管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

29歳男性・借り換えとして中国銀行から35万円を借入

年齢 性別 職業
29歳 男性 会社員
雇用形態 年収 利用年
契約社員 200万円 2013年
金融名 限度額 借入額
中国銀行 50万円 35万円

カードローン体験談

私は前からプロミスでお金を借りていました。
プロミスの限度額は38万円だったのですが、最初は2万位借りて、すぐに返したらいいや位に思っていたのですが、色々と出費がかさみ気がついたら限度額一杯の額まで近づいてしまっていたのです。

金利が低いのが良いかも…

毎月最低返済額の1万円は返したいたので遅延などのトラブルは無かったのですが、これから先の事を考えたら金利の低い別の業者から、お金を借りてプロミスの分を全て返しておいた方がよいと思ったので、地元の中国銀行のカードローンを利用してみることにしました。

連絡を入れ手続きの準備に入る際色々説明を受けて、当日銀行のカードローンセンターに出向き、手続きを始めると、給与額に関わらず最低限度額は50万円と言われその限度額で契約を結びました。
そのあと返済用の口座を作る必要があるので、窓口に行き手続きをして口座を作り全てが終わりました。

次はプロミスからの借入分を全て返す番になります。
中国銀行のカードローンセンターの近くにプロミスの契約コーナーがないので、駅前に出向く事にしました。
コンビニATMも使えるのですが、僅かな手数料が勿体無く感じたので使わないことにしました。

銀行ATMで手続きを始めて、出てきた大量の1万円札を封筒に入れて、多額の現金を持っていることに緊張して、冬なのに汗をかきながらプロミスの契約コーナーに行った事を覚えています。
数分の時間が長く感じたが無事に到着しプロミスの返済の手続きを始めると、無事にプロミスの返済が終わりました。

借入がゼロになったわけではないですが、スッキリとした気持ちになったし、銀行のカードローンなので口座から自動引き落としだし月の返済額も1万円なので、今も無理なく返済出来ています。

管理人の一口メモ

カードローンと言えば、消費者金融のものをイメージする方が多いです。
さらに、消費者金融は審査が早く、銀行カードローンより審査が厳しくないと言われており、利用者も多いです。

しかし、金利が他のカードローンに比べると高い場合が多く、銀行カードローンなどに借り換える方もいます。
この方も地元の中国銀行のカードローンに途中で借り換えたようです。

消費者金融の金利は18%で契約する場合が多く、銀行のカードローンは15%以下になることが多いです。
中国銀行も90万円以下の限度額では14.5%となっており、消費者金融に比べて3.5%ほど低くなります。

地方銀行などの地域密着型の金融機関は、地元の方に対して融資がされやすいと言われており、カードローン以外にも事業融資などでも選ばれる場合が多いです。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ