管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

25歳男性・借金返済の為にノーローンで5万円借入

年齢 性別 職業
25歳 男性 飲食勤務会社員
雇用形態 年収 利用年
正社員 300万円 2008年
金融名 限度額 借入額
ノーローン(シンキ) 5万円 5万円

カードローン体験談

以前に、初めてカードローンを利用した時の借金は、借り入れから1年ほどで完済することが出来ました。

カードローンは簡単なイメージ

その当時の収入が良かったこともあり、非常に順調に利用が出来たことが災いして、私は「カードローンは簡単に利用できる(危険がない)」と思うようになっていました。

そんな中、新たに借り入れをした借金は計画的な利用とは言えない状況でした。

状況は悪化

カードローンを利用して返済中に転職したことも影響し、借入額はみるみると増えていき、ついには限度額いっぱいとなり、新たな借り入れが出来ない状況になってしまいました。

しかし、返済をする余裕も無かったことで、私は新たなカードローン契約をすることにしました。その時に利用したのは「シンキ(ノーローン)」です。

なぜ、シンキを選んだのかというと「審査に通りやすい」という評判を聞いたからです。

すでに借り入れがある状態で、審査は非常に難しくなると聞いていたため、少しでも可能性のある消費者金融を選ぶ必要があると思い決めました。

申し込みは電話で行いましたが、初めて利用したカードローンの時と比べると非常に淡白な対応だったように感じました。決して印象が悪いということは無いのですが、決して良いと言う訳でもなかったです。

申し込みなどの流れは一般的なものだと思いますが、審査時間は10分もかからなかったので驚きました。

結果、無事に契約は出来ましたが、融資限度額的には非常に少ないものになってしまいました。その限度枠を使い切り1社目の返済に充てつつ、私は「しっかりとしなければいけない」と思い改めました。

少ないながらも融資をしてくれて、それによって私は自分自身の不甲斐なさを痛感することが出来たということは非常に良かったと思います。

それからは返済は大変でしたが、シンキの借り入れを完済した時には一種の充実感を覚え、それによって残りの返済にも弾みがついたので良かったです。

カードローンNETからのアドバイス

カードローン会社は大手消費者金融から中小もあり、銀行カードローン、信販会社など様々な種類のカードローンがありますが、1社で契約したからと言っても、他のカードローンを契約してはダメというわけではありません。この方は、以前に契約されたカードローンは消費者金融なのか銀行カードローンなのか分かりませんが、新たにノーローンのカードローンを申し込まれたようで、2社目のカードローンです。

2枚のカードローンを利用されている方は、ごく一般的な枚数のカードローンで、私の場合は、プロミスと地方銀行カードローン3枚の合計4枚のカードローンを持っています。

何社でもカードローンを契約しても問題にはなりませんが、新たなカードローンを申し込む時には、他社の借入状況を申告しなければいけませんので、枚数が増えることによって、審査にマイナス要因になることもあります。4社目以降のカードローンを申し込む場合は、多くの場合は審査が慎重に行われる考えたほうが良いでしょう。

そのためなのか、この方はなるべく審査に通りやすいと考えて、消費者金融のカードローンを申し込まれたようです。消費者金融の審査は、銀行カードローンより通りやすいという口コミや体験談を見る事があります。

銀行カードローンを審査するのは、保証会社である消費者金融や信販会社ですので、審査に変わりはないと思うかもしれませんが、銀行カードローンは金利が低いメリットがあり、同じ保証会社でも銀行カードローンは審査は厳しいと言えます。

しかし消費者金融でも、「勤務先の規模」「勤続年数」「雇用形態」など、返済能力がある事が証明できなければ審査に通る事は出来ません。審査基準は各消費者金融で違いはありますが、約40%前後の審査通過率があるので、半数以上の申し込みは落とされていると言えます。

特にこの方のように転職直後というのは、勤続年数が非常に短い申告となるので、申し込まれたカードローン会社は「安定性に欠ける」と判断しやすくなります。ですので、ノーローンで契約できた借入限度額は5万円と非常に少ない限度額になっていますね。他社の借入状況も限度額いっぱいだったのがよくありません。

消費者金融の中で、ノーローンのカードローンの審査は早いと定評があります。公式のサイトでも審査時間は最短20分と、カードローンの中で1,2を争う審査回答の早さです。

消費者金融の審査時間の目安は「最短30分」としているところが多く、即日融資が可能なカードローンは消費者金融になります。アイフルでは最短審査時間「30分」で、最短融資時間1時間も可能になっています。平日の午前中に申し込みをしていれば、午後の早い時間には借り入れすることも可能になっています。

この方は電話でカードローンを申し込まれたようですが、電話で申し込みされる方は非常に少なくなっています。「オペレーターと喋りたくない」「担当者と対面したくない」という考えが多くなっているので、スマホやパソコンから申し込む「ネット申込」を利用するのが主流になっています。

電話申込の場合は、必要書類の提出が郵送やFAXなど、即日融資が出来ない可能性があるものに限られてきます。ネット申込を利用される方であれば、本人確認書類などをネットでアップロードされる方が多いので、スムーズに契約まで進めることが出来ます。

アイフルでは、公式サイトに「書類提出サービス」という機能もあり簡単です。平日15時以降では振込キャシングの即日融資が出来なくなってしまうので、自動契約機で契約をすれば、カード発行が出来るようになり、提携ATMで即日で借り入れることも出来ます。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ