管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

38歳男性・業績悪化の借金穴埋めから多重債務へ

年齢 性別 職業
38歳 男性 自由業
雇用形態 年収 利用年
300万円 2008年
金融名 限度額 借入額
オリコ 初回30万円
増額50万円
80万円

カードローン体験談

私の仕事ががた減りになり、自由業であることから仕事減が収入減に直結したことで、埋め合わせるためにキャッシングを利用するようになりました。

金利はかなり高いと感じましたが、毎月の生活レベルと下げることが習慣的に難しくなっていたことから、利息を払ってでも手っ取り早く融資を受けたい気持ちの方が強かったのだろうと思います。

と同時に、金利の付くお金を借りることで、自分を断崖に追い込み、ハッスルして働くことで現状を打開しようという気持ちも働いていたかもしれません。

仕事増加の読みが甘かった現実

しかし、結果としてこのお金の借り方は失敗しました。仕事の方はいつになっても上向くことはなく、借りたお金は確実に利息を生みます。

そして、同じ金融会社が出していた別のサービス(金利は全く同じ)で、さらにキャッシングを受けて前に借りた別のサービスによる返済を済ませるようになる、典型的な多重債務借金地獄へと陥っていきました。

一時期は、もろもろの借金に金利を加算して600万くらいまでになり、ゆうに年収の2倍まで借金が膨らみました。

そこまでいくと返済をするための融資も受けられなくなり、取り立ても熾烈を極めました。

取り立ても当初は電話でしたが、だんだんと家にも事務所にも人が来るようになり、そうなると仕事もうかうか出来なくなり、心中穏やかならざる日々を送るようになりました。

結果として私が選んだのは雲隠れです。居留守は常套手段的にしていました。すると、ある時点から人が来ることはなくなり、電話は鳴りますが登録してある電話番号以外は出ませんので完全に無視していると、定期的に督促状が普通郵便で来るだけになりました。

しばらくして減額の提案が金融会社の方から来ました。条件は金利負担なし、分割払いで、額も払える範囲内と、大幅な譲歩でした。今もそれで返済しています。

あの時苦しくても借りていなければ、という気持ちが無いといえば嘘になります。

カードローンNETからのアドバイス

自営業・自由業の個人事業主の方は、景気に左右されやすい事業が多く、不景気などで経営の悪化が収入・生活費の減少に繋がります。不景気に強い業種もありますが、やはり不景気になると倒産する企業が増えることは確かです。

この方は、オリコカードで借りるお金の使い道は、事業資金と言っておりませんので、生活費の方にカードローンで借りたお金を使ったと思われます。

カードローンは基本的に使い道は自由ですが、銀行カードローンになると、事業資金への資金使途は認めていないのが通常です。消費者金融の場合は、個人事業主が借りると生計費以外に、事業資金へ使っても大丈夫になっています。

カードローンの場合、審査に通ってしまえば、使い道を確認する手段はなかなかありません。ですので、個人事業主の方が、銀行カードローンで審査が厳しくなってしまう1つの理由になります。

この方は、カードローンの他にも借り入れがあったようです。年収以上の借り入れをされる場合は、銀行融資やビジネスローンを利用されたかもしれません。

銀行融資やビジネスローンであれば、事業資金への使い道が認められていますが、提出する書類が非常に多くなってしまいます。確定申告書や決算書、事業計画書、税金を滞納せずに支払っているかという「納税証明書」も必要になります。

運転資金や設備資金の事業資金に限られ、用意する書類も多くなりますが、カードローンの金利に比べると、非常に低い金利で借りることが出来るようになっています。

この方の事業は上向かずに、返済が出来ないようになってしまったようで、カードローン会社からの催促の連絡を無視してしまったようです。

一般の個人の方でも、カードローンの返済が遅れてしまうことになると、カードローン会社から登録した電話番号に連絡があります。

この方が言っているように、返済の催促の連絡を無視していると、次は自宅へなどの取り立て行為が行われたり、督促状を郵送されてくることになります。

取り立て自体は違法行為ではありませんが、正当な理由がないにも関わらず、取り立て行為をすることは許されていません。しかし、昔であれば、強引な取り立ても行われていました。

この方は、貸金業者側から利息や元金返済の減額する案を提示されたようで、なかなかないケースだと思います。

督促状などを無視していると、催告状が送られて、法的手段によって「財産の差し押さえ」をされることが多くなります。

裁判を起こされるまでに、任意整理や個人再生などの債務整理や、最悪は自己破産を検討する必要があったケースです。

貸金業者からの譲歩は、言ってみれば任意整理に近い利息の軽減になっているので、信用情報機関には「異動情報」が記録されたはずです。

任意整理の異動情報になってしまうと、5年間は様々なローンを組むことや契約することは出来ないようになります。皆さんが認識されている「ブラックリスト入り」ということになります。

任意整理や個人再生は、債務者が返済する能力がなければ出来ない債務整理です。収入も少なく返済することが将来出来なければ、自己破産をすることになります。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ