管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

41歳男性・住宅ローン契約時にイオン銀行カードローンで25万円借入

年齢 性別 職業
41歳 男性 会社員
雇用形態 年収 利用年
正社員 550万円 2015年
金融名 限度額 借入額
イオン銀行カードローン 100万円 25万円

カードローン体験談

私は妻と子供2人の4人暮らしをしているサラリーマンです。一戸建て住宅を5年前に買って、生活しているのですが、強風が吹いた日に、カーポートの屋根が大きく傾いてしまうという出来事がありました。

高額商品が壊れたものは仕方ない

カーポートは、左右両側に柱がついているものと、片側にしか柱がついていないものがありますが、私の自宅のカーポートは片側にしか柱がついていないものでした。片側しかなかったことが強風が原因で、柱がついていない側へ大きく傾いてしまったのです。

しかたがないので、とりあえずカーポートを撤去しました。そして、土曜日に近くのホームセンターへ行って、カーポートを物色しました。

今度は、左右両側に柱がついているカーポートを買おうと思ったのですが、価格が25万円します。私は、このとき給料日の5日前で現金の用意ができませんでした。また、クレジットカードを使う習慣がないので、クレジットカードを持っていませんでした。

馴染みがある所で相談

私たち家族は、ふだんイオンで買い物をします。このため、イオン銀行に銀行口座を持っていました。イオンモールのなかには、イオン銀行の窓口とATMがあり、買い物のついでにお金を引き出すことができるので、便利なのです。

私は、イオン銀行でカーポートの購入代金を一時的に借り入れることができないか相談することにしました。イオンモールに行って、イオン銀行の窓口で聞いてみると、カードローンを利用できそうでした。

すぐにイオン銀行カードローンをネット申込

そこで、自宅へ戻り、イオン銀行のホームページからカードローンの利用を申し込みました。入力画面に、年収や勤務先、勤続年数などを入力し、カーポート費用の25万円の借り入れを申し込みました。翌日には審査を通過した旨のメールをもらい、5日後には自宅にローンカードが送付されてきました。

イオン銀行の場合は、ミニストップのATMからお金を引き出すこともできますので、とても便利です。おかげで、新しいカーポートを購入することができました。

ちなみに借り入れ金利は13.8%ですので、消費者金融よりは低い金利でしたので、金利面でも助かりました。

また、イオン銀行のカードローンの場合、月々の返済額が5000円で良いので、ほとんど負担に感じないで着実に返済できています。

カードローンNETからのアドバイス

一戸建て住宅の駐車場にはカーポートが設置されているのをよく見かけられます。最近ではお洒落なものまで用意されていますが、価格がかなり高くなってしまいます。

車1台分のカーポートなら十数万円で済みますが、2台・3台と並べて駐車出来るものになると30万円
〜50万円となり、お洒落なものやソーラー付きのカーポートなどになると、100万円を超えてきます。

この方は30代半ばということで、住宅ローンを利用される率が高い年齢層になっています。30代から住宅ローンを30年や35年ローンを組み、勤務先を定年退職されるころに完済出来るようにしたり、残金返済を退職金の一部を利用するなどがあります。

住宅ローンを利用していたとしても、カードローンの審査に影響は少なく、住宅ローンの有無を必要としないカードローンもあります。逆にカードローンなどの借金がある方が、住宅ローンを組む場合には減点対象になるため、借金の大きさや返済期間の長さによって、住宅ローンの審査に通らないというケースが多くあります。

この方は住宅ローンを先に組まれていますが、カードローンなどが先に契約されて利用している場合は、完済された状態から住宅ローンを申し込むほうが良いです。

最近の銀行は、店舗を持たないもの「ネット銀行」というものが増えてきています。イオン銀行もネット銀行の1つですが、住信SBIネット銀行やセブン銀行などとは違い、ショッピングセンターなどの中に「インストアブランチ」として、全国に有人店舗をいくつか設けています。窓口で様々な商品の相談・契約も出来ます。

この方が、馴染みのあるイオン銀行のカードローンを選ばれた理由の1つとして「金利が低い」こともあったでしょう。

この方の契約された限度額100万円では、イオン銀行カードローンの金利は「年8.8%〜13.8%」となります。10万円〜90万円以下の限度額でも、この方が言うように「年11.8%〜13.8%」の金利で借り入れることが出来ます。

100万円の限度額を契約されていますが、90万円以下と同様の金利が適用されています。初回契約時には上限金利で契約することが通常です。

しかし、消費者金融で初めての契約で適用される金利は年18%になることが多く、かなりの金利の差が生まれることになります。金利を抑えたい場合はイオン銀行に限らず、銀行カードローンを選択すると「年15%」以下で契約出来る可能性が高いです。

例えばみずほ銀行カードローンの場合、100万円未満で年14.0%、100万円以上200万円未満で年12.0%というような、○○%〜△△%の金利の範囲がないカードローンもあり、この方が契約された限度額であれば年12.0%の低い金利で契約することも出来ます。

毎月の最低返済額は、40万円以下の利用残高では毎月の返済は5,000円で、10万円以下の利用残高になると毎月3,000円の返済額で大丈夫になります。残高スライド方式のリボ払いは、毎月の返済額を抑えやすいメリットがあります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ