管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

即日融資のカードローンの申込方法

今日中にどうしてもお金が必要な場合でも、申込方法や時間に注意すればカードローンでは即日融資でお金を借りることが出来ます。

「急な用事でお金が必要になった。」となってしまうことがありますが、消費者金融の審査時間は最短30分、最短融資時間1時間と非常に素早い融資が可能になっています。

審査や融資の早さに定評があるプロミスやアコム、アイフルなどで契約できれば、平日に限らず土日でも即日融資が出来ます。

いくつか即日融資を可能にするポイントや注意点があるので、慌てずに正確に申し込みするようにしましょう。

即日融資を可能にするポイント

カードローンの申込方法には、「ネット申込」「自動契約機・窓口」「郵送」「電話」の方法があります。

しかし、すべての申込方法が即日融資に向いているというわけではなく、「ネット申込」「自動契約機・窓口」「電話」が即日融資が可能な申込方法になっており、郵送での即日融資には対応していません。

  • 申込方法はネット申込
  • 即日融資が可能なカードローン会社を選ぶ
  • 振込かATMで借りるか決めておく
  • カードローン契約は22時まで

カードローンは、万が一の為に事前に契約していれば、いつでも借り入れの出来る便利なものですが、どこのサイトでもそういった様に事前に申し込みましょうと紹介していますが、やっぱり人間は切羽詰まらないと、カードローンの申し込みには踏み切らないです。

カードローンの申込方法で「ネット申込」が、最も審査が開始される素早くする流れになっています。

即日融資が可能なカードローンは、「プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット」などの大手消費者金融になり、銀行カードローンでは即日融資が出来ないので、あらかじめ消費者金融をネット申込すると覚えておきましょう。

振込で借りるのかATMで借りるのか、あらかじめ決めておくと、申込する時間帯や流れが変わってくることになります。

平日の夕方までに即日融資を受けたい時

平日の夕方までに、消費者金融で即日融資を受けたい時に借入方法は「振込融資」「ATM」の両方が利用出来る可能性があります。


消費者金融の審査時間は非常に早く、1時間以内で回答が来ることが多く、午前中までに申込を完了させておくと、お昼ごろに審査の結果が分かるようになっています。

午前中までに消費者金融に申し込んで、翌日まで審査回答が延びることはほとんどないので、即日融資が出来る可能性が非常に高くなります。

平日14時までが即日振込融資のボーダーライン

カードローンの申込方法で主流なのが「ネット申込」になっていますが、即日融資を希望する場合でもネット申込が1番有効な申込方法の1つになります。

ネット申込をされる方の多くは、そのままネット契約に進まれる方が多いので、ローンカードを受け取るのは、郵送で送られてくるため、数日後になってしまいます。カードがなければ提携ATMで借り入れするのは出来ませんので、振込キャッシングが即日融資をする方法になります。

消費者金融の当日振込可能な時間帯
金融名 条件時間
プロミス 平日14時までにWEB契約完了が必要
三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座は24時間
SMBCモビット 平日14時50分まで
アコム 14時30分まで
楽天銀行口座は24時間
ノーローン 12時30分まで
楽天銀行口座は24時間
アイフル 14時00分まで

消費者金融では、振込キャッシングは24時間受け付けているのですが、当日振込になるためには時間を守らなければ当日扱いとはならず、翌営業日まで待たなければいけなくなります。

銀行の窓口業務や当日扱いになる振込業務は、平日15時までになっていますので、消費者金融に対して振込依頼を出すのは、平日15時までに行わなければいけません。上の表が消費者金融の当日振込が出来る時間帯になります。

表を見てもらうと、消費者金融が違うと振込可能な時間帯も変わっており、「平日14時」前後が即日融資のボーダーラインになっています。1番遅くまで当日振込が可能な時間帯はモビットで、ノーローンになると「平日12時30分」までに振込依頼を出さなければいけません。

すでにカードローンを契約している方や、これからカードローンを申し込む新規の方でも同じ条件になっておるので、特にこれからカードローンを申し込まれる方は、申込作業にかかる時間や審査時間などを考慮しなければいけないので、ネット申込は平日の午前中までに終わらせる必要があります。

24時間振込対応の消費者金融

消費者金融で振込キャッシングで即日融資を受けるためには、平日14時までがボーダーラインと言いましたが、条件次第では平日や土日関係なく24時間365日で振込キャッシングが出来る場合もあります。

24時間振込キャッシング可能な銀行口座
消費者金融名 対応銀行口座
プロミス 三井住友銀行、ジャパンネット銀行
アコム 楽天銀行
ノーローン 楽天銀行

すべての消費者金融で24時間の振込キャッシングが出来るわけではなく、どこの銀行口座でも良いというわけでもありません。

プロミスであれば「三井住友銀行かジャパンネット銀行」の口座、アコムとノーローンであれば「楽天銀行」の口座になります。土日の振込キャッシングが対応しているのが、大変便利な方法と言えますし、曜日や時間に関わらず手数料は無料になっています。

自動契約機でカード発行から即日融資する場合

即日融資が可能な申込方法の自動契約機の場合は、22時まで即日融資に対応しています。ネット契約と比べても断然長い時間帯まで即日融資が可能になっています。

平日の昼間や夕方でも十分営業時間内で、審査回答も22時までになっていますから、仕事の合間や仕事終わりに申し込みにされる場合も、即日融資が出来る可能性が非常に高いです。

ここで注意することは、自動契約機で申し込みする場合にも、審査時間などを考慮しなければいけませんので、遅くても20時や21時までに契約機内に入り、カードローンの申込作業を進めるようにしましょう。

ネット申込の流れでネット契約した場合に、カードは郵送で送られてきますが、自動契約機で契約をする場合には、その場でローンカードが発行出来るようになっています。カードさえ手元にあるのであれば、新規契約者であろうと、すでに契約されているかたであろうと、提携ATMでお金を引き出すことが可能になっています。

提携ATMであれば24時間365日利用可能ですから、必要な時に即日融資が出来ます。

カードなしのスマホATMで借りる場合

ATMで借りたい場合はカードが必要になりますが、プロミスやアイフルであればカードなしでセブン銀行ATMから即日融資が可能になります。

22時までに審査回答と契約を終わらせる必要はありますが、24時間365日営業しているセブン銀行ATMであれば、22時以降でも利用することが出来ます。

土日や平日夜間に即日融資を受けたい場合

即日融資をする場合に、ネット申込であろうと自動契約機であろうと、土日でも即日融資を受けることは可能になっています。

理由としては、消費者金融では審査は平日だけでなく、土日でも22時まで行われているのが通常で、土日だから審査を行っていないことはありません。

しかし、振込キャッシングで土日に借り入れることは、通常できませんので、向いていません。やはり、土日に即日融資を受けるには自動契約機で契約することに限られます。

各消費者金融の自動契約機の営業時間は、土日でも「21時」「22時」までになっています。営業時間内で審査回答も行われるので、平日同様に営業終了時間ギリギリでは、審査回答まで行われないことにもなりますので、注意してください。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ