管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

審査が早いカードローンは消費者金融〜最短30分が目安

カードローンの利用を考えている方には、自分に合ったカードローンを探すために、いくつかの条件を出して考えますが、金利が低いという理由も多いですが、カードローンの審査の早さを重要視される方が多いです。

審査の早いカードローンと一般的に言われているのは「消費者金融」で、消費者金融に比べると銀行カードローンの審査は遅いと言われています。

大手消費者金融は最短30分で審査回答され、最短1時間融資も可能なところが多いです。

カードローンと言えば審査に通らなければ利用できないので、審査が一番の山場です。早く審査を終えたい理由に、急な出費が決まってしまい、それまでに借り入れを行いたいというのが主な理由になります。

様々なサイト・ブログなどで紹介されているカードローンで、『ブラックでもイケる』『絶対に通る』など、誰でも『審査に通る事の出来るカードローンはここ』などと載せているのを見ますが、審査が早いカードローンは審査が甘いわけではありません。

ブラックと言われる方や簡単に審査を通して、金融会社がお金を回収出来ない状態に陥ってしまったら、元も子もないですよね。

消費者金融の審査時間の早さ「最短30分」

世間一般的に言われている消費者金融は審査が早いのでしょうか?実際に、消費者金融だけで審査の時間の目安を表にしてみました。

消費者金融 審査時間
ノーローン 最短20分
プロミス 最短30分
SMBCモビット 最短30分
アコム 最短30分
アイフル 最短30分

※申し込みの時間帯・曜日で審査時間は変わってきます。翌日以降や翌営業日になります。

上の表を見ますと、ほとんどの消費者金融の審査時間がが最短30分となっており、かなり早い傾向になっています。消費者金融の審査は一般的に早いとされているのは事実と言えます。

しかし、申込者の申込情報や審査状況で、審査時間は遅くなりますので、早い借り入れを希望の場合は事前になるべく申し込むようにしましょう。

特に、プロミスやアコム、アイフルになると「最短1時間融資」も可能になっておるので、審査や契約をスムーズに進めると、午前中に申し込んでお昼ごろまでに借りることも出来るようになっています。

当日に審査回答される時間

審査の早い消費者金融ですので、午前中までに申し込めば翌日に審査回答が遅れることは確実ないと言えますが、遅い時間に申し込んでも十分に当日中に審査の結果が分かるようになります。

消費者金融の審査回答時間は「22時まで」になっていることが多く、20時までにネットや自動契約機で申込をすれば、審査結果は当日中に分かります。

当日中に借入を希望するのであれば、19時〜20時までに申し込みは終わらせている方が良いです。

消費者金融の審査を早くする方法

審査時間が早い消費者金融で申し込んだ場合でも、審査時間が遅くなってしまうことはあります。

どうしても遅くなってしまう理由もありますが、自ら申込内容で遅くしてしまうこともあります。

  • 1.申込者が多くなっている
  • 2.年収が低い・勤続年数が短い
  • 3.雇用形態が弱い
  • 4.誤字脱字がある
  • 5.希望限度額を大きい
  • 6.信用情報が悪い

1〜3は申込の混雑状況や勤務先に関してのことですので、自ら改善することは難しい内容になります。年明けの2月からボーナスが入るまでの5月の期間が、カードローンの申込状況が混雑しいやすくなります。

申込者本人が気をつける点は、申込する時に誤字脱字をしないことです。電話番号が間違っていなければ、申込内容の確認で改めることが出来ますが、時間のロスに繋がります。

希望限度額も必要以上に大きくされると、審査が慎重に行われてしまうことになるので、審査時間が長くなってしまう要因に繋がります。

信用情報は、これまでのクレジットの分割払いやローンの返済内容の記録されていることです。キレイなクレジットヒストリーがあれば、審査が早く終わることになりますが、悪い状況が確認されると最悪の場合は審査に落ちてしまうことにもなります。

あと、アイフルとSMBCモビットでは、申し込み完了後に優先的に審査を受けられるように、フリーダイヤルに連絡する方法もあります。

審査時間は早くならなくても、審査開始されるまでの時間が早くなるので、手続き完了するまでの時間が短く出来ます。

銀行は保証会社が審査でも遅い

銀行カードローンは、保証会社が審査するようになって審査が早くなったけど、最短即日融資は出来なくなりました。

銀行 保証会社
みずほ銀行 株式会社オリエントコーポレーション
三菱UFJ銀行 株式会社アコム
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス
住信SBIネット銀行
楽天銀行 セディナ

保証会社が審査することで、一時期は即日融資も出来ていた銀行カードローンですが、今では最短翌営業日が最も早い審査回答の時間になってしまっています。

即日融資と即日審査は間違えやすい

銀行カードローンは即日審査も出来ないようになっていますが、即日審査回答の場合には即日融資が出来ないこともあります。

信販系や流通系のカードローンの中には即日審査で、借り入れは翌日以降になってしまいことはよくあります。

「即日」という早い審査に惑わされて、融資が今日中に出来ないこともあるので、しっかり内容を見てから申し込むようにしましょう。

消費者金融プロミスで早く借りる方法

私も利用しているプロミスですが、最も早く借り入れ出来る方法や流れを紹介したいと思います。初めてカードローンを申し込まれる方は、時間がかかってしまいそうに感じますが、意外とスムーズに申込から契約までいけるので、参考にしてください。

申込から借り入れまでの早い流れ「ネット契約」

  1. パソコン・スマホから申込をする「web契約を選択」
  2. 必要事項内容で仮審査開始
  3. 勤務先への在籍確認
  4. 必要書類の提出「アップロード」
  5. 本審査結果
  6. WEB契約で手続き完了
  7. 指定口座に振込

プロミスの店舗などに出向くことなく契約できるのが「WEB契約」になっています。

1番皆さんが手こずる可能性が高いのが、必要書類の提出となりますが、提出が遅れてしまうと審査時間が延びてしまい、契約できるまで時間がかかってしまうことになります。

スマホをお持ちの方は、プロミスのアプリを利用することで、カメラ機能で必要書類を撮影して、そのまま送付できる機能があります。アプリを利用すると、更に審査時間を短く出来る可能性もあります。

プロミス読み取り機能の説明

申込時に「web契約」を選択して、本審査に無事に通ることが出来ると、時間内にに振込依頼を出すだけで、指定している口座にプロミスから振り込まれるようになっています。もし、当日の振込可能時間を過ぎてしまいそうな時は、次に紹介する「自動契約機」でカード発行することをオススメします。

時間を過ぎても借り入れできる流れ「自動契約機」

  1. ネット申込開始
  2. 仮審査開始
  3. 勤務先への在籍確認
  4. 自動契約機に出向く
  5. 必要書類の提出
  6. 本審査結果
  7. 契約手続き後、カード発行
  8. 提携ATM・プロミスATMで借入可能

勤務先への在籍確認までは流れは同じになっていますが、申し込み時間が遅くなってしまった場合に、当日振込は出来なさそうになった時は、プロミスの自動契約機に出向くことで、審査も早く、借り入れも当日に出来る可能性があります。

初めからプロミスの自動契約機に出向いて、申し込みすることも可能になっていますが、契約機内で申込書に手書きで書いていかなければいけません。自動契約機内に拘束されてしまう時間が長くなり、仕事をされている方では、少し支障をきたしてしまう可能性もあります。

ネット申込で先に済ませておくと、拘束される時間も短くなりますし、自動契約機に出向く時に、本人の運転免許証や必要な方は収入証明書などの必要書類を持参してください。プロミスの自動契約機に書類をスキャンする機械があり、その場で提出が出来るようになっています。

契約完了後、自動契約機ではカード発行が出来るため、併設されているプロミスATMやコンビニなどの提携ATMで、すぐにお金を引き出すことが出来ます。

自動契約機で契約をすると、さらにメリットがあり、ローンカードや契約書類などの自宅への郵送がされないので、家族などにバレる可能性を低くすることが出来ます。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ