管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

36歳男性・家電購入費としてライフカードで30万円借入

年齢 性別 職業
36歳 男性 自営
雇用形態 年収 利用年
380万円 2012年
金融名 限度額 借入額
ライフカード 60万円 30万円

カードローン体験談

ライフカードを利用する5年前に、家の近くのジムに加入した際、月々の支払いはライフカードになるため、その時に作成と申し込みをしました。

ついでにキャッシング機能を付ける

クレジットカードは、既に別の物を持っていましたが、ライフカードはよく聞いたこともあるカードなので、こちらをメインで使うことにしました。

同時に、キャッシングは今まで使用したこともありませんでしたので、これを機会にキャッシングも同時に上限を60万円までにして申し込みました。

しばらくの間、キャッシングを使うことがなかったのですが、家電量販店で買い物(冷蔵庫と洗濯機、電子レンジ)に行った際にクレジットカードで払おうとしたら、「こちらは私がクビを覚悟をして出した今限りの破格特価ですので、大変申し訳ありませんがお支払いは現金払いのみとなります」と言われました。

確かに、かなりの無理な値引きをお願いした上に、他店と比べても全然比ではいくらいの値引きを頑張ってくれました。

手持ちの現金は、代金の3分の1もなかったので、後日払おうと思ったのですが、そこのお店は都内で私が住んでいる所から2時間近くかかる場所だったため、どうしようかと考えました。

そんな時にクレジットカードキャッシングを思い出し、店員さんにはすぐお金をおろして10分以内に戻ると告げて、近くの銀行に向かいました。

金利はかかるものの、金利を差し引いても他店よりも安い値段だったのと、店員さんが一生権懸命説明してくれたので、そこのお店で買おうと思いました。

しかし、返済は毎月私の給料からの返済だと難しいので、貯金からの支出で賄おうと計算しました。

それ以降、給料前でお金がないときに急な飲み会に誘われた時や、友人の結婚式などでキャッシングを利用するようにしました。

あまり多くの金額をキャッシングすると、金利も馬鹿にならないため、私は計画的に楽に返済できるように見越して借りています。

クレジットカードのキャッシングはいざという時本当に便利だと思います。

カードローンNETからのアドバイス

ジムが提携しているクレジットカードがライフカードだったようで、店舗によって提携しているクレジットカードがあり、顧客獲得のポイントがあるので勧められてようですね。

ライフカードは、現在ではアイフルグループとして経営していますが、アイフル自体は銀行などの傘下に入ることなく、消費者金融として経営しています。

ショッピングをするときに、クレジット払いにする方は多いと思います。特に、クレジットカードに付いているポイントを貯めるために、クレジット払いにすると、高還元率になることが多いからです。

更に、高額商品など複数購入で、洋服代が高額になったり、家電などの元々高額な商品を購入するときなどです。

この方は、クレジット払いをしたかったようですが、店舗が現金購入しか出来ない値引くをしてくれたので、通常通りクレジット払いが出来なかったようです。現金特価など店頭で見かけることがありますね。

私の見解になりますが、クレジット払いにされると店側としては、数パーセント(4%か5%ほど)が手数料としてクレジット会社に取られます。

かなり値引きをした上に、クレジット会社に手数料を取られてしまうと、家電量販店としては利益が薄くなってしまうことになります。もしかすると、家電量販店が提携しているクレジットカードであれば、クレジット払いにも対応できたかもしれません。

ライフカードは、通常通り分割払いする場合には金利は10回払いだと年14.5%(2018年4月時点)になり、キャッシングでの借り入れでは100万円未満なら年18%になっています。さらに、分割払いではなくショッピングリボであれば、年15.0%になります。

利息制限法と出資法によって、年20%を超える金利をすることは禁止されているので、それ以上の金利を提示された場合は、違法業者ということになります。

この方の30万円の買い物を10回の分割払いにすると、手数料は20,400円になります。手数料も10回分に分けますので、初回と2回目以降では100円未満は切り捨てて初回に回すため、初回だけ32,400円の支払いとなります。

分割払いではなく、ショッピングリボを利用される方も多くなっており、金利もあまり変わらないです。さらに、ライフカードでは、リボ払いであると約定返済額は9,000円からになっています。

毎月の支払額が少なくなるのでお得と考えそうですが、同じ30万円を9,000円ずつ払っていくと、利息だけで128,000円ほどになり、分割払いと大きな開きが出来ます。支払い回数は83回の7年ぐらいとなってしまいます。

リボ払いは、毎月支払いする金額を少なく出来ますが、支払い回数は決めることは出来ません。買い物をある程度しても、毎月の支払金額が増えないメリットはありますが、その分返済期間が長引いてしまうことになります。

この方は、キャッシングで現金を借りたようですが、キャッシングも残高スライドリボ払いになっており、同じリボ払いです。しかし、毎月の約定返済額は2万円ですので、ショッピングリボよりは、返済期間が長引くことはありません。

同じクレジットカードのリボ払いでも、ショッピングなのかキャッシングなのかの違いで、支払金額が違うことがあり、損をしている可能性があるので、しっかり返済に関する項目を見ておくと良いです。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ