即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローン申し込み・審査について

申し込み関連項目

初めてカードローンでお金を借りようと検討されている方は、どうやって申し込むのかということからわからない方も多いですが、カードローンの申込方法には「スマホ」「パソコン」から申し込みできるネット申込が多くなっています。

消費者金融や大手銀行カードローンでは、自動契約機やローン契約機などの担当者がその場に居なくても申込が出来る方法もあり、契約機でカード発行が受け取る方法もあります。契約機には営業時間があり土日や祝日関係なく21時や22時まで申込が出来るようになっていますが、ネット申込は24時間365日で申込受付になっていますので、いつでも申し込めるようになっています。

カードローンを申し込む時には、事前に必要書類をからかじめ用意されたほうが、カードローンの審査や契約をスムーズに進めることが出来て、結果的に早くお金を借りることも可能になります。

一概にカードローンと言っても、テレビCMを見ていると消費者金融や銀行カードローンなど種類が多く、申込先を悩まれることも多いです。即日融資や金利の低いカードローンもあり、申込をする前には事前にカードローンをチェックされることをオススメします。

審査関連項目

カードローンを申し込めば、申し込んだカードローン会社や、銀行であれば保証会社による審査が行われます。申込で入力した「年収」「勤続先情報」「家族構成」「居住形態」などの様々な項目で、審査のふるいにかけられることになります。審査に通ることが出来ればカードローンを利用してお金を借りることが出来ます。

カードローンを申し込めば審査に必ず通るということはなく、審査基準も公表されていませんので、A社に通りB社で落ちることもよくあり、申込者が変われば逆にB社に通ることもあります。

カードローンの申込は消費者金融か銀行カードローンを選ばれる方が多いですが、消費者金融は審査が非常に早く、急いで借りたいと思っている方は消費者金融が良いです。審査基準も銀行カードローンより低い場合もあります。

審査に通る第1条件になるのは「安定した収入がある」と判断されることになり、会社に勤務されて収入が毎月入る方が、審査のスコアリングで高く評価されます。正社員ではなくてもパートやアルバイトで働かれている方でも、審査に通ることは可能になっていますが、正社員よりは審査で厳しく評価するカードローン会社が多いです。

年収だけが安定した収入ではなく、勤続年数の長さも審査のスコアリングに影響があり、長ければ長いほどよい評価を得られることが通常です。大手企業に勤務されることは良いことですが、転職ばかりさて勤続年数が短い場合は審査で悪い印象になり、借りることが出来る限度額が非常に少なく契約される場合が多くなります。

しかし、審査の際に信用情報機関に異動情報がないのか照合され、異動情報が記録されている申込者の場合は、どこのカードローンを申し込まれても審査に通ることは出来ない可能性が高いと思ってください。

審査に落ちる要因になりやすいのが異動情報ですが、異動情報は任意整理、個人再生、自己破産を思い浮かべると思いますが、返済や支払いが遅れてしまう長期延滞も異動情報になります。スマホ本体代の分割払いの遅れも長期延滞になるので注意しましょう。

在籍確認関連項目

審査の最終段階として勤務先への在籍確認があり、在籍確認を嫌がってカードローンを申し込まれることを迷ってしまうかたも多いです。在籍確認が無事に終われば審査に通るようになっています。

在籍確認は消費者金融でも銀行カードローンでも行われ、私がプロミスを申し込んだ時も勤務先に連絡がありました。在籍確認で会社にカードローンを申し込んだことがバレる心配はなく、思っているよりも簡単に終わるのが在籍確認です。

カードローンの申込をして審査に落ちたくないと思うのが当たり前ですが、審査に落ちたくないからという気持ちから、申込内容にウソの情報を入力することはいけません。

勤務先の情報であれば在籍確認でバレてしまうことが一般的で、収入に関しては収入証明書の提出でバレます。他の情報でもバレることが普通ですが、万が一審査に通ることもある場合もありますが、後から虚偽の申込内容だとバレると、一括返済を求められることになります。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ