管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

22歳女性・車購入費として信金から100万円借入

年齢 性別 職業
22歳 女性 サービス業
雇用形態 年収 利用年
パート 150万円 2008年
金融名 限度額 借入額
二本松信用金庫 300万円 100万円

カードローン体験談

当時、自家用車を持っていなかったのですが、環境が変わったことで生活する上でどうしても必要になり、車を購入することになりました。

ディーラーローンより信金を選ぶ

しかし、まだ働き始めたばかりでまとまったお金もあまりなかったので、ローンを組んで買うことになったのですが、ディーラーで買うと金利も少し高そうだったので、銀行のカードローンを利用しようという話になりました。

親戚に信用金庫で働いている人がいるので、その人に相談しました。申し込みなどもあまり手がかからず、スムーズに終わったので良かったです。審査もすぐ通りました。

返済計画を立てる際に、当時は給料も今より低く、あまり多くの月額を払える自信がなかったために、一番長い8年払いにしました。月々の支払いも少ない額で済むので払えないということもなく、その辺は安心だったのですが、後々もう少し短い返済期間でも良かったかなと思いました。

長い分利息もかかるので、合計で見るとだいぶ多めに払うようになってしまったなと感じました。カードローンは車のローンだけではなく、普段の生活での突然の出費にも対応できたので良かったです。

いちいち店舗に出向かなくてもいいし、ATMでさっと借りれる手軽さが魅力でした。個人的に消費者金融に借りるよりも抵抗がなかったし、親戚がいて申し込みやすかった、わからないことも聞きやすかったというのが大きいです。

その親戚との付き合いもいい意味で深くなったし、悪いことは特にありませんでした。あると心強いし、とても便利なので、これからもカードローンには長く使い続けるだろうと思います。

カードローンNETからのアドバイス

車を購入する際に1番多く利用されているのは、車の販売店である「ディーラー」で契約できる「ディーラーローン」が多いです。ディーラーで車を購入する手続きと、ローンの手続きも両方一緒に出来ますので、簡単に手続きを済ませることが出来て、審査もすぐに分かることが多いです。

この方は、ディーラーローンが金利が高いイメージをお持ちのようで、信金のカードローンを利用されたようです。しかし、信金のカードローンと言えど、ディーラーローンに比べると金利は高くなります。

ディーラーローンの金利は「年6%前後」が一般的になっており、キャンペーンなどで金利の引き下げのサービスをされる時もあります。一方で、銀行や信用金庫などのカードローンの金利は上限金利が年15%ほどになり、この方が借り入れた200万円でも「年10%前後」が多い金利になります。

金利は利息に直結することになりますので、車の購入費などの高額な借り入れには、なるべく低い金利を選んだほうが良いです。みずほ銀行カードローンは、限度額200万円の限度額が契約できれば「年9.0%」の金利が適用されることになります。

同じ自動車ローン商品なら、ディーラーローンより信金や銀行などのマイカーローンが金利は低くなります。金融機関によって金利は違いますが「年2%〜3%前後」が多いです。

しかし、この方はカードローンの返済を8年間の分割払いで契約されたようですが、カードローンには分割払いはなく「リボ払い」になるので、返済期間や返済回数を指定して返済することは出来ません。もしかすると、知らないうちにフリーローンやマイカーローンを契約された可能性が高いと思います。親戚の方は信用金庫の方ですので、金利が低い商品を勧めるはずです。

ですが、カードローンのメリットのことも書かれており、契約した限度額内でしたら借り入れ・返済を何度でも繰り返して使うことが出来ます。万が一のために契約しておけば、急な出費が必要になる場面でもすぐに借りることが出来ます。カードローンの使用目的は「事業性資金」に使えない場合もありますが、原則生計費など自由に使うことが出来ます。

一方でマイカーローンや住宅ローンなどの目的ローンは、大きな限度額と低い金利がメリットですが、購入するための資金を一気に借りることになるので、あとは借りた全額を返済期間内に決まった金額を返済するだけになります。購入したいものなど対しての貸付ですので、当たり前と言えば当たり前です。

利便性を考えると、地方銀行や信用金庫で借りる場合、自行のATMでしか引き出しができないことが多く、振込キャッシングができない不便があります。大手の都市銀行やみずほ銀行などのメガバンクのカードローンは、振込キャッシングも出来ますし、ATMもコンビニATMと提携しているので、外出先でも借りる時や返す時にATMを探す手間が省けます。

少し余談になりますが、この方の契約されている限度額の200万円は、カードローンとすれば普通ではあり得ない金額だと思います。年齢も若く年収も少なく、雇用形態もパートです。

契約する際に、親戚に頼んでいる点でこうなったのかもしれませんが、銀行カードローンの審査は保証会社が行うようになっているので、信販会社や消費者金融などになります。信用金庫が審査を行うという場面は少ないです。ですので年収の倍は凄すぎます。

私の場合でも、親の代から付き合いのある地元の信金で、カードローン2枚で合計年収の3分の2まで契約できました。これでも、カードローンでは凄い方だと思います。

一概には言えませんが、知り合いの地銀の方に聞くと、年収の約半分程度までの限度額が契約できることが多いです。初めから半分の限度額まで契約できないケースもありますが、借入と返済を繰り返すと限度額が増額出来るようになります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ