即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

今日中に即日融資で消費者金融からキャッシングする方法

今日中にお金がどうしても必要な場合、申込方法や時間に注意すればカードローンでは即日融資でお金を借りることが出来ます。

「急な用事でお金が必要になった。」となってしまうことがありますが、消費者金融の審査時間は最短30分、最短融資時間1時間と非常に素早い融資が可能になっています。

審査や融資の早さに定評があるプロミスやアコム、アイフルなどで契約できれば、平日に限らず土日でも即日融資が出来ます。

いくつか即日融資を可能にするポイントや注意点があるので、慌てずに正確に申し込みするようにしましょ

即日融資が出来る消費者金融はどこ?

消費者金融は大手から地方の中小消費者金融があります。中小消費者金融でも即日融資を可能にしているところも多いです。

しかし、大手に比べると即日融資の早さなどにはバラつきが多く、審査回答まで数日間が必要になることも多いので、大手消費者金融の方が断然に審査の早さの安定性が高いです。

即日融資が期待できる消費者金融
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット

上の4つの候補の消費者金融では、即日融資が受けやすいカードローンになります。

即日融資の振込が最もしやすいプロミス

即日融資しやすさNO.1!!
  • 最短「30分審査」「1時間融資」、22時まで即日可能
  • 土日は契約機でカード発行から即日融資
  • 土日の即日振込も24時間振込可能
プロミスのオススメPoint
  • 初回借入翌日から30日間無利息サービス※
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行など504行の金融機関口座で瞬フリ可能
  • 郵送物なしカードレスでスマホATM取引が可能

※WEB明細利用とメアド登録が必要

実質年率 限度額 年齢制限 審査時間
年4.5%~17.8% 1~500万円 満20歳~69歳 最短30分
最短即日融資 来店 担保/保証人 収入証明書
可能 不要 不要 50万円を越える場合
平日14時までに契約完了で即日融資!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミスで即日融資を受ける方法を見てみる

審査スピードの早さに定評があるアコム

即日融資Point!!
  • 最短「30分審査」「1時間融資」、22時まで即日OK
  • 即日振込は平日14時30分まで(例外あり)
  • 土日祝は「むじんくん」でカード発行から即日融資
アコムのオススメPoint
  • 初回契約日翌日から最大30日間無利息
  • 楽天銀行口座は24時間365日で振込可能
  • 3秒診断で借入可能か判断
金利 限度額 年齢制限 審査時間
3.0~18.0% 800万円 満20歳~69歳 最短30分
即日融資 来店 担保/保証人 収入証明書
最短1時間 不要 不要 50万円以上
初めてなら最大30日間の無利息期間!
\ 来店不要て最短1時間融資! /

アコムで即日融資を受ける方法を見てみる

電話連絡で優先審査も可能なアイフル

アイフル
即日融資Point!!
  • 最短「30分審査」「1時間融資」、22時まで即日OK
  • 即日振込は平日14時まで
  • 土日祝は「てまいらず」でカード発行から即日融資
アイフルのオススメPoint
  • 初回契約日翌日から最大30日間無利息
  • WEB完結でカードレス選択で郵送物なし
  • 1秒診断で融資の可否を即診断
金利 限度額 年齢制限 審査時間
3.0~18.0% 800万円 満20歳~69歳 最短30分
最短即日融資 来店 担保/保証人 収入証明書
可能 不要 不要 50万円以上※

※アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合

最短30分審査が可能!
\平日14時までに振込依頼で即日振込!/

アイフルで即日融資を受ける方法を見てみる

条件次第で電話連絡がないSMBCモビット

モビット 新規申込プロモーション
即日融資Point!!
  • 21時まで即日OK
  • 即日振込は平日14時50分まで
  • 土日祝は契約機でカード発行から即日融資
  • カードレスでもスマホATM取引で即日可能
SMBCモビットのオススメPoint
  • Web完結申込で電話・郵送物なし!!
  • 10秒簡易審査!!
金利 限度額 年齢制限 審査時間
3.0~18.0% 800万円 満20歳~69歳 最短30分※1
即日融資 来店 担保/保証人 収入証明書
可能※2 不要 不要

※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※2:14時50分までに振り込み手続き完了している必要があります。

電話連絡・郵送物なし「WEB完結申込」が可能!
\ 10秒簡易審査で審査結果が分かる! /

SMBCモビットで即日融資を受ける方法を見てみる

即日融資を受けるためのポイント

カードローンの申込方法には、「ネット申込」「自動契約機・窓口」「郵送」「電話」の方法があります。

しかし、すべての申込方法が即日融資に向いているというわけではなく、「ネット申込」「自動契約機・窓口」「電話」が即日融資が可能な申込方法になっており、郵送での即日融資には対応していません。

即日融資で抑えておくべきポイント
  • 申込方法はネット申込
  • 即日融資が可能なカードローン会社を選ぶ
  • 振込かATMで借りるか決めておく
  • カードローン契約は22時まで

お金を借りるのは切羽詰まらないと、カードローン申込をされない方が多いので、時間も限られるためカードローンの申込方法で「ネット申込」が、最も審査が開始される素早くするオススメの申込方法になります。

即日融資が可能なカードローンは先ほども解説した「プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット」などの大手消費者金融になり、銀行カードローンでは即日融資が出来ないので、あらかじめ消費者金融をネット申込すると覚えておきましょう。

振込で借りるのかATMで借りるのか、あらかじめ決めておくと、申込する時間帯や流れが変わってくることになります。

WEB完結の振込で即日融資を受けるには?

WEB完結で振込キャッシングをすれば、外出しなくても銀行口座に振込が行われます。

自動契約機や窓口に出向いて消費者金融を申し込むことも出来ますが、わざわざ出向いて申し込むのは面倒と思う方も多いはずです。

消費者金融であれば、ネット上だけで申込から契約とさらに振込依頼も出来るようになっているので、簡単に即日融資がネットだけで出来るようになっています。

消費者金融のネット申込は24時間受け付けていますので、審査時間は非常に早い消費者金融であれば、1時間以内で回答が来ることが多く、午前中までに申込を完了させておくと、お昼ごろに審査の結果が分かるようになっています。

午前中までに消費者金融に申し込んで、翌日まで審査回答が延びることはほとんどないので、即日融資が出来る可能性が非常に高くなります。

WEB完結で即日融資をする流れ

WEB完結から振込融資をする流れ
  1. ネット申込
  2. 審査開始
  3. 必要書類の提出
  4. 在籍確認
  5. 審査結果の連絡
  6. WEB上で契約
  7. 振込依頼
  8. 指定口座へ振込実施

WEB完結で振込を行う流れはスマホ1台だけで十分に出来るようになっています。

審査や在籍確認は消費者金融側で行ってくれる項目ですので、申込者が必要書類の提出や契約手続きがスムーズに進まなければ、振込で即日融資が出来ないこともあるので、気をつけましょう。

平日14時までが即日振込のボーダーライン

ネット申込をされる方の多くは、そのままネット契約に進まれる方が多いので、ローンカードを受け取るのは、郵送で送られてくるため、数日後になってしまいます。

カードがなければ提携ATMで借り入れするのは出来ませんので、振込キャッシングが即日融資をする方法になります。

消費者金融の当日振込可能な時間帯
金融名 条件時間
プロミス 平日14時までにWEB契約完了が必要
※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行など504行の口座は24時間
SMBCモビット 平日14時50分まで
アコム 14時30分まで
※楽天銀行口座は24時間
ノーローン 12時30分まで
※楽天銀行口座は24時間
アイフル 14時00分まで

上の表が消費者金融の当日振込が出来る時間帯になります。

消費者金融では、振込キャッシングは24時間受け付けているのですが、当日振込になるためには時間を守らなければ当日扱いとはならず、翌営業日まで待たなければいけなくなります。

銀行の窓口業務や当日扱いになる振込業務は、平日15時までになっていますので、消費者金融に対して振込依頼を出すのは、平日15時までに行わなければいけません。

表を見てもらうと、消費者金融が違うと振込可能な時間帯も変わっており、「平日14時」前後が即日融資のボーダーラインになっています。1番遅くまで当日振込が可能な時間帯はモビットで、ノーローンになると「平日12時30分」までに振込依頼を出さなければいけません。

すでにカードローンを契約している方や、これからカードローンを申し込む新規の方でも同じ条件になっておるので、特にこれからカードローンを申し込まれる方は、申込作業にかかる時間や審査時間などを考慮しなければいけないので、ネット申込は平日の午前中までに終わらせる必要があります。

15時以降も振込可能な24時間対応の消費者金融は?

消費者金融で振込キャッシングで即日融資を受けるためには、平日14時までがボーダーラインと言いましたが、条件次第では平日や土日関係なく24時間365日で振込キャッシングが出来る場合もあります。

24時間振込キャッシング可能な銀行口座
消費者金融名 対応銀行口座
プロミス 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行など504行の口座は24時間
アコム 楽天銀行
ノーローン 楽天銀行

すべての消費者金融で24時間の振込キャッシングが出来るわけではなく、どこの銀行口座でも良いというわけでもありません。

プロミスであれば「三井住友銀行やジャパンネット銀行」などの口座、アコムとノーローンであれば「楽天銀行」の口座になります。

平日15時以降や土日の振込キャッシングが対応しているのが、大変便利な方法と言えますし、曜日や時間に関わらず手数料は無料になっています。

自動契約機で即日融資を受けるには?

自動契約機ではカード発行が出来るので、即日融資で提携ATMから現金を引き出すことが出来ます。


即日融資が可能な申込方法の自動契約機の場合は、22時まで即日融資に対応しています。WEB完結の振込キャッシングと比べても、断然長い時間帯まで即日融資が可能になっています。

平日の昼間や夕方でも消費者金融は営業時間内で、審査回答も22時までになっていますから、仕事の合間や仕事終わりに申し込みにされる場合も、即日融資が出来る可能性が非常に高いです。

自動契約機で即日融資する契約の流れ

自動契約機に直接出向いて、申込と契約をしても良いのですが、万が一に審査に通ることが出来ないと、自動契約機に出向いた手間と時間が無駄になってしまいことになります。

ですので、まずはネット申込をして審査を済ませていると、時間のムダもなくなります。

ネット申込から自動契約機の流れ
  1. ネット申込
  2. 審査開始
  3. 申込内容の確認、在籍確認
  4. 審査結果の連絡
  5. 自動契約機に出向く
  6. 必要書類の提出
  7. 契約を済ませる
  8. その場でローンカード発行
  9. 自社ATM、提携ATMで借り入れ

WEB完結と比較しても、カードローンにネット申込から審査結果の連絡まで、さほど流れに違いはありません。

審査時間も、最短30分から2時間程度で分かる場合が多く、審査が分かったらすぐに自動契約機に出向く必要はないので、仕事終わりなどに行けばいいだけです。

自動契約機には営業時間があるので注意

いつでも自動契約機が使えるわけではありませんので、利用したいカードローンの契約機がどの時間まで営業しているか、調べておく必要があります。

大手消費者金融の契約機営業時間
消費者金融 営業時間
プロミス 9:00~22:00(土・日・祝日もお申込可能)
21:00までの契約機もあり。
アコム 9:00~22:00(年中無休・年末年始を除く)
SMBCモビット 8:00~21:00(土・日・祝日もお申込可能)
場所にとって営業時間は異なる。
ノーローン(レイク) 8:45~21:00(土・日・祝日もお申込可能)
第3日曜日は19:00まで。
アイフル 9:00~21:00(土・日・祝日もお申込可能)

表を見ると、どこの消費者金融の自動契約機は21時まで営業していますので、ネット申込が終わっているなら、仕事が終わってからでも間に合う可能性があります。

さらに平日に限らず、土日祝日でも自動契約機は営業していますので、休みの時でもカードローンの申し込みは出来るようになっています。

本人確認書類と条件によって収入証明書の提出が必要ですので、契約機に行く際も忘れないようにしましょう。

ここで注意することは、自動契約機で申し込みする場合にも、審査時間などを考慮しなければいけませんので、遅くても20時や21時までに契約機内に入り、カードローンの申込作業を進めるようにしましょう。

ネット申込の流れでネット契約した場合に、カードは郵送で送られてきますが、自動契約機で契約をする場合には、その場でローンカードが発行出来るようになっています。

カードさえ手元にあるのであれば、新規契約者であろうと、すでに契約されているかたであろうと、提携ATMでお金を引き出すことが可能になっています。

提携ATMであれば24時間365日利用可能ですから、必要な時に即日融資が出来ます。

自動契約機で即日融資を利用するメリット

自動契約機は担当者と対人で契約するわけではないので、緊張感は少なくなるメリットはあります。

自動契約機の操作や申込のやり方が分からなくなっても、契約機には専用回線で備え付けされているので、説明を聞くことが出来ます。

それと何と言っても、ローン専用カードがその場で発行されるのが最大のメリットです。カードがあればすぐに提携ATMなどで借り入れが出来ます。

各金融機関のカードローンの提携ATMは、殆どのコンビニが対応していることが多く、使い勝手が良いです。

WEB契約では後日にカードと契約書が自宅に送られてくるようになっているので、バレないようにされていても敬遠してしまいます。

しかし、自動契約機ではカード発行はもちろん、契約書もその場で受け取ることが出来るので、郵送物が送られてくることがないので、安心して利用しやすいメリットがあります。

カードなしでATMから即日融資で借りる方法

消費者金融の提携ATMで借りたい場合は、通常であればローンカードが必要になりますが、プロミスやアイフル、SMBCモビットであれば、カードなしでセブン銀行ATMから即日融資が可能になります。

22時までに審査回答と契約を終わらせる必要はありますが、24時間365日営業しているセブン銀行ATMであれば、22時以降でも利用することが出来ます。

カードの代わりになる専用のスマホアプリで、ATMのQRコードを読み取ると、ATMから現金を引き出せる「スマホ取引ATM」が利用できます。

WEB契約をされた方や、自動契約機に行くことが出来ない方などには大変便利で、即日融資が受けやすくなっています。

土日や平日夜間に即日融資を受けたい場合

即日融資を消費者金融から受ける場合に、ネット申込であろうと自動契約機であろうと、土日でも即日融資を受けることは可能になっています。

理由としては、消費者金融では審査は平日だけでなく、土日でも22時まで行われているのが通常で、土日だから審査を行っていないことはありません。

しかし、振込キャッシングで土日に借り入れることは、24時間365日振込可能以外は出来ませんので、向いていません。やはり、土日に即日融資を受けるには自動契約機で契約することに限られます。

各消費者金融の自動契約機の営業時間は、土日でも「21時」「22時」までになっています。営業時間内で審査回答も行われるので、平日同様に営業終了時間ギリギリでは、審査回答まで行われないことにもなりますので、注意してください。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ