管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

21歳女性・飲食店アルバイトが消費者金融で40万円借入

私がカードローンでお金を借り入れたのは大学生時代、大学生となりアルバイトもそこそこに友達や彼氏と遊びたく、服飾費用と遊興費にお金を費やしていました。

カードローンに対する知識は全く無く、これまでの人生において借金を行なおうと思った事は一度も無かったのですが、当時付き合っていた大学生の彼氏が、カードローンでお金を借り入れていた事により、カードローンについて興味が沸き、彼氏が利用をしているから恐ろしい機関でもないのだと借り入れを決めました。

借り入れた先は、テレビコマーシャルでも頻繁に流れている有名消費者金融なのですが、借り入れた後で消費者金融で借り入れるよりも、銀行カードローンで借り入れた方が金利が安いと知り、やや後悔をしてしまいました。

彼氏が消費者金融で借り入れていたために、お金を借り入れるならば消費者金融で借り入れるものとの概念が出来上がり、まさか銀行でも借り入れができるとは思いもしなかったのです。

しかし、もしかすると銀行に申し込みをすれば、学生アルバイターである私は、審査に通過しなかった可能性もあり、審査が銀行よりも緩いとされている消費者金融だからこそ、収入の低い私でも審査に通過したのかもしれません。

インターネット申し込みにて契約し、インターネットを介した申し込みであったために、あまり気負いが無くいとも簡単に契約完了、銀行振り込みにて融資して貰えました。

借りたお金は初めは五万円、欲しかった洋服購入に、飲食費用に、交際費にと利用をし、あっと言う間に消えてしまいましたが、限度額に空きがあったためにまたすぐにATMで借り入れをしました。

そこで止めておけば良かったものの、限度額40万円一杯までに借り入れたために返済までの道のりが長く、借り入れ金額に伴い金利も高額になり、お金を損してしまったなあと振り返ってしまいます。

今では就職をし、ボーナスや給料で完済ができたものの、支払った高額な金利は戻ってこず、借り入れるならば少しずつ必要なだけに抑えておけばと思ってしまいますね。

けれども、お金を借り入れたからこそ、貴重な若い時期に友達と沢山遊べたし、お洒落を楽しめたと良い事もあったために、カードローン利用の全てを後悔している訳ではありません。

喉元過ぎればなんとやら、完済ができるならば遊びのために借り入れをしてみても良いのではと思っています。

インターネット申し込みで対面不要で申し込める、返済もATMで可能、との気軽さは現代の若者に合っているシステムだと思います。

カードローンNETからのアドバイス

カードローンを利用される目的は生活費と並んで、この方が利用されたような「遊興費」「交際費」など、遊びや買い物に利用される目的が多くなっています。

どこの消費者金融を契約してか書かれていませんが、テレビCMの広告を流している消費者金融は大手消費者金融になりますね。彼氏が利用されていたことも大きかったのでしょう。

アルバイトの収入があったようですが、消費者金融のカードローンであれば、パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用の方の申込でも、審査に通ることは出来ます。安定した収入が審査で重要なことですので、無職で収入がゼロの方の場合は、カードローンを申し込むことが出来ません。

この方も言っているように、消費者金融に比べると銀行カードローンの方が金利が低いことが一般的です。消費者金融であれば「年18%」の上限金利が多く、銀行カードローンであれば「年15%」以下になることが多いです。

そういっても、銀行カードローンは金利が低い分、審査は厳しくなることがあります。銀行カードローンの審査は主に保証会社が行うことになっていますが、保証会社の多くは消費者金融や信販会社です。消費者金融のカードローンと保証会社が同じ場合でも、銀行カードローンの方が審査に通ることは難しくなります。

消費者金融のカードローンの審査が甘いというわけではありませんが、銀行カードローンを落ちた方でも消費者金融であれば通るということは、よくあることです。さらに、早く借りたいと思っている方であれば、消費者金融は即日融資が可能になっています。

あと、銀行カードローンを利用する場合には、その銀行口座を開設する必要があることが多いです。特に地方の金融機関は必ずと言っていいほどです。

口座開設が必要ない三井住友銀行や三菱UFJ銀行でも、この方が借りた方法「振込融資」を利用するためには、口座がなければ利用できません。消費者金融の場合は、対応している銀行口座が多く、ほとんどの金融機関口座で振込融資が出来るようになります。

この方のカードローンの使い方は、あまりオススメしない方法になりますね。計画性がない散財をしている印象があります。

遊興費に使うことはダメではありませんが、使う時に一時的に借りることは良いですが、欲しいから借りるを繰り返すと、すぐに限度額を使い切ることになります。

金利は借入額すべてにかかることになるので、多くの金額を借りれば、毎月発生する利息も多くなるようになっています。毎月一定額の利息というわけではありません。

特に、高額な借入になってしまうと、返済期間が長くなってしまうので、毎月発生する利息が増えることになるので、支払総額は予想よりも多くなってビックリされる方がいます。

利息を抑える方法は、金利を下げるか返済期間を短くするかになります。金利を下げる方法は銀行カードローンを契約したり、限度額を増額することで、同じカードローンでも金利を下げることも可能です。

あと返済期間を短くする方法は、借入残高を少しでも早く少なくすることに限るので、毎月の約定返済額よりも多く返済する「繰り上げ返済」や、一気に元金返済をする「一括返済」になります。

無理に繰り上げ返済をしてしまうと、新たに借り入れしてしまう恐れもあるので、ボーナスや臨時収入がある時に多めに返すというパターンが良いです。

私もプロミスで8万円の繰り上げ返済をした時は、一気に元金が減ったので、スッキリした経験があります。翌月以降の利息の発生も少なくなくなるので、元金返済に充てられる金額も多くなります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ