即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンの申込方法と審査の流れ

カードローンでお金を借りようと思った場合は、まずはカードローンを申し込まなければいけませんが、各社カードローンには申込方法がいくつも用意されているのが通常です。

現在のカードローンの申込方法は「ネット申込」が主流で、スマホ1台で申込から契約が出来ます。

昔のキャッシングのイメージであれば、店頭窓口に出向いて、担当者と向き合ってカードローンを申し込むというのが一般的で、出向きたくない方であれば電話や郵送で申し込む方が多かったです。

最近では、ネット環境が整っているので、パソコンから申し込む方が増えてきて、特に今では、スマホや携帯電話からカードローンを申し込まれる方が増えています。

申込方法の違いで審査に影響が出てしまうことは絶対にありませんが、審査時間や契約できるまでの時間に大きな影響が出てしまうことはあります。

審査や契約までに時間がかかってしまう申込方法は、電話や郵送の申込方法となっており、審査や契約が早く進むことが出来るのが、ネット申込や自動契約機などになっています。ですので、ネット申込や自動契約機の申込方法が人気がある理由になっています。

申込方法の種類

カードローン申込方法の種類
  • ネット申込
  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • 電話・FAX
  • 郵送

カードローンを申し込む方法は5つに分けれられています。すべての申込方法に対応しているカードローン会社もあれば、ネット申込にしか対応していないカードローンもあります。

1つ1つの申込方法でどのような特徴があるか解説します。

ネット申込

カードローンをインターネットを利用して申し込む方法ですが、パソコンだけではなく「スマホ」「タブレット」「携帯電話」から申し込みできるようになっています。

大手消費者金融や大手銀行だけでなく、中小消費者金融や地方銀行でもネット申込は対応していることが多くなっています。24時間365日申し込み出来るようになっているので、好きな時間に申し込み出来るのがメリットになります。

特に、スマホにはカメラ機能があるので必要書類の提出が簡単に出来ます。

自動契約機

自動契約機は「無人契約機」「ローン契約機」「契約機コーナー」など、各カードローン会社で呼び方が変わってきます。

すべてのカードローン会社が自動契約機を持っているわけではなく、都市銀行の一部や大手消費者金融に限られます。

しかし、申込方法としては優秀で、申込から必要書類の提出、契約まで契約機内で行うことが出来て、最終的にその場で現金を引き出すことが出来るローンカードが発行されます。

現金が手元にすぐに必要な方や、振込融資の時間が過ぎてしまった方には、オススメな申込方法です。

土日祝日も営業していますが、21時〜22時までに営業が終了するところがほとんどで、それ以降の自動契約機からの申込は出来ません。あと、審査回答されるまでの1時間前後の待ち時間も契約機内で待つことになります。

店頭窓口

消費者金融や銀行に直接出向いて担当者と相談しながら、カードローンの申込が出来る方法になっています。申込だけでなく新規借入の相談や返済期間なども相談できるので、カードローンに詳しくない方はオススメになります。

しかし、土日の営業はしていないことや営業時間が18時ごろまでになっているので、平日に仕事されている方は申し込みに行けないことが考えられます。

郵送

カードローンの申込を郵送で受け付けているところもあります。大手の消費者金融や銀行、地方の金融機関など殆どは郵送は大丈夫です。

しかし、ネット銀行のカードローンはネット申込しか受け付けていないことも多く、郵送の申込は時間が非常にかかってしまうことがデメリットです。

電話・FAX

各カードローンのフリーダイヤルに申込受付がされていることがあり、電話での申込方法は意外と早く仮審査などが分かるようになっています。

しかし、本審査や契約手続きには郵送を利用しなければいけないことが多く、利用開始までは遅くなってしまう申込方法になります。

審査の流れ「まずは仮審査から本審査」

カードローンの申込が終われば審査が開始されます。その後、審査結果が簡単に終われば良いのですが、審査も2段階や3段階に分かれています。

審査の流れ
  1. 申込完了後、仮審査開始
  2. 仮審査結果後、書類の提出
  3. 本審査開始
  4. 在籍確認
  5. 本審査結果

審査の流れを大枠で分けていくと「仮審査」「本審査」「在籍確認」の3つに分けることが出来ます。在籍確認は本審査の中に組み込まれていると考えても良いです。

申込完了後の仮審査は機械的なスコアリングシステムによって自動審査がメインですので、数十秒〜数分程度で仮審査がメールで送られてくることが一般的です。

仮審査で落とされる方は、何日も審査結果を待たなくても落ちてしまうことが分かるようになっています。ですが、仮審査に通ってもカードローンは使うことは出来ません。

カードローンを利用するためには「本審査」に通る必要がありますが、必要書類を提出して、カードローン会社が人的審査である本審査を開始することになります。

人的審査は自動審査とは違い時間がかかるので、カードローン会社によって「最短30分審査」や翌日以降の審査回答など変わります。

申し込む前に本人確認書類を用意

カードローンを早く利用したいと思って焦っていると、カードローンを申し込んだんだけで安心される方が多いですが、事前に用意しておいた方が良いのが「本人確認書類」になります。

消費者金融の審査時間は最短30分と早くなっており、審査状況が遅くなっていなければ、カードローンの申込完了してから数十分後には、本人確認書類の提出が必要です。

代表的な本人確認書類
  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード※注
  • など

運転免許証であれば、財布などに常に入っているはずですので、すぐに用意できるのです。それ以外の本人確認書類になると、いざという時に提出が遅くなってしまうことが多くなります。

健康保険証などの顔写真のない本人確認書類である場合、住民票や公共料金の領収書なども併せて提出しなければダメですので、さらに用意までに時間がかかってしまいます。あらかじめ用意しておくようにしましょう。

個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出する場合、個人番号(マイナンバー)の箇所を付箋などで見えないように加工して、提出するようにしなければいけません。

収入証明書も事前に用意すべき?

収入証明書は、カードローンを申し込んだからと言って、すべての方が提出しなければいけない書類ではありません。

収入証明書が必ず提出しなければいけない条件というものがあります。

提出条件
  • 希望限度額が50万円を超える場合
  • 他社の借入残高と新たに契約する限度額の合計が100万円を超える場合

もし消費者金融や信販会社の貸金業者で、上の条件に当てはまる場合には、収入証明書の提出は必ず必要になります。これは、貸金業者は総量規制の対象であるため、貸金業法によって定められています。

ならば、希望限度額などが一定額を越えなければ、収入証明書の提出はひつようないのかというと、そうでもありません。

申込情報に弱い部分や怪しい部分がある場合でも、貸金業者で必要になるケースは大いにあります。

総量規制対象外の銀行カードローンでは必要ないとは言えず、2017年の過剰貸付問題から、銀行カードローンであろうとも希望限度額50万円を超える場合には、収入証明書の提出を求める銀行も増えています。

収入証明書の提出が必要になるケースは、大きな限度額になると必要になることが多いので、新規で契約される場合には、事前に用意しなくても良いと言えます。

スマホで申し込みする流れ

スマホで申込から利用する流れ
  1. スマホで必要事項を入力
  2. 申込完了、内容確認メール
  3. 仮審査開始
  4. 本人確認書類をスマホ提出
  5. 本審査開始
  6. 在籍確認
  7. 審査結果
  8. スマホでWEB契約
  9. 借入開始

ネット申込の中でも主流な「スマホ申込」ですが、上で解説した流れをスマホ1台で完結することが可能です。

書類の提出や在籍確認のタイミングは、カードローン会社で違いますが、全く違う流れになることはありません。

カード発行は自動契約機で行うことも出来ますが、急いでいない方は「郵送」で自宅へ送られてくる方法でも良いです。カードレスでも後日に発行することも出来るので、必要であれば自動契約機に出向けば大丈夫になります。

スマホだけでWEB完結できるカードローン

WEB完結が利用できるカードローン
カードローン WEB完結 カードレス
プロミス 可能
アコム 可能 ×
アイフル 可能
SMBCモビット 可能
レイクALSA 可能
三井住友銀行 可能 ×
三菱UFJ銀行 可能 ×
みずほ銀行 可能 ×

申込から契約までネット上ですべて行える「WEB完結」を利用できるカードローンは、プロミスやアコムなどの大手消費者金融や、三井住友銀行やみずほ銀行の大手銀行なら簡単に出来るようになっています。

大手ではないカードローン会社でも名前を聞いたことがあるような会社では、WEB完結が利用できるところも多くなっています。

消費者金融の中でには、WEB完結を利用してカードなし「カードレス」で利用できることも可能で、スマホ1台で申込・契約・借入・返済をすべて出来ることになります。

プロミスのスマホ申込の流れ

プロミスのカードローンは、私も持っているカードローンの1つですが、私がプロミスを申し込んだ方法はパソコンですが、最近のスマホでのプロミスの申込の流れを解説します。

申し込みの流れはパソコンとは変わりませんので、パソコンから申し込まれる方も、流れを把握するために見ても良いと思います。

プロミス公式サイトに入る


プロミス公式サイトに入ると、上のような金利や簡単な情報が書かれているトップページが出てくると思います。

プロミスのネット申込には、「カンタン入力」と「フル入力」とありますが、カンタン入力はその名の通り、入力する項目が限られているので、入力自体はすぐに終わることが出来ますが、申込完了後にプロミス側から電話によって、さらなる必要になる申込情報を口頭で伝えることになります。

スマホ入力が苦手な方であれば、カンタン入力を選択されれても良いと思いますが、「なるべく電話を避けたい」「入力には慣れている」と思う方であれば、フル入力を選択される方が良いと思います。

必要事項をすべて入力する

プロミス申込入力画面

プロミスのフル入力の申込方法をタップすると、必要事項を入力する画面に移行します。上の画像が入力する最初のところになりますが、入力する項目が多いので縦長の画像になってしまうので、割愛しています。

プロミスの入力する項目
項目 内容
お客様情報 氏名、生年月日、性別、家族構成(既婚or独身)、子供の有無、電話番号(携帯・PHS)、自宅電話の有無、運転免許証交付の有無
自宅情報 郵便番号、住所、住まいの種類(持ち家・賃貸・社宅・公営など)
勤務先情報 雇用形態、勤務先名、郵便番号、勤務先住所、所属部署(任意)、電話番号、社員数、最終学歴、入社年月、年収、健康保険証の種類、業種、職種
契約方法とその他の情報 希望する契約方法(web・来店)、希望限度額、現在の他社の借入件数と金額、メールアドレス、パスワード、審査結果の連絡方法(メール・携帯・自宅電話・勤務先電話)、書面の受取方法(web明細・自宅へ郵送・勤務先へ郵送)、アンケート

非常に多くの項目を入力しなければいけませんが、プロミス以外のカードローンの申込をする場合にも、同程度の内容を入力しなければいけません。

「スマホのフリック入力でするのは大変」と思う方もいると思いますが、スマホであれば予測変換もありますし、入力ではなく選択項目も多く、簡単にすべての入力を終えることが出来るので、思っているよりもカードローンの申し込みをスムーズに終えることが出来ます。

あとは、審査結果と書類提出に備えるだけ

プロミスのカードローンの申し込みが完了すると、審査結果の連絡を待つことになりますが、審査結果は申し込みで希望した方法で連絡されることになります。

もしメールで審査結果を受け取る場合、スマホで確認出来るメールアドレスを登録しておかないと、スマホ1台で完了できなくなってしまいます。常にスマホであれば簡単にメールを確認できるはずですので、パソコンに比べても簡単だと思います。

審査結果の連絡があれば、必要書類を提出するようになっているので、会員ページからアップロードも出来ますが、スマホアプリを利用すれば簡単に必要書類の提出が出来ます。

最後に、契約する際に「返済方法の選択」や「カード発行の有無」なども選ぶことになりますが、スマホ1台でweb完結で終わりたい方は、「口座振替による返済」と「カード発行なし」を選択すると、郵送物が発生しないweb完結がプロミスで可能になります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ