管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

35歳男性・生活費6万円をソニー銀行から借入

年齢 性別 職業
35歳 男性 会社員
雇用形態 年収 利用年
正社員 320万円 2015年
金融名 限度額 借入額
ソニー銀行 30万円 6万円

カードローン体験談

欲しい物があり衝動買いをしたときに、今月の生活費までつぎ込んでしまったことがありました。

欲望に負けてお金がない状態に

しかし、次にお金が入る給料日まではまだ2週間以上もあります。このままでは、後3日くらいしか生活費が持ちそうもないので、カードローンをご利用することにしました。

金利の低いネット銀行を選択

色々なカードローンがありますが、なるべく金利を低いところからお金を借りたいと思っています。ネット銀行のカードローンのほうが金利が低いと言うので、その中からソニー銀行カードローンを選んでお申込みしました。

パソコンからお申し込みしたら、2時間ほどで審査結果のご連絡が入りました。審査に合格できた後は、初回振込サービスで当日中に指定口座に振込されました。

銀行のカードローンは金利は低いけど、口座を持っていないと即日融資が難しいと聞いていました。ソニー銀行には口座を持っていなかったのですが、即日融資が受けられたのでこちらを選んで良かったです。

300万円以下のご利用限度額だったので収入証明書類は不要、運転免許証のみでお申込みが簡単だったのも良かったです。銀行のカードローンの割には対応がスピーディーなのが有り難かったです。

返済は臨機応変に

ソニー銀行のカードローンからお金を借りた後は、キャッシュカードが届いたので返済は提携ATMから行いました。自宅近くのコンビニATMから返済ができて便利だったです。

その後に、また生活費が足りなくなり追加でお金を借りたのですが、提携ATMの手数料が掛からずに助かりました。返済するときも提携ATMの手数料が無料なので、こまめに随時返済を繰り返して早く完済しておきました。毎月の返済額も楽だったので助かりました。

カードローンNETからのアドバイス

ネット銀行のカードローンを選ばれる理由は、この方が書かれているように「低金利」を理由に挙げられます。元々、「銀行系カードローンは金利が低い」と認識されている事が多く、特にネット銀行はネット専業の場合がほとんどで、人件費や店舗の賃料などの経費が低く抑えることが出来るので、金利が低く出来る理由です。

消費者金融の金利は約「年4%〜18%」ほどに設定されている場合が多く、上限金利の年18%は高い金利と言えます。ソニー銀行カードローンは「年2.5〜13.8%」ですので、消費者金融と比べると金利の低さが分かります。他のネット銀行で住信SBIネット銀行カードローンは「年0.99%〜14.79%」です。

銀行カードローンでも金利は低く、みずほ銀行カードローンの金利は「年2.0%〜14.0%」ですので、ネット銀行にも負けない金利になっています。金利でカードローンを決める場合は、銀行系カードローンを検討すると良いです。

お金が必要になるケースは「生活費のため」や「急な出費」が出来た場合に多く、給料日まで待てない時にカードローンを利用される方が多いです。この方も、給料日まで2週間あるにも関わらず、生活費が3日ほどで無くなってしまうようです。手続きなどを考えると、翌日や即日融資が受けられるカードローンが良いです。

最近のネット銀行は、審査や借入までの時間が大変スピーディになってきています。この方が利用された時期は、ソニー銀行のカードローンもサイトでは最短60分で仮審査回答と記載されています。金利も低く審査も早いとなると、人気が高いのが分かります。

しかし、2018年以降は銀行カードローンは即日融資が出来ないようなりました。ソニー銀行の口座を持っていても持っていなくても即日融資は出来ません。

初回振込サービスは現在もあり、ソニー銀行口座を持っていない方で、カードが自宅に届くまでに借入が必要な場合は、仮審査結果後に初回振込サービスを申し込み、指定口座を登録すると、本審査と契約完了後に振り込まれるようになります。

契約完了日時が平日14時30分までであれば、当日中に振り込まれるようになりますが、平日14時30分以降や土日祝日などの金融機関休業日は「翌営業日」まで待つ必要はあります。申込当日の即日融資は出来なくて、契約当日の借り入れは出来るので、即日融資が希望の方はオススメできなくなってしまっています。

収入証明書の提出は、現在では50万円超の限度額では提出が必要になっているので、当時のような300万円の限度額以上ではないので、注意してください。

生活費が数日で無くなってしまう場合は、即日融資が可能な消費者金融がオススメできます。申込当日に借り入れすることが出来ますし、平日14時30分以降でも、自動契約機でカード発行をしたり、スマホアプリでセブン銀行ATMで現金を引き出せる「スマホ取引ATM」が利用できる消費者金融もあります。

消費者金融は金利が銀行系より高いとされていますが、この方のように給料日までに日数が少ないときには、プロミスアコムなどの無利息期間を利用されると良いです。30日間無利息期間があるので、借り入れた金額を給料など収入が出来れば、期間内にそのまま返済すれば利息を払う必要がありません。利息が発生しないのはローン商品として大変有難いことだと思います。

※プロミスで無利息期間をするには、web明細利用とメルアド登録が必要です。

ソニー銀行カードローンのATM手数料は、返済する場合は手数料無料ですが、借り入れをする場合は返済回数や出金回数も合わせて5回目からは「108円」の手数料が必要です。1ヶ月に頻繁に返済やキャッシュカードの出金をされてカードローンで借りてしまうと、手数料が必要になることがあります。基本的な毎月の返済は口座からの引き落としはされるので、必要に応じた繰り上げ返済をすると良いと思います。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ