管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

31歳男性・生活費としてOMCカードで20万円を借入

年齢 性別 職業
31歳 男性 自由業
雇用形態 年収 利用年
200万円 2014年8月
金融名 限度額 借入額
OMCカード 30万円 20万円

カードローン体験談

このOMCカードは、勤務先が流通大手の某社と関係があるため、その会社と仕事を円滑に進める上で必要と判断した上司に進められてというか、半ば強制的に新入社員のときに作らされたものでした。

そんな状況でしたので、私はこのカードに一向興味がなく、このOMCカードで何が出来るのかさえ知らないまま数年持ち続けていました。

利用する機会がないOMCカード

作った当時は、年会費も要りませんでしたので、机の引き出しの中に無造作に入れたままでした。それが、がぜん利用機会が生まれたのは、このカードを持たされた会社を辞めてからのことでした。

その会社を辞めてすぐではありませんが、独立の道を選んだため、収入が不安定になったため、まずはこのカード本来の機能である、スーパー、コンビニでの支払いに当て、買い物はすぐ、支払いは来月というカードの利用法をはじめて知ったのでした。

そして当時、このカードを発行していた流通大手の各種店舗内には、キャッシュディスペンサーが備えられていて、このカードによるキャッシング利用が出来ることを知ったのです。

そのときは、すぐキャッシングをする必要がありませんでしたので、そういう機能もあるんだなという程度の認識でした。ただ、それがあればまさかのときは安心だなとも思いました。

家に帰って調べると、私の限度額は30万でしたから、一月分の生活費に匹敵しました。それでこう考えたのです。

万が一仕事がなくて収入が途絶えても、このカードを利用すれば一ヶ月という時間が買えるんだな、と。

当時、このカードの金利はかなり高く、大手の消費者金融よりも高金利でした。しかし、消費者金融はどんなに困っても行きたくなかったので、困ったときはこれを使えばいいと思いました。

一気に20万円借り入れ

そして、そのときが来ました。

仕事をしても入金がなく、困りに困っていたとき、20万を借りました。

一ヶ月後に全額返したときの金利分は、かなりに上りましたが、その金でこの一月間ひもじい思いをすることなく過ごせたのだから、たいした額じゃないとも思いました。このカードはその後手放しました。

しかし、この考えは今も変わっていません。

カードローンNETからのアドバイス

OMCカードは、株式会社セディナが発行しているクレジットカードです。クレディセゾンや三菱UFJニコスなどと並ぶ、信販会社の中でも有名な企業になっています。

大変有名なクレジット会社ですが、今では三井住友フィナンシャルグループとなっており、三井住友銀行も同グループになります。

この男性の方が、OMCカードを契約された時の雇用形態は、会社に務められている正社員のときのようですので、自由業になる前の話になります。

クレジットカードの審査は、それほど厳しくないと言われていることも多いですが、取引先との関係もありますので、勤続年数の短い新入社員でもキャッシングも合わせて審査に通ったようです。

もしかすると、転職された直後に自由業として申し込まれた場合は、キャッシングの審査に落ちている可能性は高いです。

雇用形態は、キャッシングやカードローン審査で、安定した収入を見るための重要な項目になっており、公務員や会社勤務の正社員が高評価になります。自由業や自営業などの個人事業主は、安定した収入と判断されにくい雇用形態になります。

特に、銀行カードローンの場合は、審査が厳しくなっていることが多く、消費者金融や信販会社のカードローンの方が、個人事業主でも借りやすく選ばれていることも多いです。

クレジットカードのキャッシングをされる方の多くは、この方のように消費者金融のカードローンにあまり良いイメージを持っていない方が多いようで、カードローンNETに寄せられる口コミでもこういった意見が多いです。

私の場合は、クレジットカードは買い物専用で、キャッシングはせずに、借り入れはカードローンと分けています。

1枚でまとめている方が利便性は良いと思いますが、クレジットカードのショッピング枠・キャッシング枠が、ゴチャゴチャになるのが嫌です。

この方は「OMCカードの方が消費者金融より金利が高い」と書かれていますが、利用された2014年では、金利に差は無かったと思われます。

201年6月18日以降では、貸金業法改正に伴い、利息制限法と出資法の上限金利に差がなくなり、グレーゾーン金利が廃止されました。

新入社員当時の金利は高かったかもしれませんが、消費者金融の金利も高かったので、当時は社会問題になりましたね。もし、現在でも利息制限法を超える金利のキャッシングがあれば、それは違法業者になりますので、絶対に借りてはいけません。

さらに、この方は一ヶ月後に借入額20万円の一括返済を行われているようで、金利で発生する利息を抑える方法を取られています。利息が多く発生したと書いていますが、リボ払いで長期間返済するより、非常に少ない利息で済んでいます。

もし一ヶ月後に完済できることが分かっているのであれば、大手消費者金融がサービスとして多く採用している「無利息期間」を上手く活用すると、利息を発生させずにキャッシングを利用できた可能性があります。

最大30日間無利息になるケースが多いので、翌月までに支払うことが出来れば、かなりお得になると思います。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ