管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

26歳男性・旅行費40万円を銀行カードローンで借入

カードローン返済知識を身につけなければ失敗する

私はこれまで合計3社を利用してカードローン(キャッシング)行ったことがあります。

契約先は大手~中小までありますが、その経験から得たことは『カードローンは知識を持って正しく利用すれば非常に便利なものである』という事でした。何も知識を持たずに利用してしまうと、返済の負担に押しつぶされたり、多重債務に陥って返済不能になってしまったりと言う危険があります。そこで、私の経験から少しでも何かを得て貰えれば良いと思い紹介することにします。

まず、私がカードローンを利用したきっかけは旅行に行く費用を確保するためでした。本来、その様な目的であれば事前に貯金するなどして準備をするのが普通ですし、私も前々から準備はしていました。

しかし、旅行直前のある日、私は自分の不注意から事故を起こしてしまいその修理費などで貯金のほとんどを使ってしまいました。本来であれば、ここで旅行をキャンセルするのが正解だと思いますが、数名の友人たちと計画した旅行だったこともあり私は「お金を借りて」その旅行に参加する事にしました。

この時に初めてカードローンを利用した訳ですが、初めて借りた金額は40万円でした。契約の際に50万円の融資限度額を貰うことが出来たので、若干の余裕を残したうえで必要になるであろうお金を借りて無事に旅行を楽しむことが出来ました。

その後、当然返済が始まる訳ですが、この時の私は利息の仕組みや返済のポイントなど全く知らなかったために、「最低返済額」を返済していました。その結果、『いつまで経っても返済が終わらない』と言う状況になり、私は多くのストレスを感じるようになっていました。

冷静に考えれば分かることだったのですが、最低返済額を返済した場合の内訳はほとんどが利息で元金はほとんど充当されない金額になっているので、借金自体が減っていくスピードが遅いのは当然でした。しかし、その事実を理解していない私はいつまでもちまちまと返済を行ってしまっていました。

その後、その仕組み気付いたのは利用開始から1年ほどたった頃でした。

きっかけは借金の悩みを友人に打ち明けた際に、友人がその方面に知識があり上手な使い方を教えてくれたからです。その方法とは、『借金は1日でも早く完済するようにする』と言った趣旨の事でした。

利息の計算の仕組みを説明すると、基本的には借入金額に対して金利の割合で発生する利息は決められます。

例えば、50万円借りて金利が10%だった場合には月々の利息額は約4,000円です。これは年間の金利総額が50,000円になる事から計算できますが、この50,000円という金額は「1年間、50万円が丸々残っていた時に発生する利息総額」になります。つまり、仮に50万円をひと月で完済すると支払う総額は約50万4,000円と言うことになり、約46,000円も総額を減らすことができます。

このことを知った私は、翌月から出来るだけ多くの金額を返済するようにしたところ1年程で無事に完済することが出来ました。

私の失敗は「事前知識が無く利用した事」に他なりません。少なくとも基本的な知識だけでも持っていればもっと賢くカードローンを使えたことは間違いないのですから、「正しい知識を持っている事」は非常に大切だと思います。これからカードローンを利用する方は、しっかりとした知識を持ち、しっかりとした返済計画(シミュレーション)をしたうえで無理のない利用をすることを心掛けてほしいと思います。

カードローンNETからのアドバイス

カードローンで悩まれている方の多くは、返済がなかなか終わらないという内容があります。

この方は返済方法などの知識が無い時には、なぜ返済が終わらないのか知らなかったようですが、カードローンの返済方式は「元利定額リボルビング方式」が一般的です。聞きなれない言葉かもしれませんが「リボ払い」であれば分かるはずです。

特にカードローンは元利定額ですので、毎月の最低返済額の約定返済には利息も含まれているので、返済額そのままが借入元金から引かれるわけではありません。みずほ銀行カードローンの借入残高50万円以下であれば約定返済額は1万円で、50万円〜100万円以下になると2万円に変動します。これを残高スライド方式になります。

この方も書かれていますが、約定返済額は毎月の返済額を抑えることができますが、みずほ銀行カードローンで40万円を年14.0%で借りていると、1万円の返済額に対して利息は4,666円になります。5,334円が元金返済に充てられます。このままの返済を続けていくと、返済回数は51回の4年以上になり、利息の支払いは15万円以上になります。

この方は、一括返済の計算をされていますが、40万円の一括返済はなかなか難しい金額になります。4年間で支払いのは長いですが、1年間の12回に抑える計算をすると、毎月の返済額は39,412円と増えてしまうことになりますが、利息総額は33,533円とかなり少なく抑えることが出来ます。

みずほ銀行カードローンは、口座振替の自動引き落としが基本的な返済方法になりますが、それ以外の任意返済することで、追加返済にあんる繰り上げ返済が可能になります。みずほダイレクトのネット返済や、提携ATMからも任意返済することが出来ます。

もし、1万円が約定返済額として引き落とされるのであれば、任意返済として残りの3万円をみずほダイレクトか提携ATMで行えば良いです。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ