管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

30歳女性・出産費用一部をアットローン(プロミス)で借入

年齢 性別 職業
30歳 女性 会社員
雇用形態 年収 利用年
派遣社員 250万円 2010年
金融名 限度額 借入額
アットローン(現:プロミス 100万円 30万円

カードローン体験談

私が子どもを妊娠しているときのことです。その時は会社員の主人と結婚して1年が経っていました。

将来の事を考え引っ越し

結婚式は自分たちで貯めていた貯金を使い挙式をし、子どもができたとわかったので、それまで住んでいた部屋(同棲していた時からと同じ1LDKに住んでいたので)から、子どもが増えてもベビーベッドなどがおけるファミリーマンションに引っ越ししようという話になり、3LDKに引っ越して諸々で70万ほどさらに貯金を使ってしまったあとのことです。

急に入院が必要に

妊娠初期は経過が順調だったのですが、途中で容体が悪化し、出産までの2か月間ほど入院して過ごすことになりました。

入院費だけなら高額医療の制度を使えば月額の入院費は10万程度で済んだのですが、出産後に退院時の会計で一気に80万近くの請求がありました。

出産一時金の42万を窓口で引いてもらってもさらに40万ほど支払しないといけないことになってしまいました。

手持ちのカードローンを利用

その時、すべてを支払できる現金が貯金では残っておらず。こういう不測の事態が起こることを想定せずに、あれこれと大きい出費を先にしていまっていたことを後悔したのですが。

とりあえず、以前利用したことがあったアットローンのカードローンを利用して支払うことにしました。

以前の借入は返済済で、限度額が100万あったのですが、足りない30万だけお借りしました。その時、他に借入などなかったので銀行などに出向き、金利の安いフリーローンを組むこともできたのですが、ときかく産後はバタバタしていたし、子どもは未熟児だったので一緒のタイミングで退院できず、あれこれする時間も気持ちも余裕がなかったのです。

返済目処があり、すぐに全額返済

また、その翌月に主人の夏季ボーナスが入ることや、私も働いていたので産休中の手当てを出産後申請すれば入る予定など返済のめどがたっていました。

なので、手っ取り早く手続きなしにお金を借りることができてとても助かりました。

予定通り翌月にボーナスで一括返済し、利息も年利にしては高いカードローンですが、1か月ほどだったので数千円で済みました。すぐに返済できるめどがあれば一時的に借りて助かることも多いかと思います。

カードローンNETからのアドバイス

結婚資金など貯めている方々は多いですが、新婚生活や結婚してから数年間は、出産や将来を見据えての引っ越しなど高額な出費が多くなりがちになります。

この方も、結婚資金と貯金はある程度貯めていた様ですが、お子さんが出来た事とお子さんの為の引っ越しにより、100万円を超えるの出費となっています。

出産費用は40万円~50万円ほどに収まることが一般的ですので、出産一時金やプラス数万円で十分間に合います。私の場合は40万円ほどで済みましたが、部屋のグレードを上げたり、産婦人科や病院自体をこだわって選ぶと、これもまた高額な出費につながります。

妊娠中の定期検査などは、助成金でほとんどまかなえるようになっているので、通常の流れの出産はそれほどお金がかからないです。しかし、その方のような早期に入院する必要がある妊娠など、長期入院による差額ベット代や、出産時に急遽、吸引分娩などの特殊な出産手段に変更する場合に、薬などで大きな金額を請求されることはよくあります。

この方の利用されたカードローンは「アットローン」となっており、出産時に契約されたのではなく、以前から利用されていたようです。アットローンは2011年4月にプロミスに吸収される形で合併となっており、現在ではないカードローンです。

アットローンは、2010年以前で利息制限法よりも低い金利で運営されていたので、当時問題になったグレーゾーン金利にはなっていませんでしたが、プロミスが当時に高い金利を適用していたので、貸金業法の改正に伴って、金利の改定がありアットローンと差ほど変わらない金利になりました。

アットローンに限らず、以前に契約していたカードローンが吸収されても、その次のカードローン会社として使えるようになるので、新たに審査を行われるということはありません。もし、吸収合併した先のカードローン会社が合わないのであれば、契約解除をして違うカードローンを申し込んでも良いと思います。

この方は、銀行のローン商品である「フリーローン」の方が金利が低いことは知っているようですが、なかなか出産前にフリーローンを契約しようと思う方はいませんし、出産後は忙しくなります。一応ですが、銀行のフリーローンの金利は年6%前後と低い金利になるのは確かです。

しかし、この方のように、夫のボーナスの収入が直近にあることや、ご自身の産休手当のお金が入ることが分かっているのであれば、比較的大きな借り入れでも、一括返済や短い期間の繰り上げ返済による完済が出来るはずです。

30万円を年18%で30日間で完済した時の利息は「4,500円弱」になります。プロミスで通常のリボ払いで完済すれば、利息は「87,000円」ぐらいになるので、一括返済すれば非常に少ない利息になることが分かります。

別にプロミスの金利が高いというわけではありません。消費者金融の中では低い金利なのがプロミスのメリットになっています。初回契約であれば、30日間の無利息期間もあるので、もし期間内に完済することが出来れば、利息の発生を無くすことも出来ます。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ