が高い消費者金融を申し込めば、意外と審査を通る可能性はあります。

しかし、消費者金融を申し込んだ時に審査落ちしてしまった場合には、いくつかのチェックポイントを抑えることで、審査に通る可能性を高めることが出来ます。

現在の借入状況を把握する

初めて消費者金融を申し込まれた方ではなく、いくつかのカードローンをすでに契約されている方では、現在の借入状況によって、審査落ちになってしまうことになります。

消費者金融は総量規制の対象のカードローンですので、年収3分の1を超える貸付は出来ないようになっています。
もし、年収3分の1を超えるような契約をすでにされているのであれば、新たな消費者金融の契約は出来ません。

消費者金融でも、総量規制の例外となる「一方的に有利になる貸付」なら、年収3分の1を超えるおまとめローンが可能になっています。
これは、プロミスやアイフルでも利用できるようになっています。

同時に何社も申し込まない

消費者金融の審査が甘いと言っても、相当お金に困っているような方には、なかなか契約してくれるとは言えません。

一概には言えませんが、相当お金に困っている方の場合、カードローンの審査に落ちてしまうと、すぐに新たなカードローンに申し込まれることが多いです。
しかし、何社も同時に申し込むということは、カードローン会社から見て「相当お金を工面するのに困っているな。」と判断されてしまい、返済が遅れる可能性が高い申込者となってしまいます。

1ヶ月に2社ほどまでに抑えながら、間隔を空けて申し込みされる方が良いと言えます。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ