管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

37歳女性・生活費でヨドバシカードで20万円借入

年齢 性別 職業
37歳 女性 主婦
雇用形態 年収 利用年
400万円 2012年
金融名 限度額 借入額
ゴールドポイントカード(ヨドバシカメラ) 20万円 20万円

カードローン体験談

初めは手元にキャッシング機能が付いたクレジットカードがある事を忘れて生活していました。

キャッシュ機能よりポイント機能

クレジットカードを作る気はありませんでしたが、電気屋さんで家電を購入した時に、カードを作る事になってしまいました。

結婚して、カード払いはお互いがあまり好まなかったので、ずっと現金払いばかりを利用していました。私としては何となく怖いイメージがあったので。

今は、どこに行っても新規でカードを作ると、ポイントがつくとか、優待制度があるなどと言って、勧誘している所が多いですが、我が家はカードを作ったとしてもキャッシング機能が付いていない物ばかりを作っていました。

なので、キャッシング機能つきのカードの事は、夫婦揃って全く頭にはありませんでした。

給料減から転職へ

ある出来事があって、キャッシングのことを思い出しました。

結婚して1年くらいたった時に、旦那の仕事がうまく行かなくなってしなって、私は当時に退職を考えていましたが、次の就職先が見つかっていなかったので、仕方がなく続けていました。

しかし、夫のお給料の入金が送れる様になってしまって、生活にも影響が出る様になってしまいました。

そして、もう本当に支払いがきつくて食費をけずったり、光熱費を遅らせたりしていましたが、手元に残りわずかになった時に、旦那の次の就職先が決まりました。

私はホッとしましたが、問題はお給料の振込み日までが持たないという事です。

どうしようかと夫婦で色々知恵を出し合いましたが、誰かに借りたり、実家に助けを求めるのは嫌だという結論にいたって、じゃあどうするかとなった時に思い出した。キャッシング機能つきのクレジットカードを前に作った事。

ごそごそと保管場所を探ったらありました。

これなら誰にも借りなくても良いし、次のお給料日までの生活費はまかなえる。返済はリボ払いにしておけば、毎月の負担も少ないと思って、初めてコンビニのATMでキャッシングしてみました。

結果、問題なくお金が出てきました。本当に助かりました。

返済が出来るあてがあるなら便利だと痛感しました。
今は返済が終わって、使っていませんがお守りに保管しています。

管理人の一口メモ

クレジットカードは、買い物目的で契約される方が大半になりますので、キャッシング機能を付けたかどうか忘れてしまっている方も多いです。

この方のように、私もヨドバシカメラのクレジットカードを、22歳の時に液晶テレビを購入する際に、作った経験があります。年収もそれほど多くない買ったですが、50万円のショッピング枠を契約できたはずで、当時は高価だった出たての液晶テレビを購入できました。

最初のクレジットカードの申し込み時に、キャッシング機能を付ける項目があります。その時に、クレジットカードと同時にキャッシングの審査も行われますので、後で再びキャッシングをしたい時に、キャッシングの審査を受ける必要はありません。

この方の年収ほどあれば、キャッシングやカードローンの審査は、比較的に通りやすくなる基準になります。主婦ですので雇用形態が記入されていませんが、400万円ほどの年収があれば正社員として雇用されている可能性が高いです。

正社員で400万円は、信用情報に問題がなければ信用度は非常に高くなります。

  • カードローン審査に通りやすい人の理由
  • ですので、万が一のためにキャッシング機能が付いているクレジットカードを、1枚だけでも作っておくのも良いと思います。

    ヨドバシカードのキャッシングの金利は「年17.88%」になっており、消費者金融のカードローンとあまり変わりません。

    消費者金融に抵抗がある方は、クレジットカードのキャッシングを申し込んでも良いですし、消費者金融の方が審査に早い場合が多いので、新たにクレジットカードを申し込む場合は、消費者金融が良いでしょう。

    この方は、初めからリボ払いで支払っていくようにされていますが、クレジットカードのキャッシングは一回払いが主流でしたが、現在はリボ払いを選択できるようになっています。

    クレジットカードのリボ払いは借りる時に選択したり、あらかじめリボ払いに設定することも可能です。

    カードローンでお金を借りる場合には、翌月一括などは選択できずに、返済方式が初めからリボ払いになっています。多くの返済方式が「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。

    この方が言っているように、リボ払いは毎月の支払い金額を抑えるメリットがあります。10万円借りても毎月4,000円の返済金額や、50万円借りても1万円など少なく出来ます。

    しかし、返済期間が長くなるのがリボ払いですので、利息がその分増えることになります。利息を少なくしたいのであれば、一括返済が一番良いですし、一括返済が無理であれば、余裕がある月に繰り上げ返済をするようにしましょう。

    この方のように、審査に通りやすいとされる方の場合は、審査に厳しい銀行カードローンの方が、金利も低くなるので、利息も抑えることが出来ます。銀行カードローンの上限金利は「年15%」以下が多く、消費者金融やクレジットカードより低いとされます。

    銀行カードローンの場合は、口座開設が必要になることも多いですが、口座を持っている銀行カードローンを利用したり、口座開設が必要ない三井住友銀行や三菱UFJ銀行のカードローンを検討しても良いでしょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ