即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

32歳男性・会社の交際費のためにプロミスで15万円借入

年齢 性別 職業
32歳 男性 通訳
雇用形態 年収 利用年
正社員 350万円 2014年
金融名 限度額 借入額
プロミス 40万円 15万円

カードローン体験談

以前、年末年始に忘年会や新年会が続いて、給料だけでは生活費や今後の交際費などが、足りなくなった事がありました。

安心・信頼は大手が1番

お金が足りないからと会社の上司や同僚との付き合いを断るわけにもいかないです。そこで、飲み代として消費者金融からお金を借りる事にしました。

お金を借りるならやはり大手の方が安心だと思い、消費者金融のプロミスを選びました。SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)ならSMBCグループが運営しているので安心感があるのが良い所です。

プロミスのいろいろなお申込み方法からインターネットを選びました。ネット申込を選んだ理由は、自宅のパソコンから誰にも知られずにお申込みが出来るからです。

電話で担当者と話すのでは少し抵抗がありますし、自動契約機ではご近所の人と偶然会うかもしれませんが、インターネットならそんな心配不要です。ひと目を気にせずお申込みし易いのが良い所です。

借り入れ後もなんなく返済

インターネットでお申込み、本審査、WEB契約までスムーズ、その後は当日中に金融機関の口座にお金が振込されました。後日カードが郵送されてきますが一人暮らしなので何も問題ないです。

会社への在籍確認も個人名で電話を掛けてくれたので、会社の上司や同僚にも知られることはありませんでした。

お金を借りた後の返済は口座振替を選んでおいたので、インターネットで手続きする事もATMまで出かける事も無かったです。

飲み代と生活費と併せて15万円借りましたが、毎月の返済額も給料の範囲で無理なく続ける事が出来ました。

30日間の無利息サービスも適用されたので利息のお支払い分も少なくて助かりました。次回からは受け取りしたカードを使ってすぐにお金を借りられるので困った時はまたご利用したいと思っています。

カードローンNETからのアドバイス

会社の付き合いはなかなか断る事は出来ませんよね。ですので、お金が借りやすい・利用しやすいカードローンを契約される方は多いです。カードローンの使用目的としても「生活費」と並んで「交際費」「遊興費」などが上位になっています。

お金を借りるということに抵抗がある方も多いので、カードローンを選ぶ理由で多いのは、大手・有名という事があがってきます。大手だとヤミ金業者や悪徳業者の心配をする必要はありません。

昔では、消費者金融でも怖いイメージを持たれていることが多いでしたが、現在では、プロミスとSMBCモビットは三井住友銀行と同じ「SMBCグループ」になっていますし、アコムは三菱UFJ銀行と同じ「三菱UFJフィナンシャル・グループ」になります。大手銀行などの傘下に入っているので、以前よりも使いやすいイメージを消費者金融に抱かれるようになっています。

プロミスのカードローンは即日融資が可能なカードローンですが、平日14時50分までに振込依頼を出さなければ、当日中に振込が行われないようになっています。

この方は誰にもバレにくいようにプロミスをネット申込されているようで、そのまま審査から契約をネット上で完結されています。当日中に口座に振り込まれているので、早い時間帯に申込を行い即日融資が出来たのでしょう。プロミスの審査時間は「最短30分」ですが、審査時間が延びてしまうこともあるので、午前中までにはネット申込をされる方が良いです。

私もプロミスを利用していますが、三井住友銀行口座を持っていますので、平日14時50分以降や土日でも口座に振込が出来る「瞬フリ」が利用できます。プロミスであれば土日でも即日融資が出来る方法になります。

プロミスの自動契約機に出向いて、誰かに見られるとバレてしまう可能性はあるかもしれませんが、平日15時を過ぎてしまって三井住友銀行口座が無いけど、即日融資を希望している場合は、自動契約機に出向いてカード発行すれば良いです。カードがあれば、プロミスATMやコンビニの提携ATMで借りることも出来ます。

プロミスの返済方法には、この方が利用された口座振替以外にも「提携ATM」で返済出来る方法もありますが、コンビニや銀行のATMで返済する時には手数料が発生してしまいます。プロミスが特別ではなく、他の消費者金融なども同様に手数料が必要なことがほとんどです。

プロミスの口座振替であれば手数料は無料ですし、プロミスの会員ページから簡単に、口座振替の口座登録が出来ます。三井住友銀行やジャパンネット銀行以外にも登録できるようになっています。

プロミスで15万円の借入残高であれば、月々の返済金額は6,000円になりますが、その6,000円には利息も含まれています。1ヶ月の初回の利息は「2,225円」になるので、元金返済は3,775円になります。

そしてこの方は、無利息期間のある大手消費者金融のプロミスを選ばれたようです。消費者金融は初めて契約する際には金利が年18%(プロミスは年17.8%)になることがほとんどですので、銀行カードローンの年15%よりは高くなってしまいます。

ですが、この無利息期間を上手く使うことで、結果的に利息の支払いを少なくしたり、無利息期間内に返済する事で利息を支払わずに済む事も出来ます。

しかし返済が長引く場合などは、元から金利の低い銀行カードローンを選んだ方が、利息を少なく抑えることが出来ますので、選ぶ際はどれだけ借りたいのか、返済にどれぐらいかかるのか返済計画をたてた方が良いと思います。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ