管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

【カードローン体験談】23歳男性サラリーマンの場合

カードローン「借金」という事をお忘れ無く!

お勤めで定期的に収入のある方であれば、たいていの方はカードローンを組む事ができる時代です。
キャッシングをしても、リボ払いを選択すれば、月々の返済が楽という事もあり、高額を借りる事ができます。

しかし、罠に陥りやすいのは、あくまで限度額は「お金を借りられる限度」であり、「自分が使える限度」と錯覚してしまう事でしょう。

私が借りていた時代は、まだ高金利の時代。借金がふくらんで限度額いっぱいになると次のカードを作り、限度額いっぱいを引き出して
返済に充てる生活が続き、最終的には8社のカードを持ち、借金総額は約500万円にまで膨らみました。
ここまで来てしまうと、月々の返済は利息だけで精一杯。払えたとしても、その分で更に翌月借りて返済する、まさしく自転車操業状態でした。
(俗に言う「闇金融」にまで手を出した事もあります。さすがに危険を感じた為、すぐに返済しましたが)

今では弁護士の介入による債務整理は世間にも知られてきましたが、私もそのうちの一人であり、最終的には弁護士のお力を借りて、なんとか債務整理を
おこなう形で和解しました。
和解したのは良いとしても、自己破産では無い為、借金がゼロにはなりません。減額された借金を毎月13万円を24回に渡り返済。
しかも借金を繰り返していた時代の様に、「自転車操業」はできませんので、これはこれで大変な2年間でした。

返済が終え借金がクリアになってから数年が経過し、カードも作れるようになりました。
(補足:債務整理の場合は「ブラックリスト」に載ってしまう為、7年程度はカードを作る事ができません。業者さんによっては、生涯カードを作ることができない場合もあるようです)
仕事上で使う事があり、1枚カードを作りましたが、結局同じ事をしてしまいました。
反省するのですが、自分を律することのできない人間は、同じ事を繰り返してしまうのです。
2回目は結婚していた事もあり、妻に頭を下げてお金を借り、全額返済したうえで、妻へ返済する事により何とかなりました。

人により違うとは思いますが、少なくとも私は高額のお金を目の前にすると、見境が付かなくなってしまう為、このような借金漬けの生活となってしまいました。
それ以来、私はカードは持っていますが、妻に預けています。

繰り返しになりますが、あくまで限度額は「お金を借りられる限度」です。
お金を借りる事が「悪」とは言いません。ローンを組まなければ家も車も買えない方も多くいらっしゃいます。
ただ、カードローンはたった数十分の手続きで、数十万円のお金を手に入れることのできる、いろんな意味で「魔法」のカードです。
ただ、魔法から醒めた後は、借金返済という現実が待っているという事を忘れずに!!

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ