管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

41歳男性・為替トレーダーが三菱UFJ銀行から借入

東京三菱UFJ銀行のカードローンは株式の資金に使えた

41歳の男性の会社員です。中小企業に勤めている私は、日常を平穏に過ごしていました。私の趣味は株取引です。インターネットが出てきてから、株を楽しんでいます。

ある日、株式雑誌を読んでいると、ここの株は伸びると思った会社がありました。私は、手持ちのお金に余裕がないので、買おうかどうか少し迷いました。しかし、男には勝負しないといけない時があると、自分を奮い立たせ、この会社の株を買うことにしました。

株を買うにも先立つものはお金ですが、足りないお金を借り入れることに決めました。えらんだ会社は、三菱UFJ銀行のカードローンでした。

選んだ理由は、もちろん名前が有名だからですし、どこの馬の骨かわからないような会社から借りるわけにはいきません。名前が有名なら安心です。違法な取り立ても絶対にしてきません。メガバンクという看板に偽りはありません。

三菱UFJ銀行の口座をいつも使っていたのも選ぶ理由です。いつも使っている金融機関から借りた方が、手間もかからず、会社の概要を知っているので安心できます。

申し込みはインターネットから行いました。お金を借りるのはとても簡単だとわかりました。お金を借りるのはATMまで行って借りたり、店頭まで行って、従業員と話すのかな、少し面倒だな、という借入の昔のイメージが頭の中にありました。

今はインターネットやスマホでも借りられます。人目を気にすることもなく、家でゆっくりと、今後の計画を立てながらお金を借り入れることができます。時代も変わりました。三菱UFJ銀行のカードローンなら、家に居ながらにしてスマートな借入が可能です。

インターネットの申し込みは簡単でした。個人情報を入力するだけで終了でしたし、余計な書類などの提出もいりませんでした。簡単すぎて少し不安になりました。でも本当に簡単に終了してしまいました。

審査もありましたが、お昼を食べているうちに無事通過していました。借入の経験も、借金の滞納もなかったのが理由でしょう。1時間くらいで、50万円借りることができました。

借りた50万円で、目当ての株式を購入しました。私の予想が上手くいきました。買った株式は上手く値上がりしました。つぎ込んだ50万円が、79万円になり、ウハウハです。

借り入れた50万円をきちんと利子をつけて返すことができました。三菱UFJ銀行のカードローンのおかげです。株式やFXをやる人が増えています。

このような人たちにもおすすめのカードローンです。素早い借入はトレードにも役に立ちます。三菱UFJ銀行のカードローンで大成功しました。

カードローンNETからのアドバイス

株やFXの為替トレーダーの方で、自己資金が足りず買いたい銘柄や通貨ペアを諦めてしまう場合もあります。自己資金では足りない時に、カードローンでお金を借りる方も口コミで多く寄せられますが、私としてはあまりオススメできないカードローン利用になります。

この方の場合は、以前から狙っていた株を購入して、無事に値上がりをしたために利益を確定されていましが、もし値下がりをして借りたお金全額分をマイナスになってしまっていたら、どうされたのでしょう。

私も為替をたしなむ程度にしていますが、利益を出すことも出来ますが、予想に反して損失を出してしまうことも多くあります。借りたお金は借金ですので、利益も出せず借金だけが残るのは、大変危険なことだと認識しましょう。

為替は置いといて、この方が選ばれたカードローンは銀行カードローンの中でも人気の高い「三菱UFJ銀行」のバンクイックだと思います。

カードローンを申し込む時に、どこのカードローンに決める理由として「大手の有名な銀行」という安心感から選ばれる方が多いです。金利の低い銀行カードローンですが、地方銀行よりも知名度の高い都市銀行を選ばれる理由にもなります。

特に、三菱UFJ銀行以外にも三井住友銀行やみずほ銀行の3大メガバンクのカードローンは人気になっています。

この方は三菱UFJ銀行の口座を開設されていたのも選択された理由のようですが、三菱UFJ銀行カードローンは口座が無くても申し込めるカードローンで、テレビ窓口に出向けば、すぐにカード発行が出来る特徴があります。三井住友銀行の場合はローン契約機でカード発行が出来ます。

みずほ銀行カードローンは自動契約機も無く、口座開設が必要ですので、素早く借りたい方には不向きかもしれませんが、時間に余裕があったり、すでに口座開設されている方は、低金利で契約できるカードローンになります。

どこの銀行カードローンでもネット申込で24時間36日受け付けていることが一般的になっています。消費者金融でもネット申込は当たり前の時代です。

しかし、この方が書かれているように提出する書類が無かったというのは、少し誤った表現だと思えます。カードローンを申し込めば、最低限の必要書類として「本人確認書類」の提出は必要になります。メールやアプリからアップロードすることも出来るので、わざわざ店舗に持っていくことはありません。

ローンカード受取を契約機に出向いて行う場合は、本人確認書類の持参を忘れないようにしてください。

審査時間が1時間で終わられているようですが、2018年以降の銀行カードローンは即日融資が出来なくなり、最短翌営業日〜3日程度は最低必要な審査回答時間になりました。

実際に利用できるまで銀行カードローンによって、1週間程度必要になることもあり、急いで借りたい方にとっては不向きになってしまいました。

消費者金融であれば最短即日融資も可能で、審査時間も最短30分としているところが多くなり、私が利用しているプロミスも審査時間は早いことで評価が高いです。

消費者金融の場合は金利が高くなることが多いのですが、無利息期間内に完済すれば利息ゼロで利用することも可能です。無利息期間がある消費者金融は「プロミス」「アコム」「アイフル」などになります。どこも即日融資が可能になっていますので、早い借入が必要である場合は検討されても良いと思いますよ。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ