管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

26歳男性・引越し費用と生活費合わせて40万円を借入

年齢 性別 職業
26歳 男性 IT企業社員
雇用形態 年収 利用年
正社員 450万円 ’11~’14
金融名 限度額 借入額
三菱UFJカード
楽天カード
合計60万円 合計40万円

カードローン体験談

キャッシング・カードローンを利用するまでの経緯・理由としては、引っ越しの費用を賄うために必要だったため、まずは20万円ほどのキャッシングを申込みをしたのが最初でした。おかげで、引っ越しをしても普段通り生活ができました。

新たに申し込むより手持ちのクレジットカードを選ぶ

また、資格試験の講座を受講するために1~3万円程度を何度かキャッシングで申し込みました。
他に、飲食代に使ったりで1万円のキャッシングを10回程度は利用しました。
特定のキャッシング・カードローン会社を選んだ理由としては、クレジットカードを持っていたからです。

三菱UFJカードと楽天カードのキャッシングを申し込みました。

どちらのカードでも、インターネットから簡単に申し込みができ、翌日には口座に振り込まれていて、お金を借りるのにとても簡単に申し込めるのだな、という印象でした。
思い返すと、借りている、という感覚が薄いので大きな金額でも気軽に借りてしまうものだなと思いました。

次々と少額ながら借り入れ

借り入れしてからの体験談としては、手持ちが足りない時は少額(月1万円以下)で返済するようになってしまい、返済額が一向に減らないという状況が数か月続いたこともありました。

また、週数回程度は飲みに出かけていたので手持ちがなくなってしまった時などは追加でキャッシングを申し込んで飲みに行く、ということをしていたことが多々ありました。
返済額が減らない状況が2年以上続いて流石にまずいと思ったので、インターネットでキャッシングの返済方法について検索しました。

検索すると、返せる時期にはなるべく一括で返済した方が合計の返済額が小さくなってよい、という記事を見かけ、あまり散財をしない期間を設けて、返せる時はなるべく多くの額を返すようにしました。
また、職を変えてボーナス制の会社になった時に、月々の支払いは少額になったものの、ボーナスを貰ったタイミングで一気に返済することができました。
思い返すともう少し計画的に返済プランを立てておいて、節度ある使い方をした方が良かったように思いました。

カードローンNETからのアドバイス

お金を借りる時には、カードローンだけでなく、すでに持っているクレジットカードのキャッシング機能を使うことで、現金を借りることが出来るようになっています。

クレジットカードを作るときに、キャッシング機能の有無の項目があると思います。申し込みのときに希望すれば、キャッシング機能を付けれることになり、この方のように契約してからでも、キャッシング機能を付けられることも可能です。

契約後にキャッシング機能を付けるだけでも、審査は必要になりますので、あらかじめキャッシングを利用することが分かっていれば、申し込みと同時に申請している方が、スムーズにキャッシングを利用することが出来ます。

手持ちのカードの枚数が増えると、整理が大変になる事もあるので、この方の利用方法は良いと思いますが、クレジットカードの金利はほとんど「年18%」になる事が多いです。

消費者金融でも年18%となる事が多く、初めの契約から低い金利で契約することは出来ません。銀行カードローンでは、年15%以下に設定している金利が多いので、初めの契約時から「年15%以下」になるのが普通ですので、銀行カードローンの方がお得です。

この方の年収は「450万円」と比較的多くなっているので、銀行カードローンの審査でも十分に通る可能性は高いと思います。金利も低いので、審査基準は銀行カードローンは高くなってしまいますが、利息を抑えたい場合は、銀行カードローンが第一候補と言えます。

この方は、借り入れと返済を繰り返して、借り入れた元金がなくなる前に、また借り入れてを繰り返し、なかなか完済を出来ていないようでした。

クレジットカードに限らず、カードローンの返済方式は「リボ払い」となり、完済するまで借入額によっては長い期間が必要になります。

リボ払いは、毎月一定額を少額から返済できるメリットがありますが、返済金額には利息が含まれる「元利定額リボ払い」が多いので、なかなか元金返済が進みません。

この方のように、生活費などに余裕がある月などは繰り上げ返済や、ボーナスで借入残高を一気に完済する「一括返済」を利用することで、余計な利息を抑えることが出来ます。

借入残金に対して、金利と借入日数を掛けることになるので、なかなか金利を下げることは出来ませんので、借入残高を減らしながら、返済期間を短くすることが良いと言えます。

私も楽天カードを持っていますが、公式サイトの会員ページから「リボ残高おまとめ払い」というサービスがあり、一括払いに変更が出来ますので、返済をすぐに完済出来ます。

逆に、一括払いをリボ払いに変更できるようにもなっていますので、一括返済が無理になったときなどは、リボ払いを活用しても良いと思います。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ