管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

23歳女性・OL兼レジ打ちバイトが消費者金融で100万円借り入れ

学生時代に一度、消費者金融でお金を借り入れ、大学卒業後、返済のために更に新規にカードローン業者で借り入れました。

返済のための借り入れ

学生時代に作ったカードローンの債務は50万円近くで、ついついお金を使ってしまう性格のために、返済に回すお金が足りない事があり、返済中だというのに新たに借り入れをしたのです。

大学卒業後に、正社員として就職をしたために、他社の債務を返済中であっても審査に通過し、限度額は50万円を頂けました。

20代前半であり無計画にカードローンで借り入れをし、返済計画も立てなかったためにお金には困ってしまいましたね。

闇雲にお金を借り入れては返済を繰り返して、訳も分からない状態で債務生活を送っていましたが、ふと、節約を頑張ってみようと思い立ってからは順調に返済を行なう事ができるようになりました。

節約生活で多重債務を解消

現在、多重債務で困っている、節約の方法が分からずに返済が順調に行かない、という人は参考にしてもらえたらと思います。

カードローン会社に返済をする時に、どうしても返済ができなければ金利のみの支払いも可能となりますが、できれば元金も返済をして行くべきです。

毎月の支出を家計簿に書き込むことで、私はお金について見直しができ、どんどんお金が貯まるようになりました。食費、家賃、水道費など面倒でも細かく書き込む癖をつけると効果が出てきます。

書き込むのが面倒だし、書き込む際に後悔をしてしまいそうだから購入をやめよう、と無駄な物を購入しなくなりました。

浮いた分のお金は遊びに利用ではなく、返済に回していました。

カードローン会社に返済をする場合、定められた返済金額よりも多く返済をする事ができるのです。

カードローン会社に「今回は多く返済をします」と電話などで連絡を入れた後に多めに返済を行い、後々支払う事になる金利を浮かせることができ、債務期間も短くする事ができます。

節約を始めると、お金を浮かせる事が楽しくなりゲーム感覚でお金を殖やすようになり、五年掛けて完済をする予定であった債務を二年で完済させられました。

正社員として働いていましたが、お金を浮かせるのが楽しいために、副業も始めたのが効果的だったのかと思います。

節約で浮いたお金も少額、副業で稼いだお金も少額でしたが、コツコツでも続ければ大金となり、完済に近づけますよ。

無理をしてしまうと体を壊したりとしますので、ある程度余裕を持ちながら頑張るとよいかと思います。完済すると気持ちも晴れ晴れ、お金を大切にしようとの意識が芽生えます。

カードローンNETからのアドバイス

学生がカードローンを利用できないと思っている方もいますが、学生でも「満20歳以上」で「本人に安定した収入」があれば、カードローンの審査に通ることが出来ます。

正社員でなければ安定した収入というわけではなく、アルバイトやパートの方でも、収入があれば大丈夫です。しかし、日雇いなど安定しない収入減などは、大きな収入であっても、審査で厳しい判断をされることになるので、審査落ちになってしまうことがあります。

この方が消費者金融を申し込まれた年代が分かりませんが、学生時代のアルバイトで限度額50万円を契約できるのは、現在では難しい限度額だと言えます。

昔は、比較的高額な限度額を契約できることがありましたが、収入の大きさでも変わりますが、アルバイトの場合の限度額は「10万円〜20万円」になることが多いです。

カードローンの限度額は、借入と返済を長く利用することで、限度額の増額が出来るようになっています。それ以外にも、この方のようにアルバイトから社会人になったことで、正社員として雇用形態が上がった場合、返済能力が向上したと判断されれば、増額審査でも通ることが出来ます。

この方は、1つのカードローンを増額することをせずに、新たなカードローンを契約されたようですが、それも借入できるお金の限度額を増やす方法です。

しかし、借入先が増えることによって「返済日が増える」ということになり、毎月の返済額も増えてしまうことになります。なるべく1社で借りるほうが良いですし、もし複数社借りている状態であれば、1社にまとめる「おまとめローン」を利用しても良いと思います。

この方はおまとめローンをすることではなく、節約することで大きな借入を完済されたようです、節約は返済計画を立てる点で、非常に重要になります。

節約によって、毎月の返済が出来る金額が増えると「繰り上げ返済」を活用して、借入元金を積極的に減らすことが重要です。借入元金に対して金利をかけるため、借入元金が多いと利息も増えることになります。

現在は、繰り上げ返済する時は、電話連絡をしなくても出来るようになっているカードローンが多く、時にネット返済を利用すれば、1,000円未満の端数の繰り上げ返済も出来るようになります。

ネット返済が出来ない方であれば、提携ATMで繰り上げ返済することも出来ます。この時も電話連絡せずに利用することが出来ます。

しかし、提携ATMで一括返済する場合に硬貨が使えないので、1,000円未満の端数をキレイに返済することが出来ないことが多く、その場合は完済する金額以上に入金する必要があります。

余った金額は銀行振込などで返金されますが、手数料などが必要になることもあります。ネット返済が出来ない方の場合は、店頭窓口で一括返済するのが良いかもしれません。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ