管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

在籍確認で会社にカードローン利用はバレない〜在籍確認を避ける方法

カードローンの申し込みをして、申込者の返済能力の調査の審査の大詰めとされるのが、会社に本当に働いているか確認される在籍確認というものがあります。

在籍確認の際に自分が『借金しているのがバレないかなぁ』『悪い印象を持たれるのがイヤだ』と、思う方は多くいます。

なんと言っても、会社にカードローン会社の担当者から電話連絡があるので、同僚や上司に借金をすることがバレる心配をしてしまうのは当然です。カードローン審査で、在籍確認が無ければ良いのにと思う方もいるはずです。

カードローンの在籍確認は行われますが、個人名で電話がかけられるので、会社にバレる心配はする必要がありません。

カードローン会社は、収入源のない方にお金を貸して、返済してもらわれなくなっては困ってしまうので、申込情報に記入された勤務先へ本人がいるかどうかの在籍確認はなくなる事はない基本的にはありません。

在籍確認の電話口に、自分が出ることが出来るのならば、会社の同僚などにバレる可能性はゼロに近づくでしょうが、いつ電話がかかって来るか分からないものです。

しかし、在籍確認で会社の方々にカードローンを申し込んだということが、バレル可能性は限りなくゼロに近いと言えます。

在籍確認で本人不在の時でもバレない理由

カードローン申込者本人の仕事上、職場でずっとデスクワークしているとは限らない方も多いはずですし、営業職の方は、基本外回りになる方が多いです。特に席を外している時に、在籍確認の電話連絡があると、会社の同僚などが出てバレるんじゃないかと思いますよね。

しかし、申込者本人以外が在籍確認の電話に出ても、限りなくバレないようになっている理由があります。在籍確認の基本的な流れが下記になります。

  1. カードローン担当者:『○○(個人名)ですが、△△さん(申込者名)はいらっしゃいますか?』
  2. 職場の方:『現在△△は、席を外しています』
  3. 『では、携帯電話の方にかけてみます』

本人不在で行われる在籍確認の基本的な流れです。

1番のところですが、まずカードローンサービスは会社名を名乗りません。私もプロミスを申込した時に在籍確認が行われ、カードローン担当者の個人名を名乗ります。会社に戻ったときに、『○○さんから電話あったよ』と言われるくらいで、カードローンを申し込んだことはバレることはないです。

さらに2番で、「△△は席を外しています」や、「只今、作業中で電話に出る事が出来ません」など、その会社に在籍している職員である事を証明してもらえれば、本人が電話口に出なくても在籍確認は出来たものとされるので、本人が必ず出る必要は無く安心しても大丈夫です。

カードローン会社が用件や社名を聞かれた時の上手い対処

申込者が働いている会社がしっかりしていると、電話をかけてきた相手に「用件」や「会社名」などをしっかり聞いてくれるという、本来であればありがたい話でありますが、カードローンを申し込んだ本人にとっては、余計にカードローン利用がバレる可能性が高まってしまうと考えますよね。

しかし、消費者金融や銀行カードローンも、日々在籍確認の電話連絡をしており、様々な会社の対応にも慣れているので、上手く対応してカードローン会社からの電話だとは分からないようにしてくれます。

消費者金融の場合に、用件や会社名などを聞かれた時は、「個人的な用件ですので、改めて電話させていただきます。」といった内容で、社名を絶対に名乗らないように電話を切る場合が多いです。

消費者金融で社名を名乗ってしまうと、カードローンだと分かってしまう可能性が、かなり高くなってしまうので、社名を聞かれても応えないのが当たり前になります。

しかし、銀行カードローンの場合は、社名を聞かれた際には、そのまま銀行名を名乗る場合が多いですし、初めの在籍確認時にも社名を出す場合もあります。

「在籍確認で銀行名を出したらカードローン利用がバレるよ!!」と思うかもしれませんが、銀行が扱っている商品はカードローンだけではありません。

住宅ローンやマイカーローンなどローン商品であれば、絶対に勤務先への在籍確認が行われるので、カードローン限定とバレることはありません。銀行も「カードローン審査の在籍確認です」などの発言はしません。

在籍確認で本人が出た時の対応と対処

カードローンの在籍確認は、本人不在で終わっているケースが多く、知らない間に本審査に通り契約段階に進んでいることがあります。在籍確認が無かったと勘違いされる方も中にはいます。

私がプロミスを申し込んだときのように、本人が電話口に出て在籍確認する時もあります。本人が在籍確認出来れば、同僚などにバレる可能性はゼロに近いですが、それよりも何か質問されのかということの方が気にされていると思います。

本人が電話口に出れば、ほぼ在籍確認は完了しているのですが、万が一のために本人である確認作業が行われます。

質問される内容は「氏名」「生年月日」が主で、たまに住所なども聞かれるカードローンもあるようです。私の場合は、名前と年齢だけでした。

在籍確認と本人確認で終了ですので1分ほどで終わりますが、職場の隣の方などは、会話の内容を聞かれていることも多いですので、「なぜ名前と生年月日を言っているの?」と不思議に思う方もいるはずです。

電話口の内容を同僚に聞かれたら、在籍確認ではなく申込者本人の対処法となりますが、カードローンは悪いイメージを抱かれている感じです。住宅ローンやマイカーローンなどはローン商品としては一緒でも、イメージは良い部類に入ります。

同僚などに怪しまれたら、「車を買い換えようかな〜」などの違うローンに置き換えて対応するのが良いと思います。

車のことだと余計に怪しまれると思う方であれば、クレジットカードに置き換えたり、「キャッシング枠も付けちゃって」と、同じキャッシングでもクレジットカードであれば、それほど悪いイメージを抱く方は少ないと思います。

在籍確認を避ける方法

カードローンの担当者の個人名でかけてくるのは分かっていても、普段から自分宛に電話がかかってくる事が無い職場や、派遣社員・パート・アルバイトなど、怪しまれる可能性がほかよりも高い方もいます。

しかも、個人に会社にかかってくるのは、携帯電話が普及した現在少なくなっています。

在籍確認が怪しまれる方の場合は、事前にカードローン会社に相談するようにしてください。

頻繁に取引されている会社名を名乗ることをお願いできたり、電話をかけてくる性別・年齢を指定できる場合もあります。個人名で無ければ、怪しまれることも少なくなります。

さらには、在籍確認の時間帯もお願いできる場合もあるので、自分が会社にいる事の出来る時間帯を伝えれば、自ら電話に出る事が出来る可能性が高くなります。

上の対策でも怪しまれる可能性があるという方の場合は、代わりの方法で在籍確認としてくれることもあります。改めて書きますが、在籍確認をなしにするようなカードローンはないこと頭に入れておいてください。

代替措置とされる在籍確認は、勤務先が本当に働き先である証拠を出す必要があります。

  • 給与明細書(2ヶ月〜3ヶ月)
  • 社員書
  • 健康保険証

銀行カードローンで代替措置を行ってくれるところはないと考えている方が良いですが、消費者金融の場合は「給与明細書」「社員証」「健康保険証」の提出によって、在籍確認となる場合があります。

書類で在籍確認出来るのはすべての方とは言えず、申込者の状況や勤務状況によって変わってきますので、必ず相談しなければいけません。

あと、健康保険証の提出と書きましたが、「国民健康保険証」は個人の方が加入する健康保険になっているので、それでは会社に勤務していることは証明できないので、会社に勤務していれば「社会保険証」となっています。

両方の健康保険を加入することはありませんので、5人以上の会社に勤務されているのであれば、間違いなく社会保険になっており、5人未満であれば国民健康保険になっている可能性もあるので、一度確認されたほうが良いでしょう。

SMBCモビットの電話連絡なしのカードローン

SMBCモビットのカードローンの「web完結申込」を利用する場合に、「社会保険証」か「組合保険証」を持っている方で、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座をすでに持っている方であれば、会社への電話連絡なしで契約できるようなっています。

会社員であり、3つのどちらかの口座を開設しているという限定的な範囲にはありますが、SMBCモビット以外で電話連絡なしというカードローンはないので、在籍確認を気にされている方にとっては、ありがたいカードローンだと言えます。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ